半世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
半世界
Another World
監督 阪本順治
脚本 阪本順治
製作 椎井友紀子
製作総指揮 木下直哉
武部由実子
出演者 稲垣吾郎
長谷川博己
池脇千鶴
渋川清彦
竹内都子
杉田雷麟
菅原あき
牧口元美
信太昌之
堀部圭亮
小野武彦
石橋蓮司
音楽 安川午朗
撮影 儀間眞悟
編集 普嶋信一
製作会社 「半世界」FILM PARTNERS
キノフィルムズ
配給 キノフィルムズ
公開 2019年2月15日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億2000万円[1]
テンプレートを表示

半世界』(はんせかい)は、2019年公開の日本映画[2]。題名の『半世界』は、写真家の小石清の写真展の題名からつけられている[3]

第31回東京国際映画祭コンペティション部門選出、観客賞受賞作品[4][5]

概要[編集]

阪本順治の脚本・監督によるオリジナル作品で、今まで映画化できず温めてきた2つのテーマを1つにし映画化[4]。とある地方都市を舞台に炭火焼職人の主人公とそれぞれの人生を歩んできた同級生2人が人生も半ばを迎え残りの人生と向き合っていく[6]。グローバリズムとはまた別のもう一つの世界が描かれている[7]。主演の稲垣吾郎はこれまでテレビで見せてきた姿とは違った普段の素朴な素顔を引き出し、登場人物はそれぞれキャストにあて書きで描かれている[4]。撮影は2018年2月14日に三重県でクランクインし3月15日にクランクアップを迎えた[2]

ストーリー[編集]

生まれ育った地元の山中の炭焼き窯で備長炭を作り、なんとなく父から受け継いだ仕事をやり過ごすだけの日々を送る炭焼職人の紘。中学生時代の同級生・瑛介は仕事を辞め離婚をし地元に戻ってくる。突然の帰郷に瑛介は多くを語らないが、何か訳ありの事情を抱えている。紘には家庭もあり、反抗期真っ只中の息子・明もいるが、先行き不安定な仕事の事で頭がいっぱいで家の事はすべて妻の初乃に任せていた。紘はそんな家族に対する無関心な姿をもう一人の同級生・光彦に指摘されてしまう。さらに紘と光彦は次第に瑛介が地元を離れてから過ごした過酷な経験を知り、人生の半ばを迎えた男3人にとって旧友とのこの再会が、残りの人生をどう生きるか見つめなおすきっかけとなる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本・監督:阪本順治
  • 製作総指揮:木下直哉
  • エグゼクティブプロデューサー:武部由実子
  • プロデューサー:椎井友紀子
  • 音楽:安川午朗
  • 音楽プロデューサー:津島玄一
  • 撮影:儀間眞悟
  • 照明:宗賢次郎
  • 録音:藤本賢一
  • 美術:原田満生
  • 編集:普嶋信一
  • スクリプター:今村治子
  • 装飾:石上淳一
  • 衣装:岩﨑文男
  • ヘアメイク:宮崎智子
  • 助監督:小野寺昭洋
  • 製作担当:松田憲一良
  • 擬斗:二家本辰巳
  • 製作・配給:キノフィルムズ
  • 製作:「半世界」FILM PARTNERS

受賞[編集]

小説[編集]

映画公開に先駆けて、キノブックス文庫よりノベライズが発売[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 71頁
  2. ^ a b 稲垣吾郎×長谷川博己『半世界』 場面写真&クランクアップコメント到着 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET
  3. ^ “稲垣吾郎が炭焼き職人 阪本監督新作、村から世界見る”. 日本経済新聞. (2018年5月15日). https://style.nikkei.com/article/DGXKZO30457350U8A510C1BE0P00?channel=DF130120166059 2018年10月18日閲覧。 
  4. ^ a b c “稲垣吾郎の“素朴”な魅力、『半世界』阪本順治監督が語る”. マイナビニュース. (2018年9月25日). https://news.mynavi.jp/article/20180925-697472/ 2018年9月26日閲覧。 
  5. ^ a b “稲垣吾郎主演「半世界」が東京国際映画祭で観客賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811020000555.html 2018年11月4日閲覧。 
  6. ^ “稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年2月13日). https://www.cinra.net/news/20180213-hansekai 2018年5月4日閲覧。 
  7. ^ “「東京国際映画祭」コンペ部門、稲垣吾郎主演『半世界』&角田光代原作『愛がなんだ』が出品”. シネマカフェ. (2018年9月21日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/09/21/58391.html 2018年9月26日閲覧。 
  8. ^ tjff_yk. “ANNOUNCING OUR GRAND PRIZE AND AUDIENCE CHOICE AWARD WINNERS 2019 | Toronto Japanese Film Festival” (英語). 2020年3月6日閲覧。
  9. ^ 第41回ヨコハマ映画祭 日本映画ベスト10” (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  10. ^ 第41回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞” (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  11. ^ “第74回毎日映画コンクール日本映画大賞は「蜜蜂と遠雷」! 「半世界」と並ぶ3冠を獲得”. 映画.com. (2020年1月22日). https://eiga.com/news/20200122/3/ 2020年1月22日閲覧。 
  12. ^ 高崎映画祭、最優秀作品賞に「嵐電」 最優秀主演男優賞は稲垣吾郎さん 授賞式は3月22日”. 毎日新聞 (2020年1月15日). 2020年2月4日閲覧。
  13. ^ 2019年 第93回「キネマ旬報ベスト・テン」発表!│キネマ旬報WEB/創刊100周年映画専門誌「キネマ旬報」” (日本語). www.kinejun.com. 2020年3月5日閲覧。
  14. ^ 日プロ大賞発表 2010年代ベストワンは「ハッピーアワー」”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2020年5月8日). 2020年5月18日閲覧。
  15. ^ “2018年12月の演劇・ミュージカル 本・雑誌”. シアターリーグ (moon-light). (2018年12月1日). http://www.moon-light.ne.jp/news/2018/12/201812book.html 2018年12月8日閲覧。 

外部リンク[編集]