すまけい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すま けい
本名 須磨 啓(すま けい)
生年月日 1935年9月4日
没年月日 2013年12月7日(満78歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道国後島
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区
身長 174 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1961年 - 1972年
1985年 - 2013年
事務所 J.CLIP
主な作品
映画
キネマの天地
舞台
『人間合格』

すま けい1935年昭和10年)9月4日 - 2013年平成25年)12月7日)は、日本の俳優。本名、須磨 啓北海道国後島出身。血液型A型。所属事務所はJ.CLIP

略歴[編集]

終戦の日の二日前に根室市に引き上げ、中標津町に高校までいた。北海道中標津高等学校卒業後、富山大学に進学するも中退し役者を志して上京。文化学院入学(のち中退)。

1961年昭和36年) - 1963年(昭和38年)、芸術劇場に所属。1966年(昭和41年)新宿ジャズ喫茶などを拠点にしつつ、太田豊治と「すまけいとその仲間」を結成。『ゴドーを待ちながら』などの翻訳劇で伝説的な舞台をつくり好評を博し、斬新な翻案・演出から「アングラの帝王」と称された[1]1972年(昭和47年)に解散の後は、一時演劇界から遠ざかった。

1985年(昭和60年)に劇団こまつ座より誘われて『日本人のへそ』で舞台に復帰、『人間合格』『父と暮せば』といった井上ひさし作品などで活躍した[2]。また、1986年(昭和61年)には山田洋次監督の映画『キネマの天地』に出演し第29回ブルーリボン賞助演男優賞など各賞を受賞、映画『男はつらいよ』シリーズにも度々出演して存在感を発揮した。

1999年(平成11年)に膀胱癌2001年(平成13年)には脳梗塞を患い左手足に麻痺が残った。2010年(平成22年)には大腸癌の摘出手術も受けたが、その都度入退院と復帰を繰り返しつつ、舞台やテレビ、映画の仕事を継続していた[3]

2013年(平成25年)10月下旬に体調が悪化して病院で診察を受け、がんが全身に転移して特に肝臓が肥大した状態であることがわかり、11月12日に入院。同年12月7日、肝臓癌のため東京都新宿区の病院で死去した。同年3月2日に千葉市民会館で上演した朗読劇『天切り松 闇がたり』[4]が最後の俳優活動となった[1][3][5][6]。78歳没。

告別式は12月13日に東京都新宿区の最勝寺で営まれた[7]。山田洋次監督は訃報に際し、「寛容で温かくてユーモラスで、こんな大人がいてほしいと日本人なら誰もが思うような人間像を創り出してきた、実にたぐいまれな役者でした。これからの日本でこそ大活躍してほしかったのに、悔しくてなりません」との追悼コメントを発表している[8]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

  • 海賊王子(1966年) - シャーク 役 ※須磨啓名義

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ““アングラの帝王”すまけい氏死去、「男はつらいよ」などで活躍”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2013年12月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131210/oth13121005030013-n1.html 2016年6月9日閲覧。 
  2. ^ “「アングラの帝王」すまけい氏死去”. 日刊スポーツ. (2013年12月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131209-1229084.html 2016年6月9日閲覧。 
  3. ^ a b “「すまけいさん死去 入退院繰り返し、最期は妻にみとられ…”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年12月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/10/kiji/K20131210007170690.html 2016年6月9日閲覧。 
  4. ^ ちば演劇を見る会 第131回例会 朗読劇「天切り松 闇がたり」
  5. ^ 「アングラの帝王」俳優すまけいさん死去 78歳 朝日新聞 2013年12月9日
  6. ^ すまけい氏死去「男はつらいよ」などに出演 サンスポ 2013年12月9日
  7. ^ “すまけいさん告別式 有森也実号泣”. デイリースポーツ online. (2013年12月13日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/12/13/0006569133.shtml 2016年6月9日閲覧。 
  8. ^ 清水一 (2013年12月9日). “山田洋次、すまけいさん死去に悲痛 「実にたぐいまれな役者でした」”. シネマトゥディ. http://www.cinematoday.jp/page/N0058798 2016年6月9日閲覧。 

外部リンク[編集]