M40 106mm無反動砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M40 106mm無反動砲
イスラエル砲兵隊博物館の展示品。

M40 106mm無反動砲(M40 106ミリむはんどうほう)は、アメリカ合衆国が開発した無反動砲アメリカ陸軍のみならず、日本オーストラリアなどでも採用されている。

概要[編集]

M27 105mm無反動砲の改良型として開発された。実口径は105mmであるが、M27との弾薬の区別のために106mm無反動砲と呼称される。車両上からの車載射撃、車両から降ろしての地上射撃が可能である。照準器はあるものの、再装填に時間がかかる無反動砲という特性上、一発必中を期さねばならず、砲の上につくスポットライフル(口径:12.7mm、全長1,144mm)の曳航標定弾を発射し、あらかじめ砲弾の着弾地点を予想する。

アメリカ軍では歩兵大隊の対戦車小隊に配備され、ベトナム戦争において使用されたが、後にはBGM-71 TOW対戦車ミサイルに更新された。しかし、現在でも多くの国で使用されている。なお、M40無反動砲はイランにおいてもANTI-TANK GUN 106の名称で、防衛産業機構(DIO)がその砲弾と共に生産している[1]

陸上自衛隊[編集]

陸上自衛隊においては、60式106mm無反動砲(ろくまるしき106ミリむはんどうほう)として普通科が運用する。登場当時はジープに搭載されていたが、73式小型トラック登場以後はそちらにも搭載された。しかし、搭載されているのは73式小型トラックの旧型だけで、新型(通称・パジェロ)に、この無反動砲は一切搭載されない。

主に近距離対戦車兵器として対戦車部隊、普通科部隊に配備されたが、現在では01式軽対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾などの配備が進んだため、退役が進み、第一線装備とはなっていない。1990年代初頭に北部方面隊が使用していたものを87式導入の関係で西部方面隊中部方面隊に配置していたが、西方重視により、新規生産分の87式が西方の普通科連隊対戦車小隊に配備され、かつ北方の60式自走106mm無反動砲が退役したため、管理替えで北部方面隊の60式自走106mm無反動砲の代替として北方の普通科連隊対戦車小隊に配備(事実上の出戻り)されている。

装軌車に搭載され、自走砲化されたものが60式自走106mm無反動砲であるが、ジープに搭載させるためワイヤーなどの変更点があるため、全く同じではない。なお、移動時には砲にカバーをかける。日本製鋼所豊和工業スポットライフル)でライセンス生産された。

搭載車両[編集]

M40無反動砲は、重量が200kg以上あり、他国の(カールグスタフM67などの個人携帯用を除いた)口径90mm以上の無反動砲の砲架と比べて、車輪が一つだけであったり砲脚が門の字型であるなど、その形状は人力ないし車両による牽引に適しているとは言い難い。このため、長距離の移動は専ら車両に搭載されて行われた。

搭載される車両としてはジープ(派生型のM38A1M151 MUTT73式小型トラックAIL ストームなどを含む)やランドローバー・ディフェンダーメルセデス・ベンツ・Gクラストヨタ・ランドクルーザーハンヴィーM274トラックなどの小型四輪軍用車両ピックアップトラックが主流である。また、モーターボートに搭載して武装舟艇としているケースもある。

装甲車両への搭載はまれであるが、アメリカ日本は専用の車体を制作してそれぞれM50オントス自走無反動砲60式自走106mm無反動砲を生産したほか、パキスタンレバノンにおいてはM113装甲兵員輸送車の車体上に搭載し、運用した例もある[2]

諸元・性能[編集]

諸元

作動機構

性能

砲弾・装薬

  • 弾薬: 完全弾薬筒(105x607mmR)
  • 砲弾: #各弾種参照

運用史


各弾種[編集]

M40無反動砲の砲弾。薬莢側面には多数の小穴があけられている
2006年イスラエル国防軍レバノン南部に侵攻した際に、ヒズボラから鹵獲したもの。イラン製であると見られる

M40無反動砲の砲弾は固定薬莢式であり、その薬莢の側面部にはクロムスキット式無反動砲であるために無数の小さな穴があけられている。

弾頭対装甲車両用成形炸薬弾(HEAT)と粘着榴弾(HESHもしくはHEP)のほか、対人榴弾(High Explosive Anti-Personal)とフレシェット弾も用意されている。

製造国 名前 種類 弾頭重量 有効射程距離 貫徹能力(RHA換算)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 M344A1 HEAT 7.96kg 1,350m 400mm以上
M346A1 HEP-T 7.96kg n/a n/a
M581 フレシェット 9.89kg 300m
フランスの旗 フランス NR 160 HEAT-T n/a n/a
NR 483 フレシェット n/a
NR 601 HESH-T 7.8kg
スペインの旗 スペイン M-DN11 HEAP 3.6kg 1,500m
イタリアの旗 イタリア PFF HE 9.89kg n/a
 スウェーデン 106 3A HEAT-T 5.5kg 2,000m 700mm以上
 オーストリア RAT 700 HEAT 5.0kg n/a 700mm以上

ギャラリー[編集]

登場作品[編集]

映画・オリジナルビデオ[編集]

SFX巨人伝説ライン
第13話に登場。73式小型トラックに搭載されており、陸上自衛隊がレッドコングに対して使用する。
ゴジラシリーズ
キングコング対ゴジラ
三菱・ジープに搭載されたものが、主人公、桜井の妹、ふみ子を捕えたキングコングを眠らせるため、住んでいたファロ島産の果実を基にした麻酔弾をライフルグレネードのように先端に装着して発射する。麻酔弾は実際には取り付けておらず、撮影用プロップの先端に合成している。なお、ライフルグレネードのような砲弾は実在しない。
ゴジラ
三菱・ジープに搭載されたものが、ゴジラを迎撃するため74式戦車61式戦車などと共に晴海埠頭に配備される。自衛隊の協力を得ている本作であるが、実際に晴海埠頭に持っていくことはできないため、埠頭での展開シーンで登場する三菱・ジープに搭載されているものは撮影用プロップである。
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
陸上自衛隊が61式戦車とともにガイラ攻撃に投入するが効果は薄かった。ミニチュアと撮影用プロップもあるが、陸上自衛隊の協力で実物も登場しており、実際の射撃シーンが映されている。
この作品の映像は、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』『ゴジラ対メガロ』にライブフィルムとして使われているほか、これらの作品に使われたミニチュアは『キングコングの逆襲』でも使われ、一瞬だけ登場している。
モスラ
日本映画初登場。東京タワーを登るモスラに対して使用される。三菱・ジープに搭載されており、ミニチュアと実際の三菱・ジープに載せられた撮影用プロップが登場する。

漫画・小説[編集]

海の底
レガリス駆除のため出動した自衛隊が使用。旧式だが威力は十分で、それまで重火器を装備しない警察に対して優勢だったレガリスを後退させる。
戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップした自衛隊の装備の1つとして、三菱・ジープに搭載されたものが1門登場。
レイドオントーキョー
新潟に侵攻したソ連軍T-80に対戦車戦闘を挑むも、爆発反応装甲で攻撃が無力化され、撃破される。

ゲーム[編集]

Wargame Red Dragon英語版
NATO陣営のアメリカ軍デッキ、自衛隊デッキで使用可能な対戦車兵器として登場する。アメリカ軍デッキのM50 オントスにA1が、自衛隊デッキの三菱・ジープに搭載されている。
War Thunder
日本ツリーの駆逐戦車Type 60 SPRG」の装備として登場。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]