橋のない川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋のない川[1]
作者 住井すゑ[1]
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 第1部は部落問題研究所機関誌『部落』に連載[1]
第2部~第7部は書き下ろし[1]
刊行 第1部は1961年新潮社[1]
第7部は1993年新潮社[1]
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

橋のない川』(はしのないかわ)は、住井すゑが著作した小説。1部から7部まで掲載・刊行され、第8部は表題のみを残し作者のすゑが死去している。明治時代後期の奈良県のある被差別部落(小森部落)が舞台となっている。

ほとんど全編を通じて部落差別の理不尽さ並びに陰湿さが書かれている。最終的には京都市・岡崎で行われた水平社宣言をもって締めとしている。

1部から7部までの累計発行部数は800万部を超える。1969年 - 1970年と1992年の2度にわたって映画化された。

「『橋のない川』によって、人間の平等と尊厳を考えようとした若者は、とてつもない数にのぼるはずだ」(灰谷健次郎[2]と賞賛されることもあるが、「侵略戦争を扇動した西光万吉を美化した作品なのに、その問題点がまったく指摘されずにきた」(金静美)との批判の声もある[3]

あらすじ[編集]

1908年(明治41年)、大和盆地(奈良)の山村・小森。

誠太郎と孝二の幼い兄弟は、父を日露戦争で失ったが、しっかり者の祖母ぬいと心やさしい母ふでに大切に育てられる。

やがて小学校に通い始めた二人だが、そこには思いもかけぬ日々が待っていた。兄弟は小学校や路上で、ことごとにいじめられる。小森は被差別部落なのだ。

主な登場人物[編集]

字小森[編集]

畑中孝二
もの静かで思索的な男子。内気とみえて芯は激しい(モデルは木村京太郎)。
誠太郎
孝二の兄。大食いで勉強嫌いの腕白であるが、心優しい。
ふで
二人の母親であり、日露の戦役で夫を失った寡婦。孝二は母親似である。
ぬい
ふでの姑、兄弟の祖母。常に率先して働き、智慧者であり、ふでの良き相談相手。
容貌や気質から誠太郎は祖母似(或いは父親似)。
村上秀昭
学力と画才に恵まれ出自を秘匿して進学したが、差別の根深さに挫折する穢多寺の嫡子(モデルは西光万吉)。
志村かね
差別を甘受する姿勢を採りながら差別によって夫や息子を亡くし、近隣や親戚の不平を云いつづける女。
志村貞夫
孝二の終生の友。志村本家の男子。
永井藤作
窮すれば畑中家の水を盗んだり自身の娘を売る男。孝二が可愛がっていた藤作の息子の武は、失火で小森を焼いた後、周囲の蔑視に堪えきれず自害する。
しげみ
藤作の娘、とても気性が激しく、はちめろ(お転婆というより暴れん坊の女子)と呼ばれる。

つまり被差別部落が完璧な人格揃い、という美化の設定や描写は為されていない。

小森外の坂田村[編集]

佐山仙吉
坂田村庄屋の男子。畑中兄弟を執拗に迫害する。
松崎豊太
船場商人の妾腹の息子。誠太郎の終生の友となる。
柏木はつ
孝二の大好きな教師。じつは差別を容認していた。
江川先生
誠太郎の大好きな教師。差別を決して容認しなかったが夭折。
杉本まちえ
坂田村旧家の生まれ。密かに彼女へ憧れていた孝二の手を夜間握った理由が、エッタの身体は夜だけ蛇のように冷たくなると大人はいうけど本当か、という残酷な興味本位であった。この場面、のちに事由が明かされる場面、孝二の動揺と苦悩、まちえの悔恨、などと作中通じたクライマックスへ繋がる。けっきょく孝二を愛する彼女は終生結婚しないまま孝二への真実を誓う。

坂田村外[編集]

峰村七重
畑中兄弟の従妹で、人形のような美貌をもつ。好奇心旺盛で周りを閉口させる。
孝二の優しさや知性に心酔している。後に松崎豊太を愛するが、意志を以って部落民の男と結婚した。
西沢和一
ふでの甥。ごりがん(無茶な一徹者)と呼ばれるが、明るくて気分のよい男。
安井家
峰村の親戚。出自を秘匿し大阪玉造で堅実な米商として成功、のち誠太郎を後継者とする。安井米店の悲喜こもごもな経験が誠太郎を強くたくましく成長させる。

映画版[編集]

本作には大きく分けて2つの映画版が存在する。1969年から1970年今井正が監督を務めた映画(「第一部」「第二部」の2本)と、1992年東陽一が監督を務め、ガレリア・西友共同で製作された映画である。

前者は、社会主義リアリズム巨匠であった今井が自ら映画化を企画し、大手製作会社に断られるなどの苦労の末に完成にこぎつけた[4]。第一部は当初部落解放同盟の推薦を受け[5]、海外で映画賞を受賞するなど高い評価を受けたが、やがて第二部製作中に日本共産党と部落解放同盟の関係が悪化するに至ると、監督の今井が日本共産党員として部落解放同盟の敵視を受けるようになり、部落民の描写などについて、当時の部落解放同盟幹部(朝田善之助ら)がクレームをつけはじめた[4]。それに伴い、第一部も遡って「差別映画」の烙印を押されるようになる[5]。また当初は三部構成を考えていたが、部落解放同盟からの妨害がさらに激しさを増したため二部と三部を合体させて、二部を製作せざるをえなくなった。

そのような騒動のさなか、広島での上映会で本作を見た女子学生が自殺するという事件が起こり[6]、部落解放同盟側はこの映画を「差別助長映画」として徹底した上映阻止キャンペーン(過激派学生による上映会場襲撃など)を展開することになる[7]。この結果、本作は上映される機会が減り、ソフト化もされないという状況が長く続いた。その後、2004年には第一部・第二部ともにDVD化されており、現在では見ることは容易になっている。また、上記のキャンペーンは当時の部落解放同盟による日本共産党批判の具にされたという見方も今日では強い。原作者である住井は、原作との違いなどを理由に批判する立場ではあったが、観るべき作品という一定の評価は与えており、観ずに「差別映画」と騒ぐ人間には映画以上に批判的であった[8]

一方、東陽一監督版は、部落解放同盟が映画化を企図して東を監督に起用したものである[4]。音楽にボリビアチャランゴ奏者エルネスト・カブールを起用したことでも知られている。配給収入は12億円[9]

今井正監督版[編集]

橋のない川[10]
監督 今井正[10]
脚本 脚色八木保太郎[10]
原作 住井すゑ[10]
製作 今井正、内山義重[10]
音楽 間宮芳生[10]
撮影 中尾駿一郎[10]
編集 青山一郎[10]
製作会社 ほるぷ映画[10]
公開 1969年2月1日[10]
上映時間 127分[10]
製作国 日本の旗 日本[10]
次作 橋のない川 第二部
テンプレートを表示
橋のない川 第二部[11]
監督 今井正[11]
脚本 佐治乾、今井正[11]
原作 住井すゑ[11]
製作 今井正、内山義重[11]
音楽 間宮芳生[11]
撮影 中尾駿一郎[11]
編集 青山一郎[11]
製作会社 ほるぷ映画[11]
公開 1970年4月25日[11]
上映時間 140分[11]
製作国 日本の旗 日本[11]
テンプレートを表示

第一部・第二部共通の登場人物

第一部のみの登場人物

第二部のみの登場人物

ソフト化

「橋のない川 第一部」「橋のない川 第二部」2004年11月26日発売 販売元:エースデュース
  • 下記のDVD-BOXにも収録
「独立プロ名画特選 DVD-BOX 4 社会編~差別と偏見の中で~」2005年11月25日発売 販売元:イーネット・フロンティア JAN:4562102154952
『キクとイサム』『橋のない川第一部』『橋のない川第二部』の3作品収録

東陽一監督版[編集]

橋のない川[12]
監督 東陽一 [12]
脚本 東陽一 、金秀吉[12]
原作 住井すゑ[12]
製作 山上徹二郎、山口一信[12]
製作総指揮 川口正志、高丘季昭[12]
音楽 エルネスト・カブール[12]
撮影 川上皓市[12]
編集 井上治[12]
製作会社 ガレリア=西友提携[12]
配給 東宝[12]
公開 1992年5月23日[12]
上映時間 139分[12]
製作国 日本の旗 日本[12]
配給収入 12億円
テンプレートを表示

登場人物

エキストラの子役には奈良県磯城郡三宅町立三宅小学校の児童が出演している。

ソフト化

「東陽一作品 DVD-BOX 1」2009年09月26日発売 販売元:紀伊國屋書店 JAN:4523215037952
『橋のない川』『絵の中のぼくの村』『ボクの、おじさん』の3作品収録

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 古林尚. “橋のない川 はしのないかわ”. 日本大百科全書. 小学館. 2017年7月16日閲覧。
  2. ^ 『朝日新聞』大阪本社版、1997年6月18日夕刊、p.5
  3. ^ 『Ronza』(1995年8月号)「戦後50年 文筆者、出版・新聞の戦争責任」
  4. ^ a b c 灘本昌久 (1993年4月). “「映画『橋のない川』上映阻止は正しかったか 今井正版・東陽一版を見て」”. 『第9回部落問題全国交流会報告書』. 部落問題全国交流会事務局. 2017年7月16日閲覧。
  5. ^ a b 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.119
  6. ^ 「『幻の12話』を20年間追い続けた男」『別冊宝島 映画宝島vol.2 怪獣学・入門!』JICC出版局、1992年。
  7. ^ 吉村和真・表智之・田中聡『差別と向き合うマンガたち』(臨川書店、2007年)には、「映画『橋のない川』上映阻止運動の大きな契機として、映画をみた部落出身者が自殺したという事件があった」(p.235)と記されている。
  8. ^ [1]
  9. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)514頁
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 橋のない川(1969)”. キネマ旬報映画データベース. キネマ旬報社. 2017年7月16日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 橋のない川 第二部(1970)”. キネマ旬報映画データベース. キネマ旬報社. 2017年7月16日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 橋のない川(1992)”. キネマ旬報映画データベース. キネマ旬報社. 2017年7月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]