お登勢 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お登勢』(おとせ)は、船山馨小説。これを原作としてテレビドラマ、舞台演劇が制作されている。

概要[編集]

庚午事変と、その騒動に巻き込まれた娘・お登勢を描いた長編小説。正編・続編合わせて1700枚に及ぶ。正編は毎日新聞日曜版(1968年1月7日 - 1969年3月30日)にて連載された。また、続編は北海道新聞日曜版(1972年6月18日 - 1973年6月3日)にて連載された。

あらすじ[編集]

淡路島の農家の娘・お登勢は16歳になり、洲本の加納家に奉公することになる。途中の船で出合った青年・津田貢に心惹かれるが、彼は勤皇の志士であり、加納家の娘・志津の恋人であった。

刊行一覧[編集]

  • お登勢(1969年、毎日新聞社)
  • お登勢(1970年、角川文庫)
  • お登勢(続)(1973年、毎日新聞社)
  • 船山馨小説全集 第8巻 お登勢(1975年、河出書房新社)
  • 船山馨小説全集 第9巻 続お登勢(1975年、河出書房新社)
  • 続お登勢(1977年、角川文庫)
  • お登勢(上)(1997年、講談社)ISBN 9784062620826
  • お登勢(下)(1997年、講談社)ISBN 9784062620888
  • お登勢(2001年、講談社文庫)ISBN 9784062731645
  • お登勢(2001年、角川文庫)ISBN 9784041297018

ドラマ[編集]

TBSドラマ[編集]

お登勢
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月 - 土 12:40 - 13:00(20分)
放送期間 1971年3月29日 - 9月25日(全13週、78回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
原作 船山馨
脚本 ジェームス三木
プロデューサー 山田和也
出演者 音無美紀子
原田大二郎 ほか
テンプレートを表示

1971年3月29日から9月25日に「ポーラテレビ小説」枠の第6作として放送された。同枠のカラー化第1作となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

NHKドラマ[編集]

お登勢
ジャンル 時代劇
放送時間 金曜 20:00 - 20:45(45分)
放送期間 2001年4月6日 - 6月22日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
原作 船山馨
脚本 ジェームス三木
プロデューサー 吉川幸司(制作統括)
出演者 沢口靖子
森口瑤子
葛山信吾 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
テンプレートを表示

2001年4月6日から6月22日に、NHK総合金曜時代劇で放送された。撮影は、ドラマの舞台である淡路島及び徳島県鳴門市徳島市近郊にて行われた。このドラマに因み、洲本城跡(淡路文化史料館前)にはお登勢の銅像が建てられている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

舞台[編集]

2007年9月8日 - 10月5日に劇団前進座により舞台化される。脚本・演出はジェームス三木

キャスト[編集]

外部リンク[編集]

TBS ポーラテレビ小説
前番組 番組名 次番組
花もめん
(1970.9.28 - 1971.3.27)
お登勢
(1971.3.29 - 9.25)
ひまわりの道
(1971.9.27 - 1972.3.25)
NHK総合 金曜時代劇
前番組 番組名 次番組
----
お登勢
(2001.4.6 - 6.22)