激動の昭和史 沖縄決戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
激動の昭和史 沖縄決戦
監督 岡本喜八(本篇)
中野昭慶(特撮)
脚本 新藤兼人
製作 藤本真澄
針生宏
出演者 小林桂樹
丹波哲郎
仲代達矢
音楽 佐藤勝
撮影 村井博(本篇)
富岡素敬(特撮)
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1971年7月17日
上映時間 149分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 激動の昭和史 軍閥
次作 海軍特別年少兵
テンプレートを表示

激動の昭和史 沖縄決戦』(げきどうのしょうわし おきなわけっせん)は、1971年7月17日に公開された日本の戦争映画カラーシネマスコープ

概要[編集]

太平洋戦争末期の沖縄での戦いを描いている『東宝8・15シリーズ』の第5作[1]

陸戦の描写が中心となるため特撮はそれまでの戦記映画よりも少ないが、1/1100スケールの沖縄全島セットや1/200スケールの戦艦大和のミニチュアなどが造られた[1]

M41軽戦車は木製の実物大模型のほか、自衛隊の中古車輌も併用された[1]

スタッフ[編集]

本篇[編集]

特殊技術[編集]

特殊視覚効果[編集]

キャスト[編集]

第三十二軍司令部

第二十四師団

第六十二師団

独立混成第四十四旅団

大本営

台湾第十方面軍

海上挺身隊

義烈空挺隊

武剋隊

男子師範斬込隊

対馬丸

ひめゆり部隊

健児隊

神山島斬込隊

小禄海軍陸戦隊

戦艦大和

第五航空艦隊

沖縄県庁

南風原陸軍病院

その他

ノンクレジット出演者

出典[編集]

  1. ^ a b c 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、223頁。ISBN 4766927060

外部リンク[編集]