吉宗評判記 暴れん坊将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉宗評判記 暴れん坊将軍
ジャンル 時代劇
放送期間 1978年1月7日1982年5月1日(207回)
放送国 日本の旗 日本
プロデューサー 小沢英輔
出演者 松平健
横内正
春川ますみ
龍虎
有島一郎
北島三郎
ナレーター 若山弦蔵
オープニング 暴れん坊将軍のテーマ
エンディング 炎の男:(北島三郎
テンプレートを表示

吉宗評判記 暴れん坊将軍(よしむねひょうばんき あばれんぼうしょうぐん)では、テレビドラマ『暴れん坊将軍』の第1シリーズで放送された放映タイトルおよび各話スタッフを列挙する。

概要[編集]

1978年1月7日1982年5月1日 全207話。第108話「将軍に命令する男」はマスターフィルムの状態が不良のため欠番だったがフィルムを発見。全207話がハイビジョン化され2014年4月から時代劇専門チャンネルで放送中。[1]

スタッフ[編集]

レギュラー[編集]

  • 徳川吉宗: 松平健
    江戸幕府第八代目将軍であり、この作品の主人公。元々は紀州藩主だった。城下町では将軍という身分を隠し、貧乏旗本の三男坊・徳田新之助と名乗っている。初期の頃は、飲み代に小判を置いていくなどの世間知らずな行動が目立った(第1話~第3話)。男前な為、たまに女性ゲストと良い雰囲気になる回もあるが、結局振られるか悪人に殺されるかのどちらかになる。吉宗と瓜二つな人物(松平の一人二役)が登場する話もある。最終回では、享保の改革と公事方御定書に専念するため、当分外出を取りやめるというラストで締めくくっている。
  • 山下幸内浜畑賢吉(第1話~第7話、第9話~第14話、第17話、第19話、第30話)
    歯に衣着せぬ軍学者。吉宗の素性は知らないが、政治家として未熟な彼に、市井で一喝入れる。剣術にも優れ、吉宗に協力したりする。第30話を最後に、突然登場しなくなった。
  • 大岡忠相横内正(第10話~第12話、第30話、第108話を除く)
    江戸南町奉行。吉宗とは伊勢山田奉行の頃からの馴染み。第1話で松本甲斐守の悪事が発覚した後、吉宗によって南町奉行に就任する。妻なみとはおしどり夫婦。城内、奉行所内以外では主に深編み笠に着流し姿でいることがほとんどだが、遊び人・忠吉として悪事解決のために調査をする回や吉宗とともに博打に興じた回もある。
  • 辰五郎:北島三郎(第12、13、27、29、31、38、39、41、45、47、48、50、53、54、56、57、65、69、74、76、79、81、88、96、98、104、107、108、110~112、114、115、131、132、138~140、141、144、145、148、152、154、156、159、161、162、164、166、167、170、173、174、176、178、180、189、195、197、200、202話を除く)
    元は鳶職人で、第3話からめ組組頭に就任する。人情味溢れるが、同時に喧嘩っ早く吉宗に諌められることもあった。少年期は小博打ばかりして、使用人のおくめを困らせるなどややグレていた(第66話)。
  • おさい:春川ますみ
    辰五郎の女房。気が強く、辰五郎が不在の時でもめ組から頼りにされる。特技は「自称」静御前の白拍子の舞。当初は新之助を「世間知らずな呑気者」と思い込み、やや冷めた態度をとっていた。かつて病にかかっていたところを助けてくれた恩人が悪人に殺されたり(第84話)、喧嘩の仲裁に入ったはずがワルの策略により人殺しの濡れ衣を着せられたり(第122話)とおさい自身が不幸に見舞われるエピソードも存在する。
  • 藪田助八:宮内洋(第87話まで)
    将軍家庭番総支配。吉宗に従い紀州藩から転任した元根来組組頭で、配下の者たちから「御頭」と呼ばれている。市井では行商人の姿が中心で場合によっては遊び人、すり鉢僧、大工、同心の姿で活動することもある。普段から手に竹とんぼを持ち、竹羽を手裏剣のようにして投げる(これは演じた宮内のアイデア)。成敗時は薄い青の手拭いを巻き、裾の広い紺の袴を履いた青の忍者装束だったが、途中で濃い青の手拭いを巻き、縄の帯に青のパンタロン風袴に変更される。刀は逆手で斬るが、体術でも実力を発揮する。常に吉宗から信頼されており、武芸のコーチや吉宗の身代わりになって声帯模写(第65話)をしたこともあった。第87話で銃弾から吉宗を護ろうと自ら盾となって撃たれて死亡。モデルは吉宗の将軍就任に伴い、紀州藩薬込役から、御広敷伊賀者(お庭番)となった薮田定八。
  • 大月半蔵:和崎俊哉(第88話から)
    将軍家庭番総支配。五郎左衛門の命を受け、助八の後任として現れた将軍家伊賀組組頭。第81話にて紀州根来組だけが登用されることより事件が発生したことから、伊賀組併用になったと思われる。登場初期は遊び人風の姿で活動し、吹き矢にもなる仕込み槍を携帯している。成敗時は、月代の武家髷だった頃はこげ茶色の頭巾を被った黒の忍者装束だったが、第97話から青の忍者装束に変更され、第104話で総髪に変更されてからは頭巾を被らずに総髪またはポニーテールとなる。後半は雲水の姿が多くなり、仕込み杖を使用するようになる。
  • おその:夏樹陽子(第177話、第179話は除く)
    将軍家庭番総支配。紀州藩庭番(薬込)頭だった中津清右衛門の娘。助八と共に紀州藩から転任した根来組。市井では鳥追いの姿で活動し、仕込み三味線を武器にする。成敗時は黒の忍者装束。常に冷静沈着だが、大奥を「女臭い所」と評するなど男勝り。
  • 龍虎:龍虎(第32話~第56話、第58話、第62話、第72話~第74話、第76話~)
    辰五郎とは旧知の仲の元因州藩お抱え力士。八百長試合を強要されたため、逃亡しめ組に居候することになる。大銀杏と七三いなせを合わせたような髪形に紫や青い着流しでいることが多い。女好きで口が悪く、やや斜に構えているが人情家。め組では「関取」と呼ばれ、大食漢の居候でいることがあるが、時には怪力を活かして貢献する。
  • おまち:岐邑美沙子
    辰五郎の妹。新之助に惚れているが、正体が吉宗であることは知らない。当初は「新之助さん」か「新之助様」と呼んでいた。
  • 源三:園田裕久(第4話を除く)
    め組の小頭。根は真面目で責任感が強い一本気な性格。周囲から「源さん」と呼ばれ慕われている。母親と仁兵衛長屋に暮らしていたが、後に死別する。第99話で誕生日を迎えている。
  • 新吉:和崎俊哉(第3話、第21話)
    め組の小頭。当初は二人小頭制だった。第21話で大屋根の上で悪人の凶刃に倒れ、死亡した。
  • 常:阿波地大輔(第4話を除く)
    若い衆。スキンヘッドがトレードマーク。鉄、久と一緒にいることが多い。
  • 鉄:井上茂(第4話を除く)
    若い衆。女好きなお調子者。常、久と一緒にいることが多い。
  • 久:谷崎弘一(第57話、第58話、第60話~第63話、第65話~第137話、第139話~第146話、第148話~)
    若い衆。「久ちゃん」と呼ばれ、常と鉄の弟分的存在。深川の左官職人の息子と言っていたが、後に大森村の漁師の息子で16歳の時に家出し、深川で大工修行していたことがわかった。
  • 山田朝右衛門/一色十郎太:栗塚旭(準レギュラー)
    浪人一色十郎太として新之助(吉宗)をサポートしていたが、第37話より、山田朝右衛門として将軍家御試(おためし)御用に就任。将軍家や大名旗本の刀剣の目利きをしている。
  • 尾張大納言宗春中尾彬(第1話、第9話、第20話ほか)
    将軍家継承戦に敗れたことから、表向きは将軍に忠誠を誓うも裏では事あるごとに吉宗失墜を狙って悪事を画策する。
  • 吉宗生母・お由利の方:丹阿弥谷津子(第4話)・中村玉緒(準レギュラー)
  • 小石川養生所医師・小川笙船:天知茂(第2話、第15話ほか)
  • 紀州屋・お奈津:美空ひばり(準レギュラー)
    吉宗の紀州時代の知り合い。気前の良い材木屋の女将。
  • 柳の局:白木万理(第3話、第5話ほか)
    大奥御年寄。加納五郎左衛門とは互いを「嫌み蟷螂」「女狐」と呼び合う犬猿の仲だが吉宗は両者を「喧嘩友達」と言っている。実は畳職人の娘(第119話)。
  • 鷹野備前守:遠藤太津朗(準レギュラー)
    老中。頑固者で融通が利かず、殿中で会うたびに五郎左衛門と言い合いをしている。
  • 加納五郎左衛門忠久有島一郎(第19話、第22話、第42話、第68話、第189話、第192話を除く)
    御側御用取次。吉宗の教育係の側近で、城から抜け出してしまう吉宗の破天荒な行動にいつも頭を悩ませている。吉宗が将軍となってからも3000石の直参旗本のままでいる。堅物というわけではなく、軟派でコミカルな面も持ち、吉宗不在時には御庭番のおそのと花札遊びをする回もある。第20話になるまでめ組の面々とは面識がなかった。家族はおらず、休暇には江戸の街を散策している。紀州時代に一度だけ縁談話があったが、明確な答えは出さずに江戸に出てきている(第77話)。
  • おてつ:津島道子(第138話、第194話ほか)
    五郎左衛門の屋敷で働く世話係。五郎左衛門とよく口喧嘩をしたり、吉宗の事を穀潰しと呼んだりしている。
  • 酒田善右衛門:長門勇(第26話、第41話、第48話)
    かつては正義感はあるものの大酒飲みでだらしない同心だったが、腐りきっていた新宿の町と奉行所の立て直しを担った事により、吉宗の肝煎りによって内藤新宿代官に昇格した。しかし代官になってからもその性格は治らず、脇の甘いところを悪人に突かれて何度も窮地に陥った。

作品リスト[編集]

※ 量が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。

内容[編集]

  • この頃は定番の展開が確立されていない。それはこの時代劇が70~80年代の時代劇ブームの中で生まれた一つの作品として終わるはずであったためである。これに関しては出演者も言及している(重ねて言えば作品名がそれを裏付けている)。それ故か話の内容も他のシリーズとは異なることが多い。例えば悪党は大勢でなく、たった2人だったり、殺陣がなかったりしていた。また、朝右衛門の性格も異なり、「俺は用心棒」の野良犬的なキャラクターだった。
  • ここでの吉宗は若さや改革者としての面が強調されており、時には悩み、暴走したりしながらも愛する江戸の町のために奔走する彼の成長劇としての側面もあった。また初期の頃は敵地に乗り込むクライマックスのシーンでは「闇の将軍」と名乗っていた。
  • 中盤より今の形式に落ち着く。龍虎は第32話からの登場。朝右衛門は当初、一色十郎太と名乗っていた。因みに朝右衛門は当初は徳田新之助の正体は知らなかった。また、必須の存在である”め組”は第3話から誕生する。なお、IIと共に殺陣の曲は2パターンある。シリーズ一の話数を誇る。
  • 大月半蔵役の和崎俊哉は初期にはめ組関係のゲストとして出演したこともあり、その縁から前期EDでは顔見せとして登場したこともある。パート2以降も善悪役でゲスト出演した。
  • オープニング映像のタイトルと出演者紹介の文字の色は、のちのシリーズとは異なり黄色ではなく白色である。またOPで松平が乗っている馬も白馬ではなく黒馬である。
  • 当初は1クールの予定だったが、視聴者からの評判が良く、番組制作の双方プロデューサーが長く続けたいと思い、当番組によるシリーズが放送終了する2003年までに至った。

2006年10月21日に、東映ビデオより「吉宗評判記 暴れん坊将軍」初回限定生産の傑作選DVDボックスと単品DVD(全4巻)がそれぞれ発売された。詳しくは[1]

脚注[編集]