T-26 (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
T-26 1933年型
T-26.JPG
屋外展示されるT-26
性能諸元
全長 4.88m
全幅 3.41m
全高 2.41m
重量 9.4t
懸架方式 リーフスプリング方式
速度 28km/h
行動距離 175km
主砲 45mm戦車砲M1932
副武装 7.62mm機関銃DT×1もしくは2
装甲 砲塔防盾 25mm 全周 15mm
車体前・側面 15mm
エンジン GAZ T-26
90馬力/66kW
乗員 3名
テンプレートを表示

T-26は、第二次世界大戦前からソ連軍などで使用された軽戦車である。

概要[編集]

ソ連初の量産型軽戦車T-18の後継となるべき歩兵支援用軽戦車を目指し、T-19とT-20が試作されたが、これらはエンジントラブルにより実用化には至らなかった。1929年5月にソ連軍は、イギリスヴィッカース社が独自に開発していたヴィッカース 6トン戦車ライセンス生産する契約書にサインした。これは、V-26として15両が輸入され、新たな戦車開発のための参考となった。そして、いくつかの他の試作戦車とのトライアルの結果、改良を加えてT-26として採用され、レニングラードのボリシェビキ工場(第232工場)において国産化に入った。1932年からは、同じくレニングラードの第174工場も生産に加わった。

1931年-翌年にかけて、ヴィッカース 6トン戦車同様に1丁ずつのDT機銃を備えた銃搭2基を横並びに搭載した最初の型(1931年型)が量産された。これらの銃搭は互いに干渉するため、270度の限定旋回しかできない。後に、右銃搭にルノー軽戦車やT-18で使われていたオチキス37mm戦車砲の国産型PS-1(M1928年型)を装備した型が作られた。1932年には、同じく右銃搭にB-3(5-K)対戦車砲ドイツでのラインメタルPaK 35/36 3.7cm対戦車砲の採用に先駆けてライセンス生産され、装備していたもの)の戦車砲型PS-2(1930年型)を搭載したものに変更された(後に同砲をBT-2用単砲塔に搭載したものがレニングラード攻防戦に登場するが、これは、双砲塔型からの現地改造車両である)。しかし、この砲は新型砲の採用により短期で生産を終えてしまったため、1933年型としてBT-5同様に新型砲塔と更に強化された45mm砲に換装されている。先行量産型は円筒形砲塔を搭載していたが、これはすぐに大型バッスルを持つ馬蹄形砲塔に代わり、同砲塔はBT-5戦車やBA-3BA-6装甲車に搭載された。バリエーションとして、鉢巻型無線アンテナのあるT-26TUもある。1935年には車体の接合に溶接が用いられるようになり、また、さらに後期の生産車では、砲塔後部に機銃のボールマウントが追加され、対空機銃の装備できる新型ハッチを持つなど、細部の異なるバリエーションがある。

実戦投入と改良型[編集]

スペイン内戦で共和国派側に提供されたT-26は、当時最強の対戦車戦闘能力を持つ45mm砲によって、ファシスト側に参戦したドイツI号戦車イタリアL3/33といった機銃しか持たない軽戦車を圧倒した。また、1938年満州ソ連間の国境紛争である張鼓峰事件では、257両(他、BT-5が81両、SU-5自走砲が13両)が投入され、日本陸軍との戦闘で9両が完全撃破され76両が損傷(うち現地で修理可能な物39両)の損害を出している。損傷は日本陸軍によるものだけでなく(後に初期のT-34KVが陥るのと同様の)、工作精度の低さからくるギアボックスや乾式クラッチの故障によるものも多かったという。この後、ノモンハン事件でもBT戦車と共に日本陸軍相手に戦っている。

さらに、1937年型として、側面が傾斜した新型の「円錐型砲塔」タイプが登場。スペイン内戦火炎瓶攻撃を受けた経験から、エンジンの排気口に後方がメッシュ付きで開口したフードが付けられた。また、後には車体側面も傾斜装甲になった1939-40年型が登場している。

もっとも、当時の状況を忠実に再現した映画『冬戦争』では、その後ろ側から火炎瓶を投げ込まれ炎上させられるシーンがあり、また、それ以前のノモンハンでも同様に火炎瓶にやられているので、根本的な解決には至っていなかったようである。実際、冬戦争では、対戦車砲フィンランド兵の肉迫攻撃により大きな損害を出しており、途中で増加装甲を装着している。

T-26は、出現当時は比較的強力な戦車であったが(後に少し強化されるが)、15mmという主装甲の薄さと88馬力のエンジンパワー不足による速度の遅さにより、ソ連軍戦車兵には評判が良いとはいえなかった。また、BT戦車同様に、機関部付近への榴弾の直撃でガソリンタンクが燃え上がることも多かった。それでも本車は1938年夏の段階で約8,500両、最終的に12,000両以上と言う、当時世界で最も多く生産された戦車となった。

手前はフィンランド軍に鹵獲使用された1933年型、奥はヴィッカース 6t戦車を武装強化したT-26E

これらは独ソ戦の初期に大変な損害を出し、生き残った車両はBT戦車と共に満州国境の守りに回され、1945年8月の満州侵攻の際に久々に実戦に参戦することとなる。ヨーロッパからのT-34などの移動が遅れたため、この時点で1,461両が実戦配備されており、戦闘や故障で全損34両、工場で修理可能なもの122両、現地で修理可能なもの33両の損害を出している。

ドイツ軍にも大量に鹵獲され、Pz.Kpfw T-26(r)として二線級任務に用いたり、一部は他の鹵獲軽戦車同様に砲塔を外して大砲牽引・弾薬運搬トラクターとして用いられた。フランスM1897野砲をドイツ軍が対戦車砲に改造した7.5 cm PaK 97/38を搭載した自走砲、7.5cm Pak97/98 BeutePanzer T-26という珍品も存在している。

フィンランド軍も鹵獲した本車を自国の戦力とした。装甲戦闘車両が不足していたフィンランドにとって、ソ連軍からの鹵獲車両は貴重で、特にT-26は各形式合わせて100両以上が鹵獲・運用されており、数的にはフィンランド戦車部隊主力戦車であった。また、先に輸入していたビッケルス軽戦車(ヴィッカース 6トン戦車)にT-26の戦車砲を載せて強化、これをT-26Eと称して使用した。

T-26の車台を利用した自走砲・特殊車両[編集]

SU-1
1931年試作された、密閉型の固定式戦闘室に76mm榴弾砲PS-37.62mm機銃DT 2丁を搭載した軽自走榴弾砲。最大装甲厚13mm。
AT-1砲兵戦車
近接砲兵支援のために、76mm榴弾砲PS-3を密閉型の固定戦闘室に搭載した、車高が低めで後のドイツ突撃砲に先駆けたデザイン。1935年に2両が試作された。
SU-5-1
1932年に試作された自走砲。エンジンが車体中央、オープントップの戦闘室は後部に移された。武装76mm野砲M1902/30
SU-5-2
SU-5のバリエーションで、武装は122mm榴弾砲M1910/30
SU-5-3
同じくSU-5のバリエーションで、152mm臼砲M1931を搭載。
SU-6
1932年試作。T-26の車体上にオープンな台座を設置し、防盾の無い76mm高射砲M1931を搭載した自走高射砲
T-26-4砲兵戦車
1937年から翌年にかけて量産された、76mm歩兵砲M1937を搭載する近接支援型。この砲塔BT-7Aのものと同型である。23両のみの限定生産。ちなみに、イギリス戦車も同じように3インチ榴弾砲を搭載した近接支援(CS)型を採用している。
OT-26(KhT-26)
1937年に双銃塔型のT-26の、右側銃搭にM1933火炎放射器を追加した火炎放射戦車ソ連軍では「化学戦車」と呼ばれる)。左の銃搭は撤去され、その下には135リットル燃料タンクが設置された。ノモンハン事件では壕にこもる日本陸軍兵を燻り出すのに有効であったと記録されている。
OT-130化学戦車
OT-130(KhT-130)
単砲塔型のT-26 1933年型がベースで、45mm砲の代わりにM1938火炎放射器を搭載する。車内に200リットル燃料タンク2個を収納したため、居住性が悪い。
OT-133(KhT-133)
傾斜装甲型のT-26 1937年型がベースで、45mm砲の代わりにM1938火炎放射器を搭載する。
OT-134(KhT-134)
傾斜装甲型のT-26 1937年型がベースで、ノモンハン事件や冬戦争での経験から、45mm砲を残し車体前面左側にM1938火炎放射器を搭載する。しかし、車内スペースの関係で砲弾燃料ともに減少し、中途半端な戦闘力となってしまい、量産されずに終わった。
ST-26工兵戦車
双砲塔型をベースに作られた工兵車両架橋戦車仕様、マインプラウ式およびローラー式の地雷処理戦車仕様に切り替えが可能。少なくとも70両が造られたようだが、実戦投入の記録は無い。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

War Thunder
ソ連の初期戦車として1939年型、現地改修の装甲強化型、ツリー上にT-26-4が登場。
World of Tanks
ソ連軽戦車T-26として開発可能。派生車両として、ソ連駆逐戦車AT-1、ソ連自走砲SU-5が開発可能。
虫けら戦車