M247サージェント・ヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M247 サージェント・ヨーク
M247 PallMall TN.jpg
基礎データ
全長 7.67m
全幅 3.63m
全高 3.42m
重量 54.4t
乗員数 3名
装甲・武装
主武装 L/70 40mm機関砲
機動力
エンジン コンチネンタル AVDS-1790-2D
ディーゼル
750hp
行動距離 500km
テンプレートを表示

M247 サージェント・ヨーク(M247 Sergeant York DIVAD(Division Air Defense:師団防空兵器)は、アメリカ合衆国が開発した自走式対空砲である。

サージェント・ヨークという名称は第一次世界大戦時のアメリカ陸軍の英雄、アルヴィン・ヨーク軍曹の名前から取られている。

概要[編集]

M247は、M163対空自走砲に代わる自走高射機関砲として1970年代後半から開発が開始された。

M163はM113装甲兵員輸送車を母体にしているため、軽量でペイロードが少なく、捜索レーダーも装備していない(射撃照準用レーダーのみ装備)など、能力は限られていた。

この時期のアメリカ陸軍は、M1エイブラムス戦車M2ブラッドレー歩兵戦闘車の開発も行っており、これらが戦力化されると大幅に路外走行能力が向上することからM113では追随が難しくなる恐れがあり、機動力の高い対空自走砲が求められた[1]

長期にわたり開発が続けられたが、システムの信頼性の不備に加え、アメリカ空軍の絶対的な制空能力の前に、高価で複雑な対空兵器の必要性自体が疑問視され、制式化され生産が開始されたものの1985年8月27日にキャンセルされ、配備にまでは至らなかった。既に生産されていた50両はアメリカ空軍の対地攻撃訓練の目標などに使用された。

何両かの車両が、現在でもアメリカ各地の博物館他で展示されて現存している。

構成[編集]

M48パットン中戦車の車体に新開発の全周旋回砲塔を備えたもので、2連装のL/70 40mm機関砲を装備し、砲塔上面に捜索レーダー火器管制レーダーを装備する。

開発会社はフォード・エアロスペースである。

脚注[編集]

  1. ^ Statements by General Louis Wagner, Jr., DIVAD Hearings, Hearings before the Subcommitte on Tactical Warfare of the Senate Committee on Armed Services, 98th Congress, 2nd Session, 1984

関連項目[編集]

外部リンク[編集]