飯尾和樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
飯尾 和樹
本名 飯尾 和樹
生年月日 (1968-12-22) 1968年12月22日(49歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
血液型 O型
身長 173cm
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 東京学園高等学校
コンビ名 ずん
相方 やす
芸風 ボケギャグ芸人、コント
立ち位置
事務所 浅井企画
活動時期 1991年
同期 キャイ〜ンナインティナイン
過去の代表番組 笑っていいとも!
内村プロデュース
他の活動 俳優
配偶者  既婚
受賞歴
2014年 ダイナマイト関西2014 優勝

飯尾 和樹(いいお かずき、1968年12月22日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いコンビずんボケ担当。東京都世田谷区出身。浅井企画所属。血液型O型

プロフィール[編集]

芸風[編集]

  • スタジオ収録での雛壇トークや、国内・海外ロケにおけるとぼけた一言など、何でも笑いに変えてじわじわと込み上げるおかしさを誘う、独自の世界観を築き上げている。他人を貶めるネタがないことも特徴。
  • 2017年には100本以上のロケをこなしたことで「ロケ芸人」を自称し[4]、テレビ関係者からも「スタッフが安心してロケが出来る芸人」のひとりとして飯尾の名が挙げられている[5]
  • 大喜利の腕には定評があり、『IPPONグランプリ』のスピンオフ企画『IPPONオープン』ではNo.1回答者に選ばれ、グランプリ本大会の第7回以降に出場している。また、大喜利のイベントである『ダイナマイト関西』では、2014年の決勝トーナメントに進出し、決勝戦でオードリー若林正恭を破り優勝を飾った。

ギャグ[編集]

  • 動きを伴ったギャグが十八番である。
    • 「ペッコリ45度」「後輩にはマイナス10度。ふんぞり」「ペッコリ、リコッペ」「スタコラツー、ツーラコタス」「グ・リ・コ、計算ミス」「座ったついでにシャロン・ストーン氷の微笑のシーンのように足を組みながら)」「○○ついでに由美かおるアース渦巻の看板のポーズ)」「ぱっくりピスターチオ」「忍法・眼鏡残し」 「一歩、二歩、三歩目から眼鏡とデッドヒート」
  • 漫談ネタに「現実逃避シリーズ」がある。寝転がり「平日の昼間から〜ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜」とつぶやいたあと、現実離れしたことを言う。(例:「何でも10円で買えたらな〜」「幕末に生まれてたらな〜」)

エピソード[編集]

  • 関根勤と映画を見に行く約束をし、渋谷で待ち合わせをしていると、通りかかったホームレスの人に「あんた、そんなしょげた顔してるとダメだよ」と励まされた。(前述の「笑っていいとも!」セミレギュラーが決まった頃の実話)[要出典]
  • プロ野球 東京ヤクルトスワローズのファンで出川哲朗と神宮球場観戦の目撃情報が多い[6]
  • 本人もそれほどアピールしていないために意外に思われる特技としては料理がある。La.おかき時代にコサキンのラジオ番組で放送1000回記念イベントに出演する為にコサキンの関係者に許可を貰うコーナーがあり、その中で番組の元プロデューサーにネタを見せる際に接待として飯尾が得意の料理を披露した事がある。味も中々の様だったらしく、元プロデューサーからは「芸人やめて料理人やった方がいいんじゃないですか?」と言われたほど[7]
  • 「いいとも」サブレギュラー当時、『笑っていいとも!特大号』の恒例コーナー「いいとも!ものまね紅白歌合戦」にバカボンのパパに扮して登場し、あまりに激似だったためネットで反響を呼んだ[要出典]
  • 2012年12月6日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』で、とんねるずが本人には内緒で、「カンコンキンシアター」の共演がきっかけで11年間交際し1年前に別れていた元彼女を登場させ、プロポーズをし彼女も承諾、結婚することになった[8]。放送日翌日にはマスコミへ本人から正式に発表された。同放送回は腰椎骨折で長期療養していた相方・やすの復帰を祝う回として計画されたもので、スタッフ側はとんねるずが飯尾に復縁を迫るようけしかけ、彼女が断るという「お約束」のサプライズを用意していたに過ぎなかったが、事前打ち合わせで彼女に復縁の意志があることを確認したディレクターが彼女自身に決断を任せたこと、本番で追い込まれた飯尾が「11年も付き合ってたのに今更付き合ってくださいでもないだろうな」と考えプロポーズの言葉を口にしたことで、急遽結婚する運びとなった[9]。その後、挙式・披露宴の予定がないと報道されたため、同番組内で本番まで本人に内緒にしたドッキリ爆笑披露宴企画を行った。
  • 妻の実家が製麺所を営んでいることを2014年11月18日に放送された「VS嵐」で話している[要出典]
  • 左投げ[要出典]
  • スポーツ、料理にも詳しく スポーツ番組 料理番組などもやってみたいと雑誌などのインタビューで話している[要出典]

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

  • 日本をゆっくり走ってみたよ ~あの娘のために日本一周~(2017年10月、Amazonプライム・ビデオ)第1話 - おしゃべりなキャンパー役

ウェブテレビ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • カンコンキンシアター~クドい~ (座長は関根 勤)毎年8月中に10日間公演
  • 作者をせかす六人の主人公たち(2009年2月11日 - 2月15日、東京芸術劇場 中ホール) - ライス 役
  • 友近 単独LIVE 2014〜2015 (東京 .仙台 .名古屋 .福岡 公演 ゲスト出演)

脚注[編集]

  1. ^ a b “見える透明人間”ずん・飯尾和樹がサイレントブレイク中”. オリコン (2015年7月17日). 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ コサキンの4548(興陽館書店 2001年)「コサキン年表」p.301
  3. ^ 第264回 ずん・飯尾和樹さんを迎えて その4”. 渡辺徹 家族の時間. 文化放送 (2016年3月31日). 2016年9月12日閲覧。
  4. ^ ずん飯尾、ロケでトラブルが起きた際の対処法をプレゼン”. お笑いナタリー (2018年6月4日). 2018年6月8日閲覧。
  5. ^ ひょっこりはん「著作権騒動」は神風か? あの一発屋芸人とダブって早くも正念場”. デイリー新潮 (2018年6月4日). 2018年6月8日閲覧。
  6. ^ 第2回野球好き芸人サミット開催!”. CBCアナウンサーズ. 中部日本放送 (2016年7月6日). 2016年9月12日閲覧。
  7. ^ コサキン新語辞典 ポヨヨ~ン(興陽館書店)「コサキン年表」(p.315)
  8. ^ 「ずん」飯尾和樹、結婚…テレビ番組でプロポーズ”. スポーツ報知 (2012年12月7日). 2012年12月7日閲覧。
  9. ^ カンコンキンシアター「クドい!ログ」2012年12月7日
  10. ^ “ずん飯尾がサラリーマン役で天海祐希主演ドラマに、アドリブ入れてみた”. お笑いナタリー. (2016年10月28日). http://natalie.mu/owarai/news/207101 2016年10月28日閲覧。 
  11. ^ 【公式】連続テレビ小説「半分、青い。」 2018年7月23日 16:15の発言
  12. ^ 稲垣吾郎「インスタ映えばえ運動会」でチーム最下位に つり天井固めにされ絶叫”. Abema TIMES. ABEMATV (2017年11月4日). 2017年11月4日閲覧。