飯尾和樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯尾 和樹
本名 飯尾 和樹
生年月日 (1968-12-22) 1968年12月22日(51歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
血液型 O型
身長 173cm
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 東京学園高等学校
コンビ名 ずん
相方 やす
芸風 ボケ、一発ギャグ、コント
立ち位置
事務所 浅井企画
活動時期 1991年
同期 キャイ〜ンナインティナイン
過去の代表番組 笑っていいとも!
内村プロデュース
他の活動 俳優
配偶者 既婚
受賞歴
2014年 ダイナマイト関西2014 優勝
テンプレートを表示

飯尾 和樹(いいお かずき、1968年12月22日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いコンビずんボケ担当。東京都世田谷区出身。浅井企画所属。血液型O型。じわじわとくるナンセンスな笑いを持ち味とする。

プロフィール[編集]

  • 小学校時代は少年野球チームに所属し、将来「早稲田大学を出てヤクルトスワローズに入りたい」と思っていたほどプロ野球選手を夢見ていた[1]。中学時代に野球の実力がないことを悟り、東京学園高等学校ではバレーボール部に所属していた。
  • 高校卒業後は大学には進学せず、お笑いの道を目指した。卒業直後は、3ヵ月ほど劇団に所属していたこともある[2]
  • 1990年、浅井企画に所属。1991年にお笑いコンビ「チャマーず」を結成しデビューを果たすも、翌年解散。1992年、村山ひとし(現放送作家演出家)と「La.おかき」(ラ・おかき)を結成しツッコミを担当した。1997年のLa.おかき解散後からしばらくは1人で活動していたが、「ヘーシンク」というコンビを組んでいたやすと2000年に「ずん」を結成し現在に至る。現在はボケ担当[2]
  • 「ずん」を結成した初期から『笑っていいとも!』(フジテレビ)や『いきなり!黄金伝説。』、『内村プロデュース』(テレビ朝日)などにピンで出演していた。『笑っていいとも!』は、舞台『カンコンキンシアター』で関根勤と絡んでいる飯尾を観たプロデューサーによる抜擢だったが、初出演日の直後からフジテレビに「あいつは誰だ?!」という質問の電話が殺到したことをタモリが暴露している[3]
  • 2012年12月6日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)にて、飯尾へのドッキリ企画として元彼女が登場し、飯尾のプロポーズにより結婚を果たす(詳細は後述)。
  • 2019年12月23日、自身初のエッセイ集となる『どのみちぺっこり』を発売[4]。それを記念して2019年12月20日~2020年1月6日まで東京・GALLERY Xにて自身の展示イベント「ずん飯尾のどのみちぺっこり展」が開催された[5]

芸風[編集]

  • スタジオ収録での雛壇トークや、国内・海外ロケにおけるとぼけた一言、後述する一発ギャグなど、何でも笑いに変えてじわじわと込み上げるおかしさを誘う、独自の世界観を築き上げている。
  • 共演者や一般人をいじることはあるが、他人を傷つけるネタはしないことも特徴である[6]
  • 舞台『カンコンキンシアター』では、飯尾が「自称No.1ホスト」に扮し、天野ひろゆきが演じる銀座の高級クラブのママから徹底的に無茶振りされるコントが恒例となっている。このため、無茶振りへの対応に長けている。
    • 2018年8月9日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)では、猛暑の中、飯尾が「いくつ一発ギャグを繰り出すことができるか」という無茶振りを仕掛けられた。結果、1時間15分かけて60個のギャグを披露し、有吉弘行山崎弘也から称賛された[7]
  • 2017年には100本以上のロケをこなしたことで「ロケ芸人」を自称し[8]、テレビ関係者からも「スタッフが安心してロケが出来る芸人」のひとりとして飯尾の名が挙げられている[9]
  • 大喜利の腕に定評があり、『IPPONグランプリ』(フジテレビ)のスピンオフ企画『IPPONオープン』ではNo.1回答者に選ばれ、グランプリ本大会の第7回以降に出場している。また、大喜利のイベントである『ダイナマイト関西』では、2014年の決勝トーナメントに進出し、決勝戦でオードリー若林正恭を破り優勝を飾った[10]
  • 俳優としても活動する。ドラマ『アンナチュラル』(TBSテレビ)では、上司からパワハラを受ける臨床検査技師・坂本誠役を好演した[6]

ギャグ[編集]

  • 動きを伴ったギャグが十八番である。
    • 「ペッコリ45度」「後輩にはマイナス10度。ふんぞり」「ペッコリ、リコッペ」「スタコラツー、ツーラコタス」「グ・リ・コ、計算ミス」「座ったついでにシャロン・ストーン氷の微笑のシーンのように足を組みながら)」「よろけたついでに由美かおるアース渦巻の看板のポーズ)」「屈伸ついでにレディー・ガガ」「ぱっくりピスターチオ」「忍法・眼鏡残し」 「一歩、二歩、三歩目から眼鏡とデッドヒート」
  • 漫談ネタに「現実逃避シリーズ」がある。寝転がり「平日の昼間から〜ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜」とつぶやいたあと、現実離れしたことを言う(例:「何でも10円で買えたらな〜」「幕末に生まれてたらな〜」)。

エピソード[編集]

  • 特技としては料理がある。共働き家庭で育ち、幼い頃から食事の支度をする機会が多かったため得意になったという[11]。La.おかき時代にコサキンのラジオ番組で放送1000回記念イベントに出演するためにコサキンの関係者に許可を貰うコーナーがあり、その中で番組の元プロデューサーにネタを見せる際に接待として飯尾が得意の料理を披露し、好評を得た[12]。『ノンストップ!』(フジテレビ)では、木曜日のコーナー「ワリカツ! ~おトクな割引生活~」にて、自ら節約料理を披露している。
  • その見た目の地味さや佇まいから「見える透明人間」の異名がつけられていた[3]。舞台『カンコンキンシアター』でも、出演当初は地味な飯尾を見逃さないよう、舞台に彼が登場した際に「飯尾出てます」というランプが光る演出があったり、2003年の第17回公演のタイトルにて『クドい! 飯尾より地味なヤツ入りました』といじられたりしていた。なお、この「飯尾より地味なヤツ」は、相方のやすのことである。
  • 『笑っていいとも!』サブレギュラーが決まった頃に関根勤と映画を見に行く約束をし、渋谷で待ち合わせをしていると、通りかかったホームレスの人に「あんた、そんなしょげた顔してるとダメだよ」と励まされた。[要出典]
  • 『笑っていいとも!』サブレギュラー当時、『笑っていいとも!特大号』の恒例コーナー「いいとも!ものまね紅白歌合戦」にバカボンのパパに扮して登場し、あまりにも似ていたためネットで反響を呼んだ[要出典]
  • 2012年12月6日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』にて、とんねるずが本人には内緒で、『カンコンキンシアター』の共演がきっかけで11年間交際し1年前に別れていた元彼女を登場させ、プロポーズをし彼女も承諾、結婚することになった[13]。放送日翌日にはマスコミへ本人から正式に発表された。
    • 同放送回は腰椎骨折で長期療養していた相方・やすの復帰を祝う回として計画されたもので、スタッフ側はとんねるずが飯尾に復縁を迫るようけしかけ、彼女が断るという「お約束」のサプライズを用意していたに過ぎなかったが、事前打ち合わせで彼女に復縁の意志があることを確認したディレクターが彼女自身に決断を任せたこと、本番で追い込まれた飯尾が「11年も付き合ってたのに今更付き合ってくださいでもないだろうな」と考えプロポーズの言葉を口にしたことで、急遽結婚する運びとなった[14]
    • その後、挙式・披露宴の予定がないと報道されたため、2013年3月28日放送の同番組内で本番まで本人に内緒にしたドッキリ披露宴企画を行った[15]
  • 妻の実家は製麺所を営んでいる[16]。2019年9月1日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京)では、さまぁ~ずらが訪問した製麺所の主人が「自分の義理の弟は飯尾」と明かしていた[17]
  • プロフィール節でも述べたとおり、少年時代から東京ヤクルトスワローズのファンであるが、現在は東北楽天ゴールデンイーグルスのファンでもある。2007年7月12日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)の企画「プロ野球芸人」には、楽天ファンとして出演した[18]
  • カラオケの十八番はウルフルズガッツだぜ!!』とモーニング娘。恋愛レボリューション21』。
    • 「ガッツだぜ!!」は『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)の「お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル」にて、全く音程があっていないだけでなく、全体的に歌詞を棒読みしている様である他、かぎ括弧コーラス部分まで無理に歌い、「ガッツだぜ?」と「?」がついているような独特の歌い方で爆笑を誘い優勝を果たした[3]。最初にこの歌い方を発見したのは関根勤であり、2001年ごろには『コサキンDEワァオ!』(TBSラジオ)内で飯尾が歌う「ガッツだぜ!!」が流されている[19]

出演[編集]

コンビでの出演作はずんを参照。

バラエティ[編集]

ほか

情報番組[編集]

  • ノンストップ!(フジテレビ)- 木曜日「ワリカツ!〜おトクな割引生活〜」

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

  • 日本をゆっくり走ってみたよ 〜あの娘のために日本一周〜(2017年10月、Amazonプライム・ビデオ)第1話 - おしゃべりなキャンパー 役

ウェブテレビ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

書籍[編集]

  • 飯尾和樹の暮しの現実逃避手帖「あ〜あ〜幕末に生まれてりゃなぁ〜」みたいな100ぐらいの言葉(2013年8月12日、興陽館ISBN 978-4877231859
  • 顔道 -身のまわりにある、かお・かお・かお-(2015年2月25日、立東舎ISBN 978-4845625734 - ※写真を渡辺修二、文章を飯尾が担当。
  • どのみちぺっこり(2019年12月23日、PARCO出版ISBN 978-4865063233

脚注[編集]

  1. ^ 第264回 ずん・飯尾和樹さんを迎えて その4”. 渡辺徹 家族の時間. 文化放送 (2016年3月31日). 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ a b ずん飯尾和樹50歳が明かす「同期芸人のウド鈴木とコンビを組まなかった理由」”. 文春オンライン (2019年5月26日). 2020年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c “見える透明人間”ずん・飯尾和樹がサイレントブレイク中”. オリコン (2015年7月17日). 2016年9月12日閲覧。
  4. ^ ずん飯尾が人生を振り返り綴ったエッセイ集「どのみちぺっこり」発売”. お笑いナタリー (2019年12月7日). 2020年1月20日閲覧。
  5. ^ ずん飯尾のトークとギャグを堪能できる「どのみちぺっこり展」開催”. お笑いナタリー (2019年12月9日). 2020年1月20日閲覧。
  6. ^ a b ドラマ『アンナチュラル』でも好演 ずん・飯尾がバラエティーやドラマで引っ張りだこのワケ”. AbemaTIMES (2018年4月22日). 2020年3月29日閲覧。
  7. ^ 有吉、ザキヤマ、ネットも絶賛「ずん飯尾天才だな」”. ザテレビジョン (2018年8月10日). 2020年3月29日閲覧。
  8. ^ ずん飯尾、ロケでトラブルが起きた際の対処法をプレゼン”. お笑いナタリー (2018年6月4日). 2018年6月8日閲覧。
  9. ^ ひょっこりはん「著作権騒動」は神風か? あの一発屋芸人とダブって早くも正念場”. デイリー新潮 (2018年6月4日). 2018年6月8日閲覧。
  10. ^ 大喜利選手権「D関2014」8カ月の熱戦に幕”. お笑いナタリー (2014年8月17日). 2020年4月10日閲覧。
  11. ^ 魚料理もマヨネーズでラクに。ずん飯尾さんの節約レシピ<ワリカツ!>”. ESSE 0nline (2020年3月2日). 2020年3月29日閲覧。
  12. ^ コサキン新語辞典 ポヨヨ~ン(興陽館書店)「コサキン年表」(p.315)
  13. ^ ずん飯尾、12年交際した元カノと結婚 番組内で電撃プロポーズ!”. オリコン (2012年12月7日). 2020年5月14日閲覧。
  14. ^ カンコンキンシアター「クドい!ログ」2012年12月7日
  15. ^ 「とんねるずのみなさんのおかげでした ~テレビ史上初 飯尾ドッキリ結婚式でタカ・ノリ・コサキン・たけしが大騒動!~」2013年3月28日(木)放送内容”. 価格.com (2013年3月28日). 2020年5月14日閲覧。
  16. ^ ずん・飯尾和樹「平日の昼間からゴロゴロ~は得意」…自宅で好きな料理作ったりしてます”. スポーツ報知 (2020年5月14日). 2020年5月14日閲覧。
  17. ^ 「モヤモヤさまぁ~ず2」で紹介された情報 テレビ紹介情報”. 価格.com (2019年9月1日). 2020年5月14日閲覧。
  18. ^ プロ野球芸人 アメトーーク!”. テレビ朝日 (2007年7月12日). 2020年4月4日閲覧。
  19. ^ コサキンの4548(興陽館書店 2001年)「コサキン年表」p.301
  20. ^ 飯尾和樹のぺっこり☆だじゃれ研究会 | BS朝日
  21. ^ “ずん飯尾がサラリーマン役で天海祐希主演ドラマに、アドリブ入れてみた”. お笑いナタリー. (2016年10月28日). http://natalie.mu/owarai/news/207101 2016年10月28日閲覧。 
  22. ^ 【公式】連続テレビ小説「半分、青い。」@asadora_nhk (2018年7月23日). “祥平(斎藤工)に、計量カップ付きおたまの映像編集を指示した、通販番組のプロデューサーを演じたのは、「ずん」の飯尾和樹さんです。 #半分青い #飯尾和樹…”. Twitter. 2018年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  23. ^ 稲垣吾郎「インスタ映えばえ運動会」でチーム最下位に つり天井固めにされ絶叫”. Abema TIMES. AbemaTV (2017年11月4日). 2017年11月4日閲覧。
  24. ^ ずん飯尾、橋本マナミ、六角精児も! “バイプレイヤー”な実力俳優らが集結『田中圭24時間テレビ』第2弾キャスト発表”. AbemaTIMES (2018年12月11日). 2018年12月17日閲覧。
  25. ^ ボートレース 新CMシリーズ「ハートに炎を。BOAT is HEART」1月9日(木)より公開!~全10話 感動あり、笑いあり、涙ありのストーリーで新たにスタート~”. BOAT RACE振興会 (2020年1月9日). 2020年1月10日閲覧。
  26. ^ “ずん飯尾、田中みな実と夫婦役でCM共演「妻に惚れ抜いている」”. お笑いナタリー. (2020年3月30日). https://natalie.mu/owarai/news/373368 2020年3月30日閲覧。 
  27. ^ “【エンタがビタミン♪】飯尾和樹「原付免許とったついでに宇宙飛行士の資格も」。宇宙兄弟#0“現実逃避”シリーズを披露。”. Techinsight. (2014年8月24日). http://japan.techinsight.jp/2014/08/24tomoko180.html 2019年10月3日閲覧。 

外部リンク[編集]