ストレス (生体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ストレス:Stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である[1]オックスフォード英語辞典では、苦痛や苦悩を意味するDistressが短くなった単語とされる[1]。ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる[2]。この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。様々なストレス管理の方法がある。

しかし、近年の2012年の研究では、ストレスが健康に影響を与えると認識している群の死亡率が43%高まることが見いだされている[3]。認識していない群はそうではない[3]。などストレスに対する認識の影響の研究が進展している。

ストレスの工学的な意味は、応力を参照のこと。これは1平方あたり何グラムと計測されるような、物質に歪みをもたらす力である[1]

起源[編集]

オックスフォード英語辞典では、英語のstressは、中世の言葉である、苦痛や苦悩を意味するdistressが短くなった言葉と説明されている[1]

1914年に生理学者のウォルター・キャノンは、精神的な意味に加え、酸素不足など今日使われているような意味で使ってた[2]。ストレスの研究者の中には、このキャノンを研究領域の生みの親とする意見もある[2]

ウィーンで生まれ、当時カナダのマギル大学の研究者であったハンス・セリエは、1936年に「各種有害作因によって引き起こされる症候群」を発表し、当初ストレスという言葉が受け入れられなかったため、有害作因というに用語を使ったが、次第に受け入れられていった[4]。セリエは、ストレスを引き起きおこしているものを、ストレッサーとして造語して区別した[4]

セリエは、1956年に『現代社会とストレス』(The Stress of Life)を出版し一般向けに初めて概説した[4]。これは1976年に改定版が出版され、これは邦訳書も出ている[4]

『現代社会とストレス』1976年版の第1部では、全身適応症候群を提唱し、はじめに警告反応として副腎皮質、リンパ管、腸内腫瘍がの3徴候を示し、次に抵抗期では徴候が無くなり、最後に生体が崩壊するとした概念が提唱された[4]。第2部は、ストレスという用語についてであり、用語の普及と共に用語が混乱したため、「生体組織内に誘起された、あらゆる変化からなる特異的な症候群の示す状態である」と定義した[4]。また、第5部では、ストレスの研究から人生について割かれており、自分のストレスの度合いを知ることで他者を同じように愛することができ、「愛他的利己愛」の中に答えがあるとした[4]

ストレッサー[編集]

ストレスの原因はストレッサーと呼ばれその外的刺激の種類から物理的ストレッサー(寒冷、騒音放射線など)、化学的ストレッサー(酸素薬物など)、生物的ストレッサー(炎症感染)、心理的ストレッサー(怒り不安など)に分類される。ストレッサーが作用した際、生体は刺激の種類に応じた特異的反応と刺激の種類とは無関係な一連の非特異的生体反応(ストレス反応)を引き起こす。

ストレス反応[編集]

ストレス反応とはホメオスタシス(恒常性)によって一定に保たれている生体の諸バランスが崩れた状態(ストレス状態)から回復する際に生じる反応をいう。ストレスには生体的に有益である快ストレスと不利益である不快ストレスの2種類がある。これらのストレスが適度な量だけ存在しなければ本来的に有する適応性が失われてしまうために適切なストレスが必要である。しかし過剰なストレスによってバランスが失われてしまう場合があるため、様々なストレス反応が生じる。しかしストレスがある一定の限界を超えてしまうと、そのせいで身体や心に摩耗が生じる。この摩耗の事をアロスタティック負荷と呼ぶ。

緊急反応[編集]

ウォルター・B・キャノン1929年に外敵に襲われるような緊急事態において生理的・心理的な反応を観察した。その研究から交感神経系によって副賢髄質から分泌されるアドレナリンの効果と一致して心拍数増加、心拍出量増加、筋肉血管拡張、呼吸数増加、気管支拡張、筋収縮力増大、血糖値増加などの緊急事態に有効なストレス反応が生じることが分かった。具体的に緊急事態において採られるべき闘争、逃走のどちらにも有効な反応である。

一般適応症候群[編集]

一般適応症候群(全身的適応症候群、汎適応症候群)とは下垂体から副賢皮質ホルモン系への反応が生じるというストレス反応についての代表的な考え方である。まずストレッサーの刺激が視床下部、下垂体に伝達し前葉副賢皮質刺激ホルモンが分泌され活性化した身体にエネルギーが供給されるように働き警告反応期(ショック相、反ショック相)、抵抗期、症憊期と段階的に発展する。

ストレス障害[編集]

急性ストレス障害(Acute Stress Disorder, ASD)とはトラウマの体験後4週間以内に見られる急性な高血圧、消化器系の炎症、乖離症状、フラッシュバック、感情鈍磨などの特異的な症状が見られるものを言う。心的外傷後ストレス障害(PTSD)とはトラウマ体験後に生じるフラッシュバック、過覚醒症状、感情鈍磨などの特定的な症状が継続するものである。(心的外傷後ストレス障害を参照)

コルチゾールとの関わり[編集]

コルチゾール(Cortisol)は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン(Hydrocotisone)とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年うつ病心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者の脳のMRIなどを例として観察されている[5]

ストレスによるコルチゾールの放出による海馬の萎縮は、動物実験では可逆的であり回復につれて海馬は成長する[6]。ヒトでもクッシング症候群の研究者は、コルチゾールの濃度が改善されてから海馬の成長が起こっていることを確認している[7]

ストレス対処[編集]

ストレス対処(またはストレスコーピング、ストレス・マネジメント、Stress Management)とはストレッサーを処理するために意識的に行われる行動及び思考を言う。これは個人と環境の相互作用的な過程であるとする対処戦略という考え方があり、ストレッサーの解決を目指して情報収集や再検討を通じて解決を図る問題焦点型対処とストレッサーが起因する情動反応に注目した攻撃行動や問題を忘却するような情動焦点型対処に大別できる。またパーソナリティ特性であるとする考え方もある。

ストレス対処の例[編集]

ストレスの影響を認知が無効化する[編集]

アメリカ合衆国での、成人約30000人を対象とした8年間の追跡調査では、ストレスが健康に良くないと認識していない人の死亡率は低下していなかった[3]。健康心理学者のケリー・マクゴニガルはこうした研究を紹介し、ストレスが多いと死亡するリスクが43%増加するが、それはストレスが健康に害があると認識している場合であると説明した。また科学的にはストレスの捉え方次第でストレスに対する体の反応が変わる研究を紹介している。例えば、ストレスを感じると心臓がどきどきするが、これを体に悪いとネガティブにとらえると実際に血管が収縮し心不全などの原因となる。ところが、心臓がどきどきするのは新鮮な血液を心臓にどんどん送り込んでくれているのだと肯定的にとらえると、血管が収縮しないことが分かった。すなわちストレスは捉え方により、健康に全く害がないと主張している[8][9]

人とのつながり[編集]

近年のオキシトシンの研究は、動物の社会的行動におけるその役割を見出している。

動物研究では、親ネズミによる子ネズミの世話などによって、オキシトシンの分泌が高まり、同時にコルチゾールの低下が見いだされている。

ストレスの遺伝[編集]

父親のトラウマ経験が子孫に伝わることが明らかになった。2014年、エモリー大学のBrian G. Dias と Kerry J. Resslerらは、サクラの匂いに対して恐怖を抱くように訓練したオスのマウスを準備し、そのマウスをメスのマウスと交配させた[10]。興味深いことに、生まれたマウスはサクラの匂いを嗅いだことがないにも関わらず、強い恐怖心を示した。さらに、そのマウスから生まれたマウスも同様であった。したがって、父親が獲得した形質である、サクラの匂いに対する恐怖心が、子孫に伝わった。この要因として、父親の精子中に存在しているマイクロRNAと呼ばれる小さな核酸が子孫に継承されて、子孫の行動に影響を与えているのではないかと考えられている。このことは、父親の獲得形質が、マイクロRNAを通じて子孫に遺伝することを意味している。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, pp. 15-16.
  2. ^ a b c ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, pp. 25-26.
  3. ^ a b c Keller, Abiola; Litzelman, Kristin; Wisk, Lauren E.; Maddox, Torsheika; Cheng, Erika Rose; Creswell, Paul D.; Witt, Whitney P. (2012). “Does the perception that stress affects health matter? The association with health and mortality.”. Health Psychology 31 (5): 677–684. doi:10.1037/a0026743. PMC 3374921. PMID 22201278. http://content.apa.org/journals/hea/31/5/677. 
  4. ^ a b c d e f g 久保田正春 「セリエ『現代社会とストレス』」『精神医学文献事典』 弘文堂、2003年、251頁。ISBN 978-4-335-65107-6
  5. ^ 山脇成人「うつ病の脳科学的研究:最近の話題」『第129回日本医学会シンポジウム記録集うつ病』2005年6月16日発行、6-14頁。pp8-9参照
  6. ^ ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, pp. 177-178.
  7. ^ ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, p. 167.
  8. ^ Kelly McGonigal How to make stress your friend「ストレスと上手につきあう方法」(NHKスーパープレゼンテーション)
  9. ^ ケリー・マクゴニガル:ストレスと友達になる方法の講演映像 - TEDカンファレンス、2013、14分25秒。
  10. ^ Brian G Dias & Kerry J Ressler. Parental olfactory experience influences behavior and neural structure in subsequent generations. Nature Neuroscience 17, 89–96 (2014).

参考文献[編集]

  • ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 『ストレスに負けない脳』 星恵子監修、桜内篤子訳、早川書房2004年ISBN 4-15-208594-0The End of Stress as We Know It, 2002

関連項目[編集]

外部リンク[編集]