日本の黒幕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の黒幕
監督 降旗康男
脚本 高田宏治
出演者 佐分利信
音楽 鏑木創
撮影 中島徹
編集 市田勇
配給 東映
公開 日本の旗 1979年10月27日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本の黒幕』(にほんのフィクサー)は、1979年公開の日本映画東映京都撮影所製作、東映配給。佐分利信主演、降旗康男監督。タイトルは『日本の黒幕』と書いて"にほんのフィクサー"と読む[1][2]。『日本の黒幕(フィクサー)』と表記されることもある[3]。 

概要[編集]

1976年から世間を騒がせていたロッキード事件にヒントを得て、田中角栄児玉誉士夫をモデルとして日本の右翼組織と政財界の癒着を描く[4]1977年から1978年にかけて製作された『日本の首領シリーズ』の三作品にいずれも児玉のモデルが登場することから、その延長線上にある映画といえる[5]。当初、監督は大島渚で進められたが、脚本の最終段階で大島が降板した映画としても知られる[6][7]。本作『日本の黒幕』と『日本の首領シリーズ』、『日本の仁義』(1977年)は、当時の東映の宣材に「日本3部作」と書かれ[8]、「日本の〇〇」シリーズとも呼ばれる[9]

あらすじ[編集]

一国の総理とそれを作り上げたフィクサーが、同時に航空機売り込みに関する不正事件で、外為法違反、脱税容疑で追及される。日本の政治を影で動かすフィクサーの存在、その家族の異様な生活、少年テロリストとの奇妙な関係、関西ヤクザとの対決を軸に政界・財界・暴力社会を掌握するフィクサーの存在と実態を鋭く抉る。

出演[編集]

スタッフ[編集]

製作経緯[編集]

企画[編集]

「日本の首領シリーズ」をヒットさせた日下部五朗が、大島渚ヤクザ映画を撮ってもらいたいと、いくぶん政治的なものがいいだろうと「日本の首領シリーズ」で取り上げた児玉誉士夫をモデルにした映画を企画し[10][11]、「大島渚、『日本の黒幕』、お客が来ますよ」などと大島を口説いた[12]。大島は『仁義なき戦いシリーズ』の緻密な分析を行うなど[13][14]、ヤクザ映画に対するシンパシーを表明していた[4][10][13]。当時の大島は1976年の『愛のコリーダ』、1978年『愛の亡霊』で国際的な知名度を高めていた時期だった[4][15]。編成上、1979年の10月末の公開が先に決まっていて取り掛かりが遅く、大作の割りに時間がなかった[10]。児玉誉士夫は、自身もモデルとして登場する1974年の『あゝ決戦航空隊』(山下耕作監督)で東映の試写会に訪れ、観劇後に倒れたことがあり、東映の幹部とは面識があった[10][16]

脚本[編集]

高田脚本・大島監督[編集]

高田宏治が「フィクサーの暗殺を狙う足の悪い少年がフィクサー宅に侵入するが、監禁されやがて暗殺者に育てられていく」という構想を大島に伝えると大島も賛同したため、脚本を完成させ大島に見せたが、「こんなつまらんものができるか!」と脚本を投げつけられた[10][11]。高田はこれに耐え、大島に「どんなものをやりたいのですか?」と聞いたら「精神を病んだ児玉誉士夫の娘が地下に監禁されて、赤い靴を履いた女の子と踊っているというイメージのようなものだ」と言われた[11]。大島の構想は闘いのドラマではなく、児玉の話とは融合しないと高田は考え、大島が「高田の脚本ではやれない」というので高田が降板し、大島は内藤誠を京都に呼んで、大島と内藤の共同で脚本を書き始めた[6][10][11]。  

大島内藤共同脚本・大島監督[編集]

大筋は大島があらかじめ拵えており、内藤は細部を埋めていく作業をした[4]。この時点で美術は戸田重昌が、アクションは崔洋一というスタッフ配分が非公式に決まっていた[4]。しかしラストシーンが決まらず[6]、日下部がアドバイスしたが「その終わり方だとぼくの映画にはならない」と拒否した[10]四方田犬彦は『大島渚著作集』の解説で、締め切り日になっても二人が納得のいくところまで脚本が完成せず、東映は「あと、五日、いや三日」という脚本家の要求を無下に拒絶した、そこで大島が旅館の卓をひっくり返し、すべての企画が中止になった、東映はただちに代打監督を起用したと書いている[4]。日下部は、大島は時間切れでさっさと京都から引き上げていった、封切に間に合わないため、急遽、大島に叩きつけられた高田に再び脚本の仕上げを頼んで、降旗康男に監督を交代させ何とか公開日に間に合わせた、などと話している[10]。本作の助監督・土橋亨(本来の"土"表記は"圡")は「休暇を取って四国の田舎でのんびりしてたら、岡田茂さんから電話がかかってきて『おい、土橋、お前撮れ』て、言われたんで、すぐ帰って『さあ、やろう』と思っていたら、主演の佐分利信さんが『(監督が)こんな若い奴では、俺はできない』と言うので、どんでん返しで降板になったんです。それで、監督が降さんになったんで、僕はチーフ助監督をやることになった」と話している[17]。大島は『シナリオ』1983年10月の大森一樹との対談で、「その頃『戦場のメリークリスマス』の脚本が入ってきて、こちらも上手くいかず、それで(『日本の黒幕』の方を)やめたいと岡田茂東映社長に言ってくれと言っても誰も言わないから、それで非常手段で、昔だったらやっていた。でもやって『天草四郎時貞』になるんなら止めたほうがいいでしょ、と岡田社長に頼んで、結局やめた」と話している[12]。四方田は「もし原案の企画通り大島作品として完成していれば、東映映画としても異色の大作として記憶されたであろうし、1980年代の大島の方向にも大きな変化がもたらされていたかと想像すると、実に残念である」と述べている[4]。採用されなかった大島と内藤の共同脚本は内藤が長く保管し、2008年の『大島渚著作集』第三巻に掲載された[6]

高田脚本・降旗監督[編集]

大島と内藤の共同脚本は東映にコピーがあり、内藤に降旗から電話があり、「あなたたちの台本から使ってしまうところがあるかもしれないがいいか?」と訊かれ承諾した[6]。高田は「大島が脚本を投げ、降旗が撮ったため不思議なムードの映画になった。今でもファンは多い。よくぞこんな映画が作れたと思う。何しろ映画の中で田中角栄が殺されるのだ。今ではとても無理だろう」などと述べている[11]

キャスティング[編集]

主演の佐分利信は『日本の首領シリーズ』でヤクザ映画に初出演したが他は、田村正和佐々木孝丸内藤武敏有島一郎らが脇を固めており、従来の東映ヤクザ映画とは違い、ヤクザ映画のパターンから外れている[5]任侠路線実録路線、その折衷である「日本の〇〇」シリーズなど、15年駆け抜けてきた東映ヤクザ映画が、その行き先を目指して一種の政治内幕劇に辿り着いたのが本作である[5]

美術[編集]

チーフ助監督の土橋亨の父が児玉誉士夫と戦後に少し付き合いがあって、児玉邸の地下にあった美術館内を見たことがあり、その話を参考に小道具にそっくりな美術品を作らせた[17]

興行[編集]

本作の最大の目玉は大島監督で[18]大いに話題を呼ぶはずだったが、監督の交代もあって興行は振るわず[5][18]。「日本3部作」は、東映が大作路線に方向転換を始め模索する中で生まれた東映ヤクザ映画新シリーズだったが[8]、本作をもって「日本3部作」「日本の〇〇」シリーズは早くも終幕している[5]

脚注[編集]

  1. ^ 日本の黒幕 - 日本映画情報システム
  2. ^ 『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』ぴあ、1998年、517頁。ISBN 4-89215-904-2 
  3. ^ 日本の黒幕(フィクサー)/東映チャンネル
  4. ^ a b c d e f g 大島渚四方田犬彦 『大島渚著作集〈第3巻〉わが映画を解体する』現代思潮新社、2009年、290-292頁。ISBN 9784329004611 
  5. ^ a b c d e 大高宏雄 『仁義なき映画列伝』鹿砦社、2002年、215-216頁。ISBN 978-4846306366 
  6. ^ a b c d e あの暑かった夏のこと 内藤 誠 - 日本映画監督協会 - Directors Guild of Japan内藤誠 『監督ばか』彩流社、2014年、154-160頁。ISBN 978-4-7791-7016-4 
  7. ^ 「日本の黒幕<フィクサー>」ゲスト 高田宏治さん - 朝日映劇Presents
  8. ^ a b 高田宏治 『東映実録路線 最後の真実』メディアックス、2014年、146頁。ISBN 978-4-86201-487-0 
  9. ^ 山平重樹 『任侠映画が青春だった 全証言伝説のヒーローとその時代徳間書店、2004年、266頁。ISBN 978-4-19-861797-4 
  10. ^ a b c d e f g h 日下部五朗 『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年、122-125頁。ISBN 978-410333231-2 
  11. ^ a b c d e 高田宏治 『東映実録路線 最後の真実』メディアックス、2014年、156-157頁。ISBN 978-4-86201-487-0 
  12. ^ a b 「大森一樹 シネマラウンジ(最終回) ゲスト・大島渚 《映画監督は神の真似、不遜な行為かー》」 『月刊シナリオ』日本シナリオ作家協会、1983年10月、5-6頁。 
  13. ^ a b 四方田犬彦 『大島渚と日本』筑摩書房、2010年、114-118頁。ISBN 978-4-480-87362-0 
  14. ^ 「日本映画紹介」『キネマ旬報』1975年4月上旬春の特別号、 130-131頁。
  15. ^ その横顔 - 大島渚プロダクション
  16. ^ 山下耕作・円尾敏郎 『将軍と呼ばれた男:映画監督山下耕作』ワイズ出版、1999年、162頁。ISBN 4-89830-002-2 
  17. ^ a b 杉作J太郎植地毅 『東映実録バイオレンス 浪漫アルバム』徳間書店、2018年、193頁。ISBN 978-4-19-864588-5 
  18. ^ a b 佐藤忠男山根貞男責任編集 『シネアルバム(77) 日本映画1980 1979公開日本映画全集』芳賀書店、1980年、189頁。 

外部リンク[編集]