鶴屋南北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丸に大の字

鶴屋 南北(つるや なんぼく)は、歌舞伎の役者および作者の名跡。初代から三代目までが道化方役者、四代目以後が狂言作者。屋号鶴屋定紋は丸に大の字。

  • 初 代 鶴屋南北
    • 生年不詳–1736。旅芝居の株を持つ家系に生まれる。元禄十年頃から享保廿年頃まで活躍。主に大芝居に進出し、道外方、頭取を勤めた。
    • 初代鶴屋南北 → 初代南北孫太郎
  • 二代目 鶴屋南北
    • 初代の子、1701–没年不詳。旅芝居の株も継ぐ。正徳五年頃から宝暦八年頃まで活躍。
    • 二代目鶴屋南北 → 二代目南北孫太郎
  • 四代目 鶴屋南北
    • 三代目の女婿、1755–1829。通称:大南北。通常ただ「鶴屋南北」または「南北」というと、この四代目のことをさす。
    • 櫻田兵蔵 → 澤兵蔵 →初代勝俵蔵 → 四代目鶴屋南北
    • 別名:姥尉輔合巻を執筆する際の筆名)