M41軽戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M41ウォーカー・ブルドッグ軽戦車
M41-walker-bulldog-tank.jpg
性能諸元
全長 8.212m
全幅 3.198m
全高 2.726m
重量 23.224t
懸架方式 トーションバー方式
速度 72.42km/h
行動距離 161km
主砲 60口径76.2mmライフル砲M32×1
副武装 12.7mm重機関銃M2×1
7.62mm機関銃M1919A4×1
装甲 砲塔防盾 38mm
砲塔側・後面 25.4mm
車体下部前面 75mm
車体上部前面 25.4mm
車体側面 29-25mm
車体後面 13mm
エンジン コンチネンタル AOS 895-3
4ストローク水平対向6気筒空冷スーパーチャージドガソリンエンジン
500hp(373kW)
乗員 4名
テンプレートを表示

M41ウォーカー・ブルドッグ軽戦車(エム41ウォーカー・ブルドッグけいせんしゃ)は、アメリカ合衆国が開発した軽戦車である。

愛称の“ウォーカー・ブルドッグ”は朝鮮戦争で第8軍の初代指揮官としての任務中、交通事故死したウォルトン・ウォーカー中将にちなんで名付けられた。

概要[編集]

1946年ゼネラルモーターズ社がM24軽戦車の後継として開発し、アメリカ陸軍を中心に西側諸国で広く使用された軽戦車である。

日本陸上自衛隊においても1960年代初頭から1980年代初期まで装備され、国産の61式戦車の配備が進むまでは、M24軽戦車及びM4中戦車と並ぶ自衛隊の主力戦車の一つであった。

開発・生産[編集]

試作型 T41
砲塔にはM47中戦車と同じくステレオ式測距儀が装備されている
画面中央、砲身の下に立っている人物はトルーマン大統領
(1951年2月17日の撮影)

T37の名称で試作が開始され、フェイズI、II、IIIという3種類の異なる試作車が製作された。 これらのテスト結果を受けて、フェイズIIの各部に改良を図った試作車がT41'と改称され、3輌が製作された。T41は先行生産車の試験結果を待たずして100輌が発注されたが、同年6月には朝鮮戦争が勃発し、T41の初期生産車が実地試験を兼ねて朝鮮戦争に投入された。

実戦での運用の結果、装備されたステレオ式測距儀の不具合を筆頭に多くの問題が指摘され、これを受けて既存生産分以外のT41の発注は取り消され、照準装置を従来型のものとし、砲塔も内部容積に余裕のある大型のものとしたT41E1が改めて開発され、1953年5月に「M41軽戦車」(76mm Gun Tank M41)」として制式化された。

M41の生産はゼネラルモーターズ社の傘下キャデラック社が行なった。生産型第1号車は1953年半ばに完成し、以後1,802輌が生産された。生産はその後砲架を改良し、AOS 895-3空冷ガソリンに変更したM41A1軽戦車に移行。さらにエンジンをAOSI 895-5に変更したM41A2、M41A3に改修され、最終的には5,500輌近くが生産された。

配備・運用[編集]

中華民国陸軍の戦車学校公開イベントにて展示されるM41D
クーデターでバンコクに展開したタイ王国陸軍所属のM41

M41は試作車両であるT41が開発中に朝鮮戦争に投入されたものが実戦における運用の初である。

折しも朝鮮戦争が勃発した当時、朝鮮半島でアメリカ陸軍機甲部隊が装備していた戦車は、第二次世界大戦末期に配備が開始されたM24軽戦車であった。これは、当時アメリカで使用されていた軽戦車としては最高の物であったが、対する北朝鮮軍主力戦車ソ連製のT-34-85中戦車であり、攻撃力・装甲が劣る軽戦車の限界で、対戦車・装甲車用の徹甲弾成形炸薬弾どころか、対人・対非装甲目標の榴弾で容易に撃破されてしまった。

そのため、軽戦車ながらT-34に対抗できる火力を持つと期待されていたT41は、試験終了前の1951年に生産ラインから直接戦場に投入された。結果、本車の特徴の筆頭であったステレオ式測距儀は走行時や射撃時の振動によって狂いを生じやすく、故障が多発するために実用性が極めて低いとされ、また砲塔内が狭すぎるとの評価であった。このため、改めて砲塔を再設計した量産原型車のT41E1では、照準装置を従来型の直接眼鏡及び潜望鏡式とし、砲をT91E3に変更、砲塔を容積に余裕のある形状に変更している。

M41はベトナム戦争でも実戦投入された。南ベトナム軍にも供与され、北ベトナムPT-76軽戦車やT-54戦車と戦っている。レバノン内戦でも軍や民兵によって運用されていた。

その後、アメリカ陸軍ではM551シェリダン空挺戦車が登場し、主力偵察戦車の座を譲ることになるが、28ヶ国において使用が続けられた。台湾デンマークでは旧式化したM41に近代化改修を施し、それぞれM41D、M41DK-1として採用した。

M41は軽戦車ゆえの運用のしやすさから、現在も二線級装備として保有している国がある。2006年9月19日タイで発生した陸軍によるクーデターでは、首都バンコクの各所にクーデター勢力側のM41が展開された。

日本におけるM41[編集]

日本陸上自衛隊第2次防衛力整備計画においてアメリカの無償援助による225両の取得を計画[1]し、最終的にM41A2[2] 147輌の供与を受けた。

M41は1961年よりM24に替わる形で全国の戦車部隊に配備が進めらた。国産の61式戦車が開発・配備されると61式への更新が進められたが、自衛隊に供与されたアメリカ戦車の中では最も長く装備されており、最後の車両が退役したのは61式の次世代の国産戦車である74式戦車の開発・配備以後の1983年のことである。なお、自衛隊より返還された車両の一部は台湾に再供与され、その後も使用されている。

構成[編集]

車体・防護力[編集]

M41A3の正面クローズアップ

重量19t、砲塔は圧延鋼板と鋳造部品(防盾・砲架まわり)を組み合わせて溶接した、油圧または手動で全周旋回可能な物となっている。

火力[編集]

主砲としては、新たに設計された60口径76.2mm戦車砲T91E3(T94)を採用した。これは、新型の76x580mmR弾を使用しており、これは同じ口径76.2mm砲でも、従来のM4中戦車のM1戦車砲や、M10駆逐戦車のM7戦車砲より軽量かつ射程・威力ともに勝る物であった。改良された量産型主砲はM32と呼ばれる。

副武装として主砲同軸と車長用展望塔の銃架にブローニング M2 12.7mm機関銃を装備した。このうち、主砲同軸機銃は初期生産車以降はブローニング M1919 7.62mm機関銃に変更されており、その後初期生産車も順次M1919に換装している。

動力[編集]

操行装置はM24よりも進化して超信地旋回可能なクロス・ドライブ式アリソンCD-500-3(オートマチック前進2段・後進1段)となり、従来の戦車のようなレバーではなく、T字型ハンドルで操縦を行った。この操行装置とコンチネンタルAOS895-3水平対向6気筒ガソリンエンジン(グロス出力500馬力)、さらにトーションバー式サスペンションの組み合わせにより、路外での高い機動力を発揮できた。

各型及び派生型[編集]

T37
試作車。フェイズI、II、IIIが存在。
T41
フェイズIIを改称したものとこれの発展型3両。
T41E1
T41の改良型。M32戦車砲を装備。
M41
基本型。
M41A1
M41A2
M41A3
M41D
M41DK-1
デンマークの改良型
M42ダスター自走高射機関砲
M41の車体にボフォース 40mm機関砲を搭載した対空車輌
64年式軽戦車
M42自走高射機関砲の車体にM18駆逐戦車の砲塔を搭載した車輌
M44 155mm自走榴弾砲
M41の車体に24口径155mm榴弾砲M45を搭載した車輌
M52 105mm自走榴弾砲
M41の車体に24口径105mm榴弾砲M49を搭載の砲塔を装備した車輌

採用国[編集]


登場作品[編集]

邦画[編集]

海底軍艦
ムウ帝国の攻撃に警戒し、防衛隊が市街地へ急行するシーンにおいて、足回りだけではあるが1カットだけ写っている。
樺太1945年夏 氷雪の門
陸上自衛隊の装備車両がM24軽戦車と共にソビエト戦車役で登場。
演習フィルムの流用ではなく自衛隊に協力を取り付けて実際に御殿場の演習場で撮影された。ポスターにもM41がそのまま描かれている。
激動の昭和史 軍閥
自衛隊の協力により陸上自衛隊の車両が登場。
激動の昭和史 沖縄決戦
陸上自衛隊の車両がM4A3E8シャーマンと共にアメリカ戦車役で登場。
撮影は自衛隊の協力の元、御殿場の演習場で行われている。
大怪獣ガメラ
地熱発電所を襲撃したガメラの攻撃に参加。演習時に撮影したものを巧みに編集して使用している。
大日本帝国
ロケ地のタイ陸軍の車両が日本連合軍双方の戦車役で登場。
なお、当作に対し「1両の戦車を国籍マークだけ描き換えて使い廻している」と語られていることがあるが、予告編には複数台登場するシーンが存在しており、誤認である。
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
陸上自衛隊の協力で、実車が登場。
以後、出動場面が『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』などでも流用された。
この映画の戦闘シーンは他の様々な映画に流用されているため、他の映画でもこの作品に登場したM41を見ることができる。

洋画[編集]

SUPER8
アメリカ軍戦車として登場。
作品の設定年代(1979年)としてはアメリカ軍の現役戦車として登場するのは誤りである。
キリング・フィールド
ベトナム軍の戦車として登場。ロケ地のタイ陸軍の車両である。
実際にも南ベトナム軍が装備していた車両がベトナム戦争後のカンボジア侵攻においてベトナム軍により使用されている。
コンバット!
アメリカ軍戦車として度々登場する他、ドイツ軍IV号戦車役で登場。
地獄の戦線』(原題:To Hell and Back
ドイツ軍戦車役で登場。1950年代の製作のため初期型の車両が登場している珍しい作品。
地獄の黙示録』(原題:Apocalypse Now
アメリカ軍の戦車として登場。オリジナルとは異なる砲身を装備した火炎放射戦車として登場。
ベトナム戦争当時はアメリカ軍はM41を既に装備していないため、火炎放射戦車であることも考慮すると、作中での位置づけはM48パットンの派生型であるM67火炎放射戦車の役柄であると推察される。車両自体はロケ地のフィリピン軍が装備していた車両である。
トブルク戦線
ドイツ軍戦車役で登場。
パットン大戦車軍団
ロケ地のスペイン陸軍の車両がアメリカ軍戦車役で登場。
フルメタル・ジャケット
アメリカ海兵隊の戦車として登場。
ベトナム戦争当時はアメリカ海兵隊を含めアメリカ軍はM41を既に装備してはおらず、作中の位置づけとしてはM48パットンとしての登場であると推察される。
マーズ・アタック!
円盤着陸時に登場。また、火星人がアメリカ議会に出席する際にホワイトハウス前にも登場している。
『略奪戦線』(原題:The Last Escape
ソビエト軍及びアメリカ軍の戦車として登場。M41及びM42対空自走砲の砲塔を改装したものが登場する。
当初はロケ地の西ドイツ軍もしくは駐独アメリカ軍に撮影協力が依頼されるはずであったが、スケジュールの都合がつかなかったため、急遽スクラップとして払い下げられたものを修理・再生の後、改造して撮影用車両として使用された。

その他[編集]

1975年制作のフランスブルガリア合作映画、『サンチャゴに雨が降る』(原題:Il pleut sur Santiago、日本での初ビデオソフト化時のタイトルは『特攻要塞都市』)にはM41によく似た戦車が登場するが、これはロケ地のブルガリア軍のT-34戦車をM41に似せて改造した車両である。

TV・CM[編集]

カップヌードル TVCM『NO BORDER』シリーズ第4弾『FLOWER篇』(日清食品
2003年放映。ニュージーランド軍の退役車両が登場している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 陸上自衛隊軽戦車のM41というのは、二次計画の期間中二百二十五両というものをアメリカからもらう、こういう計画を立てまして、そのうちの百四十五両程度は受領済みでございます。43 - 参 - 予算委員会 - 11号 昭和38年03月11日
  2. ^ 西ドイツに供与されていたものがM48などに更新されて返還されたもの

関連項目[編集]