佐々木孝丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ささき たかまる
佐々木 孝丸
佐々木 孝丸
1948年
別名義 落合 三郎
香川 晋
生年月日 1898年1月30日
没年月日 1986年12月28日(満88歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道川上郡標茶町[1]
死没地 日本の旗 日本東京都世田谷区
ジャンル 俳優プロレタリア作家演出家劇作家
活動期間 1930年代 - 1980年代
活動内容 舞台映画テレビドラマ
著名な家族 娘:佐々木踏絵
娘婿:千秋実
孫:佐々木勝彦
主な作品
映画
あなた買います』 / 『蜘蛛巣城
テレビドラマ
新・平家物語

佐々木 孝丸(ささき たかまる、1898年1月30日 - 1986年12月28日)は、日本俳優プロレタリア作家演出家劇作家

戦前のプロレタリア演劇運動の中心人物であり、演出家・俳優として先駆座、前衛座東京左翼劇場に参加。落合三郎の筆名でフランス文学の翻訳や『筑波秘録』などのプロレタリア戯曲も執筆しており、革命歌インターナショナル」の日本語訳詞者としても知られている。また、亡くなるまで熱心なエスペランティストであった。戦後は映画、テレビドラマで脇役俳優として活躍した。著書に『風雪新劇志 わが半生の記』など。元女優の佐々木踏絵は娘、俳優の千秋実は娘婿にあたる。孫の佐々木勝彦も俳優。

来歴・人物[編集]

1898年(明治31年)1月30日北海道川上郡標茶町に釧路監獄の教誨師をしていた僧侶の3男として生まれる[2][3]1905年(明治38年)、父が実家の寺を継ぐことになり、香川県綾歌郡端岡村(現在の国分寺市)に移住する[2][3][4]。高等小学校卒業後、後継ぎにさせられるが、僧職を嫌ったため、1913年(大正2年)に神戸通信生養成所に入り、同年暮れから3年間、神戸郵便局電信課で通信事務員として働く[3][4]。この間、硯友社の文学者を始め、島崎藤村田山花袋徳田秋声正宗白鳥国木田独歩らの本を濫読し、同人たちと神戸文学会を結成して回覧雑誌を発行していた[4][5]1915年(大正4年)、神戸多門座に公演にやって来た芸術座の公演『サロメ』を観劇し、新劇の世界に興味を持った。

1916年(大正5年)、上京し赤坂葵町の電信局に転勤。同時にアテネ・フランセに通ってフランス語を学んだ[6]。同年、佐藤誠也の紹介で秋田雨雀を知る[3]1920年(大正9年)に秋田らと中村屋の2階で創作戯曲の朗読会「土の会」を結成。1921年(大正10年)、ミュッセ作『二人の愛人』を翻訳、処女出版作となった[5]。同年、小牧近江らとともに雑誌『種蒔く人』を創刊し、同人となる。1923年(大正12年)、秋田らの先駆座に参加し、プロレタリア演劇運動に従事する。また、落合三郎の筆名で『赤と黒』『脂肪の塊』などを翻訳[2]し、『筑波秘録』『地獄の審判』などの戯曲も執筆した。

1926年(大正15年)2月、日本プロレタリア文芸連盟演劇部所属の移動劇団・トランク劇場を結成し、武者小路実篤作『ある日の一休』を上演。同年12月に文芸連盟は日本プロレタリア芸術連盟(略称:芸連)に改組され、それに伴い村山知義千田是也前衛座を結成。翌1927年(昭和2年)、前衛芸術家同盟の結成で前衛劇場を立ち上げ。1928年(昭和3年)、村山、佐野碩らと東京左翼劇場を結成し、第1回公演『礫茂左衛門』に主演、同劇場で『不在地主』『炭塵』『斬られの仙太』等を演出した。やがて新築地劇団を経て日本プロレタリア劇場同盟(略称:プロット)の初代執行委員長を歴任した。1930年(昭和5年)、中村翫右衛門らの大衆座(前進座の前身)のために自作の『筑波秘録』を演出するが、弾圧を受けて再三投獄されている[7]。戦後は娘婿の千秋実らが結成した薔薇座に関係し[8]前進座新国劇などの演出を手掛けていた[7]

一方、1950年(昭和25年)に山本薩夫監督の『暴力の街』に出演して以来、各社の映画に脇役出演した。やがてテレビドラマにも多く出演し、時代劇刑事ドラマで憎々しい大物悪役として強烈な存在感を発揮した。任侠映画や大作映画では右翼の大物などの黒幕役として重厚な演技を見せ、特撮作品では博士や科学者など知性派の役も数多く演じている。

1971年(昭和46年)から日本俳優連合(旧・放送芸能家協会)の理事長を務め[9]1982年(昭和57年)に高齢を理由に森繁久彌に地位を譲った[10]

戦前、秋田雨雀らとともにプロレタリア・エスペラント運動に従事。戦後も日本のエスペラント界に貢献し、亡くなるまで調布エスペラント会会長を務めた。エスペラントによる著作にMia Kaŝita Vivo(私の隠れた人生、1978年)がある。

1986年(昭和61年)12月28日心不全のため、東京都世田谷区の自宅で死去。88歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベスト・テンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

  • ウロコ座(KR)
    • 第27・28回「鬼坊主清吉」(1957年)
    • 第66回「姫重態」(1957年)
  • ダイヤル110番(NTV)
    • 第16話「麻薬」(1957年)
    • 第20話「死の目撃者」(1958年)
    • 第30話「死体を探せ」(1958年)
    • 第32話「証拠」(1958年)
    • 第98話「白い猫」(1959年)
    • 第120話「口径32」(1959年)
    • 第124話「白昼の恐怖」(1960年)
    • 第138話「逃亡十二年」(1960年)
    • 第142話「恐怖の置き土産」(1960年)
    • 第180話「白毛橋の対決」(1961年)
    • 第196話「白昼強奪事件」(1961年)
    • 第240話「自首」(1962年)
  • 灯、今も消えず / 坂本竜馬(1958年、NTV
  • 鶴田浩二アワー / 婦系図(1959年、NTV)
  • ヤシカゴールデン劇場 / 曾我兄弟(1959年、NTV)
  • 東芝土曜劇場(CX)
    • 第20回「投影」(1959年)
    • 第51回「殺意の影」(1960年)
    • 第68回「第三の男」(1960年)
    • 第74回「透明な暗殺」(1960年)
    • 第131回「破戒裁判」(1961年) - 小島
  • NECサンデー劇場 / うぐいす侍(1959年、NET)
  • 指名手配(NET)
    • 第1回「医博一家強殺事件」(1959年)
    • 第44回「養母殺し」(1960年)
    • 第105回「浜の土工殺し」(1961年)
  • 人生はドラマだ(NTV)
    • 第8回「近藤勇」(1959年)
    • 第21回「西郷隆盛」(1960年)
  • 三菱ダイヤモンド劇場 / 小指(1960年、CX)
  • 剣豪秘伝(NET)
    • 第3回「諸岡一羽の三人の弟子」(1960年)
    • 第29・30回「神子上典膳」(1960年)
    • 第51回「沖田総司」(1960年)
  • ここに人あり 第124回「みなし児と生きる」(1960年、NHK)
  • これが真実だ(CX)
    • 第12回「江戸城明け渡し」(1960年) - 西郷吉之助
    • 第30回「玉音盤奪取事件」(1960年) - 阿南惟幾
    • 第42回「清水次郎長」(1960年)
    • 第46回「赤穂浪士討ち入りの件」(1960年)
  • ゴールドステージ / 雨あがる(1960年、NTV)
  • ゴールデン劇場(NTV)
    • 戦国非情(1960年)
    • さらば厭しきもの(1960年)
    • さし銭五百文(1960年)
    • 妻こそわがすべて(1961年)
  • この空の下に 第17回「学帽と前掛」(1960年、NTV)
  • 廻れ人生 第27回「戦国無情」(1960年、NTV)
  • 名勝負物語 第7・8回「女侠剣豪伝」(1960年、NTV)
  • (CX)
    • 第7回「阿地川盤獄」(1960年)
    • 第27回「妻敵討」(1961年)
  • 夫婦百景 第143回「高砂夫婦」(1961年、NTV)
  • プリンススリラー劇場 / 光と影(1961年、CX)
  • テレビ劇場(NHK)
    • 孤影(1961年)
    • おやじ(1961年)
  • あすをつげる鐘 / ゆらぐ大地に生きる・北海道壮瞥村の人々(1961年、NHK)
  • 恐怖のミイラ(1961年、NTV) - 板野博士
  • シャープ火曜劇場 第19回「嵐」(1962年、CX) - 林
  • 純愛シリーズ 第41回「愛は血を越えて」(1962年、TBS)
  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第298回「東京一淋しい男」(1962年)
    • 第324回「脚光」(1963年)
    • 第544回「メロンとケーキ」(1967年)
  • 人生の四季 第67回「腐っても鯛」(1962年、NTV)
  • こども名作座 / 天狗のお面(1962年、NHK) - おじいさん
  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 第39回「凶器」(1963年、NHK)
  • 近鉄金曜劇場(TBS)
    • やきもの師(1963年)
    • ばんだい先生(1963年)
  • 講談ドラマ(NHK)
  • 浪曲ドラマ(NHK)
    • 不如帰(1963年)
    • 多助江戸日記 塩原多助一代記より(1963年)
  • 七人の刑事(TBS)
    • 第129話「いぬ」(1964年)
    • 第200・201話「発掘」(1965年)
    • 第217・218話「闇をのがらえて」(1966年)
    • 第234・235話「黙秘犯人」(1966年)
    • 第294話「死刑囚」(1967年)
    • 第377話「銃口を向ける時」(1969年)
  • 夜の十時劇場 / 蒼き狼(1964年、NTV)
  • 判決(NET)
    • 第87話「事件の成立」(1964年)
    • 第141話「手術」(1965年)
    • 第172話「負け犬の遠吠え」(1966年)
    • 第198話「この道だけは」(1966年)
  • 風雪(NHK)
    • 富の足音(1964年) - 敬之進
    • 鉄の神様 本多光太郎(1965年) - 本多光太郎
  • 徳川家康(1964年、NET
  • 特別機動捜査隊 第198話「戦争の傷あと」(1965年、NET)
  • 大河ドラマ(NHK)
  • ザ・ガードマン 第73話「挑戦」(1966年、TBS
  • ある勇気の記録(1966年 - 1967年、NET) - 江戸川組長
  • 三匹の侍 第4シリーズ 第7話「刺客」(1966年、CX) - 大垣典膳
  • 日産スター劇場 / メリーという名の女(1967年、NTV)
  • 白い巨塔(1967年、NET) - 大河内教授
  • 剣(NTV)
    • 第12回「残雪」(1967年)
    • 第37回「俺は陰陽師」(1967年) - 春秋
  • 第14話「孤剣春を行く」(1968年、TBS)
  • お庭番 第13 - 16回「鎖」(1968年、NTV)
  • バンパイヤ 第16話「人間狩り」・第17話「パンク・マシン大作戦」(1968年、CX) - 政治家
  • 大奥(1968年、KTV) - 徳川光圀
  • あゝ忠臣蔵(1969年、KTV) - 林順斎
  • 東京バイパス指令 第35話「幽霊船」(1969年、NTV)
  • 柳生十兵衛 第19話「南国慕情」(1971年、CX) - 鶴松彦三郎
  • 天下御免(1971年、NHK)
  • 徳川おんな絵巻 第46話「生きていた霊魂」・第47話「呪われた美女」(1971年、KTV) - 篠塚采女
  • 大忠臣蔵 第9話「大評定」(1971年、NET) - 戸田源五右衛門
  • ポーラテレビ小説 / お登勢(1971年、TBS) - 津田頼母
  • 天皇の世紀 第6話「異国」(1971年、ABC) - 重役
  • おらんだ左近事件帖 第4話「黒い瓦板」(1971年、CX)
  • 鬼平犯科帳(松本幸四郎) 第2シリーズ 第1話「剣客」(1971年、NET) - 松尾喜兵衛
  • 荒野の素浪人 第38話「来襲 死の虚無僧軍団」(1972年、NET)
  • 紫頭巾 第12話「この女一万両なり」(1972年、12CH) - 真鍋玄斎
  • 水戸黄門(TBS / C.A.L
    • 第3部 第28話「暗雲晴れて -薩摩・江戸-」(1972年6月5日) - 司馬丹兵衛
    • 第7部 第6話「武士道無明 -盛岡-」(1976年6月28日) - 厨川忠兵衛
  • 大岡越前 第3部 第3話「天下の果し合い」(1972年6月26日、TBS / C.A.L) - 生沢頼母
  • 快傑ライオン丸 第40・41話(1972年、CX) - 桃雲斎(ゴースンの兄)
  • 冬物語 第16話「誓いの京都」(1973年、NTV) - 老僧
  • 女・その愛のシリーズ / 残菊物語(1973年、NET)
  • 旅人異三郎 第26話「惜別の舞に心が騒いだ」(1973年、12CH) - 弥之助
  • 荒野の用心棒(NET / 三船プロ
    • 第7話「鷲ノ巣谷に死の影が走って…」(1973年) - 刀鍛冶・定吉
    • 第25話「廃墟の宿に母恋唄が聞えて…」(1973年) - 研師・弥兵衛
  • 流星人間ゾーン 第18話「指令『日本列島爆破せよ』」(1973年、NTV) - 特殊化学工業研究所・所長
  • いただき勘兵衛 旅を行く 第13話「血気が一気に消えたとさ」(1974年、NET) - 岡崎彦右ヱ門 / 半左ヱ門(二役)
  • 非情のライセンス(NET / 東映)
    • 第1シリーズ 第45話「兇悪のスキャンダル」(1974年) - 大河原
    • 第1シリーズ 第52話「兇悪」(1974年) - 佐島耕造
    • 第2シリーズ 第18話「兇悪の父子」(1975年) - 内海弁護士
    • 第2シリーズ 第44話「兇悪のヌード」(1975年) - 監察官
    • 第2シリーズ 第64話「兇悪の失恋」(1976年) - 行田伝十
    • 第2シリーズ 第84話「兇悪の死刑執行人」(1976年) - 金城鉄山
    • 第2シリーズ 第113・114話「男(前・後編)」(1977年) - 志村大二郎
  • 大江戸捜査網12ch / 三船プロ)
    • 第130話「さらば珊次郎」(1974年) - 堀田典膳
    • 第155話「逆転 隠密同心!」(1974年)
    • 第253話「涙で斬った地獄花」(1976年) - 笠井
    • 第310話「遊女流転! 女義賊の謎」(1977年) - 桑原全翁
    • 第327話「身代り親娘 涙の絶唱」(1978年) - 石出帯刀
    • 第378話「怪盗組織の罠を暴け」(1979年)
  • 助け人走る 第35話「危機大依頼」(1974年、ABC) - 市造
  • 運命峠 第21話「葵の血の色」(1974年、KTV) - 豊島四郎基成
  • 仮面ライダーX 第25話「謎の怪盗カブト虫ルパン!!」(1974年、MBS) - 堂本博士
  • 白い牙 第21話「裸の値段」(1974年、NTV) - 関東城西会会長
  • ふりむくな鶴吉 第2話「暗闇坂」(1974年、NHK)
  • 鞍馬天狗 第3話「新選組始末」(1974年、NTV / 東宝) - 六左衛門
  • 日本沈没(1974年 - 1975年、TBS) - 山城教授
  • 燃える捜査網 第12話「土曜日を待て!」(1975年、NET)
  • 斬り抜ける 第20話「作州炎上」(1975年、ABC / 松竹) - 桂木筑後
  • 痛快! 河内山宗俊 第18話「雪に舞う女の絵草紙」(1976年、CX) - 葛飾北斎
  • 影同心II 第20話「罠に泣く女の黒髪」(1976年、MBS) - 忠太夫
  • 夫婦旅日記 さらば浪人 第8話「青葉の宿」(1976年、CX)
  • 赤い運命 第19話「父の決断の時は来た」(1976年、TBS) - 河野総一郎
  • 忍者キャプター(12ch / 東映)
    • 第14話「火忍キャプターは二度死ぬ」(1976年)
    • 第37話「天堂無人の最後」~第43話「暗闇忍堂の最期」(1976年 - 1977年) - 戸隠白雲
  • 日本の戦後(NHK)
    • 第2話「サンルームの二時間 憲法GHQ案の衝撃」(1977年) - 野村淳治
    • 第6話「くにのあゆみ 戦後教育の幕あき」(1977年) - 安倍能成
    • 第8話「審判の日 極東国際軍事裁判」(1978年) - 清瀬一郎
  • 土曜ドラマ / 男たちの旅路 第3部 第1話「シルバー・シート」(1977年、NHK) - 高田院長
  • 桃太郎侍(NTV / ユニオン映画)
    • 第41話「怒りの刃を振り上げろ」(1977年) - 松村鉄翁
    • 第53話「じゃじゃ馬剣法」(1977年) - 神尾成政
  • 土曜ワイド劇場ANB
    • 新幹線殺人事件(1977年)
    • 目撃者なし(1978年)
  • あにき 第9話(1977年、TBS) - 三枝銀次
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍(ANB / 東映)
    • 第34話「嵐の中に舞う女」(1978年) - 梅川扇十郎
    • 第48話「極楽風呂に地獄を見た」(1979年) - 石河主計頭
  • 太陽にほえろ! 第312話「凶器」(1978年、NTV)
  • 特捜最前線(ANB / 東映)
    • 第36話「傷痕・夜明けに叫ぶ男」(1978年)
    • 第121話「マニキュアをした弁護士!」(1979年) - 大庭泰介
  • 大都会 PARTIII 第44話「テロルの仮面」(1979年、NTV) - 桐山要蔵
  • 騎馬奉行 第17話「大泥棒 赤猫の伊平」(1980年、KTV)
  • ザ・スーパーガール 第51話「時限爆弾 タイムリミット1分前」(1980年、12ch
  • 木曜ゴールデンドラマYTV
  • 火曜サスペンス劇場 / 悪魔が忍び込む(1985年、NTV / 東映)

著作[編集]

  • 『慶安太平記後日譚』、塩川書房、1930年 ※落合三郎名義
  • 『風雪新劇志 わが半生の記』、現代社、1961年

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木孝丸KINENOTE、2014年12月6日閲覧
  2. ^ a b c キネマ旬報1979、p.239
  3. ^ a b c d 塩田庄兵衛『日本社会運動人名辞典』、青木書店、1979年、p.278
  4. ^ a b c 『「種蒔く人」の潮流 世界主義・平和の文学』、文治堂書店、1999年、p.181
  5. ^ a b 地域の本棚 二 坂出・丸亀周辺を行く
  6. ^ 山田清三郎『プロレタリア文化の青春像』、新日本出版社、1983年、p.79
  7. ^ a b キネマ旬報1979、p.240
  8. ^ 佐々木孝丸、新撰 芸能人物事典 明治~平成、コトバンク、2014年12月6日閲覧
  9. ^ 日本俳優連合30年史 佐々木考丸理事長にバトンタッチ日本俳優連合公式サイト、2014年12月6日閲覧
  10. ^ 日本俳優連合30年史 理事長の交代、日本俳優連合公式サイト、2014年12月6日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]