石橋蓮司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしばし れんじ
石橋 蓮司
本名 石橋 蓮司
生年月日 1941年8月9日(75歳)
出生地 日本の旗 日本東京府荏原郡(現:東京都品川区
民族 日本人
身長 178 cm
血液型 AB型
職業 俳優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台ナレーション
活動期間 1954年 - 現在
配偶者 緑魔子
主な作品
テレビドラマ
独眼竜政宗
花子とアン

映画
浪人街
備考
「劇団第七病棟」主宰

石橋 蓮司(いしばし れんじ、1941年8月9日 - )は、日本俳優演出家。身長178cm。血液型AB型。「劇団第七病棟」主宰。特技は日本舞踊。妻は緑魔子

来歴・人物[ソースを編集]

東京府荏原郡(現在の東京都品川区)出身。建具職人だった父と母が離婚し、母、姉、弟の四人と戸越連れ込み旅館で育つ[1]日本大学高等学校卒業、日本大学藝術学部映画学科中退。

中学生時代の1954年から劇団若草に所属し、映画『ふろたき大将』に主演でデビュー。大学中退後の1965年劇団青俳の養成所に入所。

1968年、共に青俳を脱退した劇作家の清水邦夫、演出家の蜷川幸雄、俳優の蟹江敬三岡田英次真山知子らと劇団現代人劇場を旗揚げする。1971年に現代人劇場が解散した後、1972年に清水、蜷川、蟹江と劇結社「櫻社」を結成。1974年に蜷川が商業演劇に活動の幅を広げたのを機に櫻社が解散した後は、1976年緑魔子と劇団第七病棟を旗揚げする。第七病棟の公演では、使われなくなった建物を劇場に改造して唐十郎山崎哲の作品を上演し、その多くで自ら演出を手掛けている。

テレビ、映画にも多数出演し、降旗康男の監督作品には互いのキャリアの初期から40年にわたって出演を続けているほか、深作欣二篠田正浩市川崑神代辰巳田中登ら多くの著名な監督に起用され続けてきた。三池崇史監督作品の常連でもある。悪役からコミカルな役柄まで幅広く演じており、テレビのドキュメンタリー番組のナレーションやNHKの人形劇など、声の仕事でも知られる。

1990年公開の映画『浪人街』では純情で正義感に富み、居合抜きの達人でもある母衣権兵衛役を演じ、見事な殺陣が高く評価された。同じ黒木和雄の監督作である『竜馬暗殺』などで共演した原田芳雄とは親しく、原田は「石橋蓮司は俺の知っている役者の中でも最高の役者だ」と賛辞を送っている[要出典]

バラエティ番組にはほとんど出演しないが、自身がゲスト出演するトーク番組には出演が多い。2008年1月に俳優の竹中直人がホストを務めるラジオ番組『竹中直人ハードボイルド・ソーセージ』にゲスト出演した際には、子役時代の話や1970年代の新宿ゴールデン街でのエピソードについて語っている。2012年のNHKの『スタジオパークからこんにちは』では蜷川幸雄とのエピソードを振り返り、トーク中に電話中継で蜷川がエールを送った時には涙を流した。また2016年の同番組にも出演し、『蜷川には芝居の事でダメだしされた事がなかった』と振り返っている。また夫人である緑魔子との出会いについても語り。当時アイドル女優だった緑が自分みたいな小物とプライベートで仲良くなってくれるとは思わなかったと語っている。

2008年には、東映が実施する若手俳優の育成を目標とした「東映大学」プロジェクト(東映作品に重点的に出演する機会を若手俳優に与える)の校長に就任している。

2016年にはNHK広島のローカルドラマ『ふろたき大将 故郷に帰る』で自身のデビュー作である『ふろたき大将』の宮田徳三役を60年ぶりに演じた。この際石橋自身はよくこの企画が通ったなと同役を演じる事に驚いたと語っている。

出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

NHK[ソースを編集]

日本テレビ[ソースを編集]

TBS[ソースを編集]

フジテレビ[ソースを編集]

関西テレビ放送[ソースを編集]

テレビ朝日[ソースを編集]

テレビ東京[ソースを編集]

WOWOW[ソースを編集]

時代劇専門チャンネル[ソースを編集]

ゲスト・単発出演[ソースを編集]

スペシャル[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

1950年代[ソースを編集]

  • ふろたき大将(1955年、東映石橋蓮名義
  • 暁の合唱(1955年、大映) - 斎村銀二郎 役
  • 33号車応答なし(1955年、東宝
  • 幼きものは訴える(1955年、日活) - チャリ坊 役

1960年代[ソースを編集]

  • 少年漂流記(1960年、東映) - 志賀 役
  • 越後つついし親不知(1964年、東映) - 坊ちゃん 役
  • 狼と豚と人間(1964年、東映) - ヒロシ 役
  • ダニ(1965年、東映) - 三郎 役
  • かも(1965年、東映) - 守男 役
  • 網走番外地シリーズ(東映)
    • 網走番外地 望郷篇(1965年) - ピン公 役
    • 網走番外地 北海篇(1965年) - 夏目 役
    • 網走番外地 悪への挑戦(1967年) - 一郎 役
    • 網走番外地 吹雪の斗争(1967年) - 吉 役
  • 流れ者仁義(1965年、東映) - 弘 役
  • 非行少女ヨーコ(1966年、東映) - ナロン 役
  • 悪童(1966年、東映) - 影山 役
  • 地獄の掟に明日はない(1966年、東映) - 次郎 役
  • 男なんてなにさ(1966年) - 中山 役
  • 決着 (おとしまえ)(1967年、東映) - 蓮太郎 役
  • 現代やくざ 与太者の掟(1969年、東映) - まさる 役
  • やくざ刑罰史 私刑(1969年、東映) - 蝮の六 役

1970年代[ソースを編集]

1980年代[ソースを編集]

1990年代[ソースを編集]

2000年代[ソースを編集]

2010年代[ソースを編集]

オリジナルビデオ[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

劇場アニメ[ソースを編集]

人形劇[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

受賞歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 木村隆『この母ありて』 青蛙房 2010年 41頁
  2. ^ 阪本順治×藤山直美が15年ぶりの再タッグ、「団地」に斎藤工らも出演”. 映画ナタリー (2015年7月23日). 2015年7月24日閲覧。
  3. ^ “小西真奈美主演『トマトのしずく』予告編が公開 “家族愛”描くヒューマンドラマ”. ORICON STYLE. (2016年10月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2080342/full/ 2016年10月24日閲覧。 
  4. ^ “リリー・フランキーが小林一茶役で主演、藤沢周平による伝記小説を映画化”. 映画ナタリー. (2016年10月13日). http://natalie.mu/eiga/news/205205 2016年10月13日閲覧。 
  5. ^ COWBOY BEBOP 天国の扉”. メディア芸術データベース. 2016年8月19日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]