戦闘ストレス反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戦闘ストレス反応(せんとうストレスはんのう、英語:combat stress reaction, CSR)とは一般に戦闘によってもたらされる発症する心因性疾患。戦争後遺症、シェルショック、戦闘疲労とも呼ぶ。医学的には心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder:PTSD)に該当する[1]

研究史[編集]

軍事心理学や軍事医学の研究では戦闘ストレス反応は戦闘を経験した兵士が陥るさまざまな反応を含む幅広い心理的障害として定義されており、例えば研究者のノイは戦闘において兵士が被る非物質的な損害であると定義している。

第一次世界大戦において兵士の戦闘ストレス反応を研究した軍医は爆音を伴う塹壕に対する砲撃によってこのような障害が生じると考え、このような症状をシェル・ショック(shell shock)と呼んだ。しかし後に砲撃に関わらず長期間に渡る戦闘によっても反応が見られることから戦争神経症(war neurosis)へと呼称は変化する。この兵士達の観察を基にして、ジークムント・フロイトは反復強迫的な外傷性悪夢について研究した。

第二次世界大戦にかけて呼称はさらに戦闘疲労(combat fatigue)とも呼ばれ、戦闘の期間があまりに長期間にわたると性格能力に関わらず全ての兵士がこのような反応を示すことが明らかにされた。

朝鮮戦争では従来のような戦闘ストレス反応による損耗は減少し、精神病的損害(psychiatric casualities)という名称で戦闘ストレス反応に関連する症状を示す兵士が評価されるのが通例となった。しかし研究の焦点は戦闘行動によって示す古典的な戦闘ストレス反応から新しく後遺症に移ることになる。

1980年代にかけてベトナム戦争からの帰還兵が社会復帰後に深刻な心理的障害を示すことがアメリカ精神医学会で研究されるようになり、これは心的外傷後ストレス障害(post traumatic stress disorder, PTSD)と命名された。

症状・要因[編集]

戦闘ストレス障害の基本的な症状としては攻撃行動の衝動、アルコール依存薬物依存セックス依存、強い不安、無感動、疲労感、飲食障害、集中力低下、記憶障害嘔吐、自己嫌悪、言語障害、現実逃避などが挙げられる[1]。そのストレッサーとなる要因は環境的要因、生理的要因、精神的要因、軍事的要因、人格的要因に大別できる。

  • 環境的要因には気温、気象、湿度、騒音、また核兵器生物化学兵器による汚染などがある。
  • 生理的要因には睡眠不足、不規則な睡眠、飢餓、体温の低下、水分の不足などがある。
  • 精神的要因には恐怖感、負傷、拘束、暴力、士気の低下、指揮官や部隊への不信感などがある。
  • 軍事的要因には戦闘による損害、敵の奇襲、戦場の不確実性、人員や装備の不足などがある。
  • 人格的要因には健康上の心配、経済的問題、心的外傷、人格的傾向などがある。

これらのストレッサーの中でどれが重要な要素となるかは陸海空軍の軍種、また個々の兵士の職種や職域、部隊の錬度や文化によっても異なってくる。

罹患者の耐性は平均を大きく下回る場合が多く、ほとんど影響を受けない者もまれにいるが、基本的に発症は時間の問題であり、根本的に発症を予防するには、長期間に渡って前線に配置し続けない事と定期的戦場から退避させ、安全な場所で十分な休暇を与える事以外にない。第2次世界大戦中のノルマンディー上陸作戦時の連合国軍の統計では、1人の兵士が戦闘任務に耐え得る期間は20~50日程度とされる。短期的には一時的な精神の失調症状が主で、多くは休養をとることで回復するが、回復後半年以上経過してからの再発例もある[1]

治療[編集]

薬物療法では抗うつ剤が用いられるが、長期にわたる再発防止効果は期待できない。認知行動療法を伴った患者自身による自発的、自助的努力による回復以外方法はない。重症例では、医学、心理学、宗教的補助なしで回復することは少ない。重症の場合は一生涯にわたって、人間的基本行動力を取り戻せない場合もある[1]

戦闘効率性との関係[編集]

どの程度の戦闘ストレスによって部隊に精神的損耗が生じるかを調べるために1944年ノルマンディー連合国の兵士を対象に研究が行われた。スワンクとマーチャンドの報告によれば、継続的な戦闘ストレスに曝された部隊の戦闘効率性は一時的に上昇しながらもある時点を境に低下していくことが分かった。この過程は4つの期間に大別することが可能であり、

  • 第1期は兵士が戦闘に適応する期間で約10日間に及ぶ。
  • 第2期は戦闘効率性が最大限に発揮される期間で約20  - 30日間に及ぶ。
  • 第3期は兵士は過敏になり始めて戦闘効率性が低下し始める期間で約10日間に及ぶ。
  • 第4期は終末的な戦闘疲労を見せる期間で約10日間に及び、この段階において兵士は完全に無気力な状態となり、部隊は効率的に戦闘することが不可能となる。

文献情報[編集]

  • 「今次大戦下太平洋地域における米軍の「戦争神経症」対策とその実際」保坂廣志(琉球大学法文学部紀要 人間科学第17号2006年3月)[1]
  • Chermol, B. H. 1983. Psychiatric casualities in combat. Military Review 58, July, pp. 26-32.
  • Gal, R. 1988. Psychological aspects of combat stress: A model derved from Israeli and other combat experiences. Proceedings of Sixth Users' Workshop on Combat Stress, ed. A. D. Mangelsdorf. Report no. 88-003, August. Fort Sam Houston, Tex.: U.S. Army Health Care Studies and Clinical Investigation Activities.
  • Hammerman, G. 1987. The psychological impact of chemical weapons on combat troops in World War First. In Proceeding of Defense Nuclear Agency Symposium/Workshop on the Psychological Effects of Tactical Nuclear Warfare, es. B. H. Drum and R. H. Young, Technical Report, SAIC, July.
  • Noy, S. 1991. Combat stress reactions. Handbook of military psychology, ed. R. Gal and A. D. mangelsdorff. Chichester: Wiley.
  • Salmon, T. W. 1919. The war neurouses and their lessons. New York Journal of medicine, 59:993-94.
  • Swank, R. L. and W. E. Marchand. 1946. Combat neuroses: The development of combat exhaustion. Archives of neurology and Psychiatry 55:236-47.

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 航空軍事用語辞典 - 戦争神経症

関連項目[編集]