田中健 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか けん
田中 健
本名 田中 研一(たなか けんいち)
別名義 あおい 健(あおい けん)
ケニー・テイラーJr
生年月日 (1951-03-06) 1951年3月6日(66歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県筑後市
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優タレントケーナ奏者
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1972年 - 現在
活動内容 1972年:あおい健の芸名で歌手デビュー
1974年:現在の芸名に変えて『春のもつれ』(日テレ)で俳優デビュー
同年:『サンダカン八番娼館 望郷』で映画デビュー
1975年:『青春の門』、『鴎よ、きらめく海を見たか・めぐり逢い』、『たんぽぽ』、『俺たちの旅
1976年:『遺書・白い少女』
1977年:『花神』、『青春の門・自立篇』、『明日の刑事
1978年:『江戸の鷹 御用部屋犯科帖
1979年:『衝動殺人・息子よ
1984年:『ゴジラ
1993年:『望郷』、『素晴らしきかな人生
配偶者 古手川祐子1986年 - 1999年
加賀千景2000年 - )
著名な家族 (古手川との間に)長女
(加賀との間に)次女
事務所 オスカープロモーション
公式サイト 田中健・オフィシャルブログ
主な作品
テレビドラマ
俺たちの旅
マー姉ちゃん
信長 KING OF ZIPANGU
素晴らしきかな人生
科捜研の女

映画
青春の門
ゴジラ
備考
誕生年については1953年説もあり。

田中 健(たなか けん、本名:田中 研一1951年3月6日 - )は、日本俳優タレントケーナ奏者。なお誕生年については1953年説もある。

経歴[編集]

福岡県筑後市生まれ。福岡県立八女高等学校卒業後、1972年に「あおい健」として歌手デビューする。

代表作の1つである『俺たちの旅』は1975年にスタート以来、好評につき、シリーズ化された。

1990年からはケーナ奏者としても活動していることでも知られ、『』の劇中でもケーナを演奏している。なお、田中が使うケーナは平泉成が製作している。

また、「ケニー・テイラーJr」の名前で音楽活動を行っていたこともある。

女優古手川祐子と長らく結婚生活を送ったが、古手川の実家に住んでいたこともあり、各マスコミから「マスオ」と呼ばれていたこともあった。古手川と離婚後、女優で加賀まりこ加賀千景と再婚。

NHK大河ドラマでは2度佐久間信盛役を演じ、これまで老優が演じることが多かった信盛役を文人肌といわれた一面を垣間見せながら演じきった。代表作『信長 KING OF ZIPANGU』では、周囲が美しい笛の音に感動する中、主人公の織田信長だけが怒りを露わにするというエピソードがあり、次第に信長の真意と行動をつかみかねてゆく描写の一つとして挿入された。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

  • ライオン歯磨(現・ライオン)「エチケットαライオン」
  • 田辺製薬(現・田辺三菱製薬)「アスパラC」
  • 太洋技建「ポリマーライト」
  • AOKI「CAFE SOHO」

ディスコグラフィー[編集]

あおい健時代[編集]

シングル[編集]

  1. 純愛時代(1972年11月10日、日本コロムビア、LL-10202-J)
    (c/w 花はどこまで)
  2. 君こそ奇跡(1973年5月、日本コロムビア、LL-10214-J)
    (c/w 今はなにも言わない)
  3. 恋は一度限り(1973年10月、日本コロムビア、P-313)
    (c/w 恋人よ帰れ)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. あおい健ファースト/僕の純愛時代(1973年、日本コロムビア、YS-10142-J)


田中健時代[編集]

シングル[編集]

  1. ひとりぼっちのあなたに(1975年6月、日本コロムビア、P-410)
    (c/w 弟妹(はらから)よ)
    • 日本テレビ系ドラマ「たんぽぽ」主題歌
  2. 生きる(1976年3月1日、日本コロムビア、P-452)
    (c/w 木もれ陽)
  3. 透きとおった夜明け(1977年、日本コロムビア、PK-43)
    (c/w 贈り物はなあに)
  4. 幸福と涙のあと(1977年6月、日本コロムビア、PK-59)
    (c/w 白い波紋)
  5. ラヴ・イズ・ミュージック(1979年、日本コロムビア、PK-179)
    (c/w 幸福禁止)
  6. 女たちよ(1980年、CBSソニー、06SH-800)
    (c/w 甘えて来いよ)
  7. 裸のピエロ(1981年、CBSソニー、07SH-943)
    (c/w 夏の枯葉)
  8. 愛のめざめ(1983年、ビクター、VIHX-1603)
    (c/w 眠らせて)
  9. 夜まかせ(1995年11月1日、ソニー、BVDL-1026)※共演:市原悦子
    (c/w そよ風に乾杯)※歌唱:市原悦子
  10. あなたがいるから(2012年4月4日、テイチク、TECA-12335)[2]
    (c/w 夢)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 愛の詩はつくったけれど(1976年11月10日、日本コロムビア、PX-7019)
  2. フラッシュバック(1978年9月25日、日本コロムビア、PX-7062)※プロデュース:大野雄二
  3. Amazing(1983年、ビクター、VIH-28126)
  4. SPACE(1990年9月5日、東芝、TOCT-5815)※ケーナ作品
  5. HEART TO HEART(1991年12月11日、東芝、TOCT-6360)※ケーナ作品
  6. 呼吸瞑想(1995年10月1日、ビワレコード、BW-N003)※ケーナ作品
  7. ユーラシア(1997年9月21日、テイチク、TECW-28599)※ケーナ作品
  8. ひととせ 春夏秋冬(1998年9月23日、テイチク、TECW-28768)※ケーナ作品

ライブ・アルバム[編集]

  1. CRYSTAL LOVE STAGE(1978年11月、日本コロムビア、PX-7070)

楽曲参加[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]