ラーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラーテル
ラーテル
ラーテル Mellivora capensis
保全状況評価[1][2][3]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書III(ボツワナ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : ラーテル亜科 Mellivorinae
: ラーテル属
Mellivora Storr, 1780[4]
: ラーテル M. capensis
学名
Mellivora capensis (Schreber, 1776)[4][5]
シノニム

Viverra capensis Schreber, 1776
Viverra ratel Sparrman, 1777
Ursus indicus Kerr, 1792
Gulo capensis Desmarest, 1820

和名
ラーテル[5]
英名
Honey badger[5][4]
Ratel[3][5]

ラーテルMellivora capensis)は、食肉目イタチ科ラーテル属に分類される食肉類。本種のみでラーテル属を構成する。

好物の蜂蜜を巡って、ミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。また、世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定[要出典]されていた生き物としても知られる。※現在ではギネスブックの記録からは抹消されている[要検証 ]

分布[編集]

アフガニスタンアラブ首長国連邦アルジェリアアンゴライエメンイスラエルインドイラクイランウガンダエジプトエチオピアエリトリアオマーンガーナガボンカメルーンガンビアギニアビサウクウェートケニアコートジボワールコンゴ共和国コンゴ民主共和国サウジアラビアザンビアシエラレオネジブチシリアジンバブエスーダンスワジランド赤道ギニアセネガルソマリアタンザニアチャド中央アフリカ共和国トーゴトルクメニスタンナイジェリアナミビアニジェールネパールパキスタンブルキナファソブルンジベナン、ボツワナ、マラウイマリ共和国南アフリカ共和国モザンビークモーリタニアモロッコヨルダンリベリアレバノンルワンダ西サハラ[3]

タイプ産地は喜望峰(南アフリカ共和国)[4]。種小名capensisもタイプ産地に由来する[4]

形態[編集]

体長60 - 77センチメートル[5]。尾長20 - 30センチメートル[5]。全長約80- 110cm(体長(頭胴長)約60- 80cm、尾長約20- 30cm)。体重7 - 13キログラム[5]体重約7- 14kg。頭部から背面、尾にかけては白い体毛で覆われる。端から腹面、四肢にかけては黒い体毛で覆われる。皮膚は分厚く、特に頭部から背にかけての部位は、伸縮性の非常に高い、それでいて硬さを併せ持つ、柔軟な装甲となっており、生態的にもこれを最大の武器としている動物である。

耳介がない[5]。四肢には大きく発達した鉤爪(かぎづめ)が生える。肛門の近くに臭腺を具える。

乳頭数は4個[4][5]

分類[編集]



アメリカアナグマTaxidea taxus




ラーテル Mellivora capensis



イタチ科の他属




Koepfli et al.(2008)より核DNAやミトコンドリアDNAを分子解析しベイズ法によって系統推定した系統図を抜粋[6]

2008年に発表されたイタチ科の核DNAやミトコンドリアDNAの最大節約法最尤法ベイズ法による系統推定では、イタチ科内ではアメリカアナグマに次いで初期に分岐した系統だと推定されている[6]

生態[編集]

主に乾燥地に生息するが、森林や湿原にも生息する[5]夜行性で、昼間は樹洞や岩の隙間などで休む[5]。夜行性であるが、昼間に活動することもある。群れは形成せず、単独もしくはつがいで生活する。木に登ったり、発達した前肢と爪を使って素早く穴を掘ることもできる[5]

哺乳類、鳥類、果実などを食べる[5]。蜂蜜やハチの幼虫を好む[5]。属名Mellivoraはラテン語で「蜂蜜食い(melは蜂蜜・voraは食い荒らす・むさぼる)」の意で、英名Honeyも蜂蜜やハチの幼虫を食べることに由来する[4]。蜂の巣を探すためにノドグロミツオシエなどの鳥類と共生する[5]。大型の肉食獣が倒した獲物を奪うこともある[3]食性雑食で、小型の動物(両生類爬虫類・小型哺乳類など)のほか、果実などを食べる。地を這うような低姿勢ながら、ウマが見せるパッサージュと同じ走法で広範囲を歩き回り、目に入った捕食対象を手当たり次第口にする。 捕食者としてヒョウライオンなどが挙げられ、幼獣はセグロジャッカルなどにも捕食される[3]

蜂の巣を襲って蜂蜜を食べることもあるが、その際にノドグロミツオシエやウロコミツオシエといった特定の「蜜教え」の小鳥(ミツオシエ科)との間で共生関係が見られる。これらの小鳥はけたたましい鳴き声を挙げながらラーテルの周囲を飛び回り、蜂の巣を見つけたことを伝えた後、その在り処まで先導をする。目的地に辿り着いたラーテルは力任せに巣を壊し蜜を得るが、蜜教えの小鳥達は道案内の報酬としておこぼれの蜜蝋にありつく。地上棲のラーテルは小鳥のように目ざとく蜂の巣を見つけることはできず、小鳥は見つけた巣を襲うだけの力を持たない。そこでラーテルと蜜教えは協力し、それぞれの特技を活かして一つの目的を達成するのである。

繁殖期になると気が荒くなり、大型動物に攻撃をしかけることもある[5]。性質は荒く、捕食こそしないものの、ヒトライオンアフリカスイギュウ等の大型動物に立ち向かうこともある。[7]背中に柔軟な皮の装甲を持つため、体を裏返しにでもされない限りライオンの牙も鉤爪もラーテルに傷を負わせることはできない。ライオンやブチハイエナが生息しない岩石砂漠や砂漠の生態系においては、ラーテルは事実上生態ピラミッドの頂点に位置する(カッショクハイエナ等、砂漠に棲むハイエナ類は下位)。

危険を感じると臭腺から臭いの強い液体を噴射する。猛毒を持つものも含め蛇類を食する。コブラ科の蛇が持つ神経毒に対して強い耐性を持つため、たとえこれらの毒蛇に咬まれても一時的に動けなくなるだけで、数時間後には回復し活動を再開する。以上の様に、ライオンやコブラなどはもちろん、ヒトさえも恐れず、何にでも手を出して食べようとする貪欲さから、「the most fearless animal世界一怖い物知らずの動物)」としてギネスブックに登録されている(別項目「世界一の一覧#哺乳類」も参照)。

その他[編集]

イタチ亜科クズリは、熱帯域のラーテルに匹敵するニッチ(生態的地位)を占める寒帯域の雑食性哺乳類であり、ラーテルがライオンやハイエナに立ち向かうように、クズリも生息域が被るヒグマオオカミに立ち向かい撃退する事もある。

呼称[編集]

ラーテルの挿絵
『Royal Natural History[8]』(イギリス人地質学者リチャード・リデッカー〈en〉著)

日本語による異名(過去の標準和名)は「ミツアナグマ(蜜穴熊)」。英名 honey badger、中国語名「蜜」と同様の命名である。 「ラーテル」 ratel はアフリカーンス語由来、学名は「ケープ地方の、蜜食い」といった意味である。

人間との関係[編集]

ギニア・ザンビアなど一部の地域では他の食用とされる動物の減少に伴い、本種がブッシュミートとして食用・流通することもある[3]。一部の地域では四肢や皮膚・内臓・脂肪が伝統的に薬用になると信じられていることもある[3]

畜産業者や養蜂業者からは害獣とみなされることもある[3]

食用や薬用の狩猟、害獣としての駆除(ジャッカル類などの駆除などに巻き込まれたものも含む)などにより、個体群単位の絶滅が示唆されている地方もある[3]。1978年にボツワナの個体群がワシントン条約附属書IIIに掲載されている[2]。1977年にガーナの個体群も附属書IIIに掲載されていたが、2007年に削除された[2]

ラーテル歩兵戦闘車(Ratel IFV)
分厚い皮膚で様々な攻撃をはね返すラーテルにあやかり、南アフリカ共和国では本種の名前を冠した歩兵戦闘車ラーテル歩兵戦闘車(Ratel IFV)」が開発された。
AAC ハニーバジャー
アメリカのAAC社が開発した小銃。由来は英名 honey badgerから来ている。

ムテ吉[編集]

2011年平成23年)3月28日より2016年(平成28年)3月31日までNHK教育テレビの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」内で放送されていた着ぐるみによる人形劇、『ポコポッテイト』 (Poco Potteito)の主人公のモチーフであった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed[リンク切れ] 19/8/2017)
  2. ^ a b c UNEP (2017). Mellivora capensis. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 19/8/2017)
  3. ^ a b c d e f g h i Do Linh San, E., Begg, C., Begg, K. & Abramov, A.V. 2016. Mellivora capensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T41629A45210107. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T41629A45210107.en. Downloaded on 19 May 2017.
  4. ^ a b c d e f g Jana M. Vanderhaar and Yeen Ten Hwang, "Mellivora capensis," Mammalian Species, No. 721, American Society of Mammalogists, 2003, Pages 1-8.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 斉藤勝・伊東員義・細田孝久・西木秀人 「イタチ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2(食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、22-57頁。
  6. ^ a b Klaus-Peter Koepfli, Kerry A Deere, Graham J Slater, Colleen Begg, Keith Begg, Lon Grassman, Mauro Lucherini, Geraldine Veron, and Robert K Wayne, "Multigene phylogeny of the Mustelidae: Resolving relationships, tempo and biogeographic history of a mammalian adaptive radiation", BMC Biology, Volume 6, Number 1, 2008, Pages 10-22.
  7. ^ Hunter, Luke (2011). Carnivores of the World. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-15228-8
  8. ^ Royal Natural History

関連項目[編集]