M2ブラッドレー歩兵戦闘車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M2/M3 ブラッドレー
Pi111804a1.jpg
イラクで展開しているM2A3
基礎データ
全長 6.55m
全幅 3.60m
全高 2.98m
重量 30.4t
乗員数 3名+兵員7名(M2A3 IFV)
装甲・武装
装甲 アルミニウム/
主武装 M242 25mm機関砲
TOW対戦車ミサイル2連装発射機
副武装 M240 7.62mm機関銃
機動力
速度 66km/h整地
7.2km/h(水上)
エンジン カミンズ VTA903
4ストロークV型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル
600hp
懸架・駆動 トーションバー
行動距離 483km
テンプレートを表示

M2 ブラッドレー歩兵戦闘車(M2 Bradley Infantry Fighting Vehicle)は、アメリカ合衆国で開発された歩兵戦闘車(IFV)である。

M3 ブラッドレー騎兵戦闘車(M3 Bradley Cavalry Fighting Vehicle)という装甲偵察車(CFV)型も存在する。

開発[編集]

アメリカ陸軍による歩兵戦闘車の開発は、1958年に開始されていた。これは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが開発した実験的な歩兵戦闘車の影響を受けたものである。しかし、同様に影響を受けた西ドイツフランスソビエト連邦に比べると、その開発は遅々たるものであった。1954年には、フランス陸軍AMX-VCI装甲兵員輸送車に実験的に20mm機関砲を搭載し、1950年代後半には、西ドイツが世界初の歩兵戦闘車であるHS.30を開発・配備していた。アメリカ陸軍もこれらの影響を受けて開発を加速し、1965年より、MICV-65(Mechanized Infantry Combat Vehicle 1965)計画を開始した。なお、当時進められていたMBT-70計画になぞらえて、この計画はMICV-70と呼ばれることもあった。

MICV-65計画のもとでは、M109 155mm自走榴弾砲をもとにパッカー社が開発したXM701と、M113装甲兵員輸送車をもとにFMC社が開発したXM734が試験されていた。この試験ではパッカー社のXM701が勝利したが、結局、アメリカ空軍が新しく主力としたC-141輸送機輸送できないことが判明して、採用はされなかった。一方、XM734が退けられたFMC社はさらに開発を続け、1967年にはM139 20mm機関砲を搭載するとともに車体にも小改正を施したXM765を発表したが、XM765もやはりアメリカ陸軍の試験を合格できなかった[1]

そして、1967年にソ連が開発したBMP-1が公開されて、アメリカ陸軍に大きなショックを与えた。BMP-1は、2A28 73mm低圧砲9M14対戦車ミサイルを搭載して重武装であり、また、歩兵兵員室に収容して放射能などから守りつつ(NBC防護)、ガンポートから小銃射撃して戦えるように設計されていた。アメリカがMICV-65計画で乗車戦闘能力を重視する一方で、ドイツとフランスの同種車両にはまだその種の能力が備わっていなかったことから、これは、アメリカ陸軍がとくに感銘を受けた点であった。ソ連が既に乗車戦闘能力と重武装を備えた歩兵戦闘車を実用化しているのに対して、アメリカ陸軍のMICV-65は依然として計画段階に留まっており、実用化の目途は立たずにいた。

XM723歩兵戦闘車。M2以前のプロトタイプのひとつである

1972年、アメリカ陸軍はMICV-65計画の失敗を踏まえて、新しい歩兵戦闘車の開発計画を発表し、FMC社はこれに対してXM723を提示した。XM723は、海兵隊向けのLVTP7装甲兵員輸送車をベースにしており、重量21トン、ソ連の標準的な車載機関銃であるKPV 14.5mm重機関銃に耐えられる装甲を備え、3名の乗員と8名の歩兵を輸送できた。XM723は当初、M139 20mm機関砲を備えた1名用砲塔を搭載していたが、1976年、これは、M242 25mm機関砲TOW対戦車ミサイルを備えた2名用砲塔に換装され、この改正型はMICV TBAT-IIと呼ばれるようになった。また、車内では標準的なM16自動小銃では長すぎて扱いづらいことから、乗車戦闘専用の小銃として、M231 FPW(Firing Port Weapon)の開発も進められた。

この時期、歩兵部隊が歩兵戦闘車を要請していたのと同様、騎兵部隊も新しい装甲偵察車を必要としていた。このことから、XM723と同時に、軽量の装甲偵察車の要求がなされ、M139 20mm機関砲を搭載したXM800装甲偵察車が開発された。しかし、XM800計画で提示された2つの案はいずれも期待外れで制式採用には至らなかったことから、1975年、装甲偵察車の計画はMICV計画と合流することとなった。

1977年、MICV TBAT-IIはXM2と改名され、その騎兵戦闘車バージョンはXM3と呼ばれるようになった。1977年、議会はこれらの車両の能力に疑問を抱き、一時的に予算を差し止めたものの、陸軍は、コストと開発期間の不足を訴えてXM2/3計画の推進を主張し、1978年10月、議会は陸軍の主張を受け入れた。1979年12月、XM2/3は最終試験に合格して制式化され、1980年2月1日、量産が認可された。M2/3は、第二次大戦のヨーロッパ戦線で活躍したオマール・N・ブラッドレー元帥にちなんで、ブラッドレーと命名された[出典 1]アメリカ軍での運用が開始された1981年以降、6,724両が生産された[出典 2]

1980年に量産が認可されて以降、1994年までにIFV/CFVの2種で総数6,724両[2]が生産された[出典 3][出典 2]アメリカの兵器製造委託企業ユナイテッド・ディフェンス(United Defence)が製造を請け負っていたが、2005年にユナイテッド・ディフェンスを買収したBAE システムズ・ランド・アンド・アーマメンツで製造と改修がなされている。なお、平均単価は317万USドルである。

設計[編集]

基本となった"M2 IFV"は、固有乗員と下車戦闘兵員の合計9名を搭載できる輸送能力と共にM242 25mm機関砲TOW対戦車ミサイルを搭載している。

1982年に採用された初期量産型のM2(M2A0)では、C-141輸送機での輸送が可能であることも必要条件であった。これは、1988年に採用されたM2A2において、C-141の後継であるC-17戦略戦術輸送機での輸送可能であることが必要条件となった[出典 4]

また、設計における主要目的の一つが、M1エイブラムス主力戦車に随伴可能なスピードを維持できることであったため、走破性能は非常に優れている。車体の外部装甲アルミニウム溶接で、車内の重要な部分にはラミネート装甲という構造になっている[出典 1]。しかし、これが欠点の一つとして挙げられることもあり、アルミニウム装甲は成形炸薬弾(HEAT)の直撃を受けると蒸発・消失しやすく、弾薬の搭載量が多いことから、生存性は低下していると考えられた。

湾岸戦争での実戦経験を経て、後に装甲の強化など大幅に改良されたM2A1、M2A2が登場した。M2A2からは戦場での生存性を高めるために、アップリケ装甲(爆発反応装甲)の装備が可能なようにされており、徹底した試験と評価を経て採用され、イラク戦争に実戦参加した[出典 1]。M2A3では重量も33トンに達し、航続距離は402kmへと短くなっているが、搭載兵員数が6名から7名に増えるなど、車体も再設計された[出典 4]。初期型のM2には車体左右側面および車体後面に兵士が乗車戦闘を行うためのガンポートが設けられており、このガンポートは単純な蓋付きの銃眼ではなくボールマウント式の高度なものとなっていたが、後に装甲強化のため廃止された[3]

車体・走行系[編集]

アルミニウム合金Al, Mg, Zn)の全溶接の装甲履帯を備えた車体に、カミンズ製VTA-903 ディーゼルエンジン(500馬力)と662リットルの燃料を搭載して、最大速度65km/h、航続距離480kmという性能である。

車内は、右前部がエンジン室、左前部に操縦士が座り、車体中央の砲塔には右に車長、左に砲手が位置し、(A2型以降は)後部空間内に下車戦闘する兵員6名がほぼ互い違いに前後を向く5名と左の壁に背を付け右を向く1名とやや変則的に座乗する[4]

固有武装[編集]

M242 25mm機関砲とTOW対戦車ミサイル2連装発射機。砲塔下の車体側面上部にある円形のものがガンポートで、そこから突き出しているのはM231 FPWの銃身である。
M242 25mm機関砲
M242 25mm機関砲は、毎分約200発の連射が可能で、射角+60°~-10°、有効射程2.5kmで、単発/100発/200発が切り替えられる。
弾種:徹甲弾APDS-T、榴弾HET-T。
弾数:900発(IFV)、1,500発(CFV)[5]
TOW対戦車ミサイル
M242 25mm機関砲砲塔左側にTOW対戦車ミサイルの2連装発射機を搭載。最大射程は3,750m。重装甲車両に対する攻撃が可能になっている。
弾数:発射機内2発+予備3発。
M240C 7.62mm機関銃
M240C 7.62mm機関銃は、M242 25mm機関砲の右側に同軸に備える。
弾数:2,200発(IFV)、9,460発(CFV)[6]
M231 5.56mm FPW
車体左右側面および後面各2箇所、計6基のガンポートより射撃するための小銃。本車専用に開発されたM16自動小銃の派生型で、銃身が短縮されているほか、ガンポートに固定して使用することから、銃床も省かれている。
装甲強化に伴う側面ガンポートの廃止以後は装備が縮小され、限定的にしか搭載されていない。

乗車歩兵[編集]

演習において負傷者役をブラッドレーの車内に収容するアルバニア陸軍と欧州米陸軍の兵士

アメリカ陸軍では、4両のIFV機械化歩兵小隊を組み、M1戦車とIFVに随伴して下車した歩兵分隊チームが互いの弱点を補いながら戦闘に臨む体制をとっている。

A2型以降のM2 ブラッドレー歩兵戦闘車(IFV)は、各車両ごとに下車戦闘する歩兵分隊6名が搭乗しており、歩兵分隊24名に加えて機械化歩兵小隊の小隊長でもあるIFVの1号車の車長が下車して戦闘指揮を行うことが多く、同様に他の3両の車長も下車する。IFVの車長が欠けた4両のIFVは、それぞれ残る2名の内、砲手が車長代行となり、予備砲手が砲手を務める。

下車戦闘歩兵の27名は9名ずつ3つの歩兵分隊となり、3名の元車長が分隊長となって戦う事になる[出典 3]

実戦使用[編集]

湾岸戦争では、M1エイブラムスよりも多くのイラク軍車両を破壊したが、12両のブラッドレーが損傷し、20両が失われた。敵の砲火で失われたのは3両で、友軍による誤射が最も多かったことを受け、赤外線識別パネルの追加と識別マーキングを施された。

イラク戦争やその後の占領下では、RPG-7(ロケット推進擲弾)やIEDによる攻撃を頻繁に受けている。RPGやIEDによる攻撃のみなら完全な破壊には至らないので、車体を犠牲にして乗員は難を逃れるという方針があるものの、死者の数が増えていることも事実である。このようにある程度装甲化は進んだものの、イラク戦争開戦後2003年からの約10年間で様々な状況下での戦訓なども取り入れて設計の改良が続けられたこのジャンルの装甲車だが、未だにIEDによる犠牲者をゼロにする事はできていない。

そして泥沼化して終わりの見えない中東での戦役に対応する為、装甲の材質を変更するなど従来のジャンルを超えた規格を持つ「重装甲車」と呼ばれる兵器群が必要とされる時代に入った。これらの装甲車はかつての装甲車と呼ばれる通常規格の兵員輸送車に小銃弾に耐えられるだけの装甲を加えた物ではなく、迫撃砲などの近接火器類の射程に入るほどの前線まで高速かつ安全に兵員を輸送する事を目的としているため、強度と迅速性の両方が求められる事から量産が難しいという欠点もある。しかし冷戦時代に、比較的砂塵の少ない欧州平原での旧ソビエト連邦軍との対決を意識して設計されたシリーズでは中東という過酷な環境にそもそも対応できておらず、なおかつ強度面でも性能的な限界を迎えているとの指摘も増えた為、この歩兵戦闘車シリーズと比べた場合に桁違いの重装甲かつ乗員や運転手の安全を守るべく新設計された対爆装甲車が各国軍に採用され始めている。

2010年頃から本格化したアメリカ陸軍のブラッドレー装甲車の更新や西側諸国に配備されていた1980年代基準の装甲を持ち、対戦車ヘリコプターを運用している国も少なかった冷戦時代を想定した大量生産された歩兵装甲車の更新作業は困難を極めているが、前述のヘリコプターの高性能化や航空機からの精密爆撃精度の向上により、装輪型に比べると動きが遅い戦車の重要性が相対的に低下したといわれる現代の地上戦に対応する為、通信設備を有する新世代の重装甲歩兵戦闘車の開発及び配備が、各国の陸軍において最重要課題ともなっている。

アメリカ陸軍ではこの他、1990年代半ば以降、ボスニア派遣軍でブラッドレーが使用されており、2006年の時点で損失したブラッドレーの数は55輌である[出典 5]

各型及び派生型[編集]

主要な車種として、M2 ブラッドレー歩兵戦闘車(IFV)とM3 ブラッドレー騎兵戦闘車(CFV)の2つのファミリーがあり、これらは同一の基本車体(シャーシ)を使用しているが、細部の装備などが異なっている。また、対空型や車台の他への利用もある。

M2ブラッドレー歩兵戦闘車[編集]

M2A3 ブラッドレー

基本の歩兵戦闘車(IFV)型で、3名の固有乗員に加えて下車戦闘する歩兵分隊6名が完全武装で搭乗できる。

M3ブラッドレー騎兵戦闘車[編集]

M3A3 ブラッドレー

機甲部隊、および機械化部隊で偵察に用いられる騎兵戦闘車(CFV)型で、3名の固有乗員に加えて偵察チーム2名が搭乗可能であり、IFV型よりも多量の予備弾薬を搭載しており、追加の無線装備や各種対戦車ミサイルTOWドラゴンジャベリン)が搭載可能である。歩兵を乗車させないため、ガンポートは装備されていない[7]

開発当初は偵察用のオートバイとその予備燃料を搭載する予定であったが、車内に大量のガソリンを搭載することによる脆弱性の懸念が示され、オートバイの搭載は開発段階で中止されている。

なお、M3 ブラッドレー騎兵戦闘車の搭載機関砲には30mm機関砲も予定されており[8]、就役後に換装されるという情報もあった。このため、1980年代初期に書かれた書籍などでは、M3の主武装を30mm機関砲と記述しているものもある。

改良型[編集]

M2とM3のいずれも約25年の間に4回の改良型が生み出され、基本型と合わせて5種類の車両が作られた。

M2A0 - M3
1982年に採用された、シリーズの基本となった初期量産型である。兵士6名が乗車可能。赤外線画像処理装置とM242 ブッシュマスター機関砲照準器を統合したシステムが標準装備された。全長6.45m、全幅3.2m、全高2.97m、戦闘重量22.7トンであった。
M2A1 - M3A1
1986年に採用された。乗車兵員の定員は7名となった。ミサイルTOW II対戦車ミサイルに換装し、消火システムなど防御力を意識したシステムを導入。NBC排ガスフィルターも装備された。
M2A2 - M3A2
1988年に採用された。搭乗可能な兵士数は再度6名に変更されている。エンジンの出力向上やサスペンションの改良を受け、弾薬保管庫の改善や防弾ライナーと爆発反応装甲の追加など防御が大きく改善された。防弾鋼板が最大で25mm、エンジンも強化され600馬力となった。-A2よりは車体左右側面のガンポートは廃止・撤去されている。
M2A2 ODS/ODS-E - M3A2 ODS
名称のODSは"Operation Desert Storm"(砂漠の嵐作戦)を意味しており、湾岸戦争での教訓から改良が施された。1996年から運用開始。1,423両がODSへと改良された。
戦術インターネットを利用するためのアップリケ・コンピュータレーザー測距器(ELRF)、戦術ナビゲーション(TACNAV)、GPS レシーバー(PLGR)、デジタルコンパス(DCS)、有線誘導ミサイル妨害用にサンダース製AN/VLQ-8A電子光学妨害装置、車間情報システム(IVIS) などが追加された。他にも内部のシステムや構造も大幅に改造されたが、下車戦闘チームの座席は1名増加して定員7名となり、戦闘重量は27.2トンとなった。
M2A3 - M3A3
目標捕捉能力と火器管制能力を改善するため完全デジタル化、あるいは電子機器のアップグレードが行われた。車長用独立旋回式映像装置(CIV)、TRW製コンピュータによるFBCB2戦闘指揮システム、第2世代FLIR、下車チーム用と砲塔操縦席の平面ディスプレイも加えられた。定員はM2A2ODSから変わらず7名である。
改修は1997年より開始され、1,902台がA3にアップデートされる予定である。戦闘重量は30.4トンとなった[出典 3]

派生型[編集]

ウォーハンマー・ブラッドレー(Warhammer Bradley)
M2A2 ODSからの派生型で、対戦車戦闘力の向上型。搭載する対戦車ミサイルをFGM-148 ジャベリン対戦車ミサイルに換装し、それに併せて照準器を改修し、ISU (Integrated Sight Unit:統合照準装置) を搭載している。
これにより対戦車ミサイルの発射後に命中まで誘導を必要としない“撃ち放し方式(Fire-and-Forget)”の対戦車戦闘が可能となり、対装甲攻撃力と生存性が向上した。
BSFV(Bradley Stinger Fighting Vehicle:ブラッドレー・スティンガー戦闘車)
SAMを携行する歩兵(対空特技兵)の輸送と支援を行うために設計された。基本的にM2と同一の車両で、FIM-92 スティンガー地対空ミサイルの携行発射機1基と予備弾4発を搭載し、乗車兵員はスティンガーミサイルを運用する射撃班員2名のみとなっている。
M6 ラインバッカーが開発されると置き換えが進められ、既存のBSFVはM6に改装されるか通常の仕様に再改修された。
ブラッドレー工兵支援車(Bradley Engineer Support Vehicle)
工兵隊を輸送・支援するために一部仕様を変更した車両で、予備弾薬を最低限とし、工兵支援用の各種機材を搭載している。
ブラッドレー戦闘指揮車(Bradley Battle Command Vehicle)
旅団から中隊規模の部隊の指揮官が搭乗して最前線で戦闘指揮を行うための車両で、予備弾薬を必要最小限しか搭載せず、無線機と航法/地図表示装置を増設し、戦術作戦指揮所(Tactical Operations Center(TOC)と接続するためのデジタル情報通信システムを装備している。

M6 ラインバッカー(M6 Linebacker)[編集]

M6 ラインバッカー

M2A2 ODSの派生型で、BSFVを元により本格的な対空戦闘車両としたもので、砲塔左側面のTOW対戦車ミサイル発射機をFIM-92 スティンガー地対空ミサイルの4連装発射機に変更した対空型。M2/3の対戦車ミサイルを対空ミサイルに変更してスティンガーミサイル用の照準装置とIFF(敵味方識別装置)を追加装備した車両であり、高度な対空射撃用の火器管制装置や対空レーダーなどは搭載されていない。

乗員は4名(車長、砲手、操縦手、対空ミサイル装填手)となり、兵員室はスティンガーミサイルおよび25mm機関砲の予備弾庫とされ、原則として固有乗員以外の兵員を乗車させることは考えられていない。

アメリカ陸軍では退役する予定。

M7 ブラッドレー FSV(M7 Bradley Fire Support Vehicle. B-FiST)[編集]

既存の観測車両と交代するため、ブラッドレーをFSV(火力支援車)に改修したもの。砲塔左側面のTOW対戦車ミサイル発射機を最大20kmの範囲で目標の評定と指示が可能なFS3(Fire Support Sensor System)射撃管制指示装置のセンサーポッドに変更し、慣性航法装置、コトロールパネルと目標指示システムなどが追加されている。

車体流用による派生型[編集]

MLRS
ブラッドレーの車体の基本設計はM270多連装ロケットシステム発射機に利用されている。
M4 C2V (Command and Control Vehicle)
上記MLRSの車体コンポーネントを流用し開発された指揮車両。M577/M1068 コマンドポストの後継として開発され、試作車が製作されたが、量産には至らなかった。

採用国[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

アパッチ
主人公が利き目の矯正のためにハンヴィーを運転する基地内を走行しており、危うく衝突しそうになる。
トランスフォーマー/リベンジ
終盤で対ディセプティコン特殊部隊NESTを援護するために登場。
『ペンタゴン・ウォーズ/暴かれた陰謀』
1998年に製作された、ペンタゴンで行われている兵器開発の問題点についてをテーマにしたテレビ映画。M2 ブラッドレー歩兵戦闘車の開発にまつわる腐敗など、実話に基づいて描かれている。
作品の内容上、アメリカ軍の撮影協力が得られなかったため、作中に登場するM2はM113装甲兵員輸送車を大改造したレプリカである。

漫画[編集]

続・戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップし、関ヶ原の戦いにおいて東軍側についたアメリカ海兵隊が使用。西軍および自衛隊に打撃を与えるも、遅れて参戦してきた90式戦車の活躍によって大半が破壊される。その後、岡崎の山中に設けられた米軍キャンプに1両駐車していたが、キャンプを襲撃してきた自衛隊に破壊されてしまい、これ以降は登場しない。なお、実際のアメリカ海兵隊はブラッドレーを装備していない。

小説[編集]

『中国完全包囲作戦』(文庫名:『中国軍壊滅大作戦』)
第1機甲師団所属のM2A3搭載のTOW 3紅軍所属の99式戦車を多数撃破する。

ゲーム[編集]

ARMA 2
独立拡張パック"Operation Arrowhead"にM2・A3・M6の各タイプが登場し、プレイヤーやAIが操作可能。
METAL WOLF CHAOS
アメリカ軍の装備として、A2と架空のモデルのM2A10が登場。
WarRock
一部のステージでしか登場しない。武装は実車同様に、M242 25mm機関砲TOW II対戦車ミサイル
World in Conflict
米軍の戦闘車両として登場。シナリオでは序盤などで多用することになる。
凱歌の号砲 エアランドフォース
日本を占拠したアメリカ陸空軍の車両として登場。プレイヤーも購入して使用できる。
コール オブ デューティシリーズ
CoD4
マルチプレイの一部マップにオブジェクトとして置いてある。
CoD:MW2
Act II「自らの意思」において、ワシントンモニュメント近辺を防衛する米陸軍の車両として登場。主人公たちの突入路をこじ開けるため、建物に陣取るロシア軍兵士らに機関砲掃射を行う。
CoD:MW3
マルチプレイの一部マップにオブジェクトとして残骸が置いてある。
戦闘国家シリーズ
アメリカの基本装備として組み込まれる。
大戦略シリーズ
M2・M3・M6がアメリカの基本装備として組み込まれる。
バトルフィールドシリーズ
BF2
USMCおよびEUの対空車両としてM6 ラインバッカーが登場する。
BF2MC
USMCの対空車両としてM6 ラインバッカーが登場する。
BFBC
米軍の歩兵戦闘車としてM3A3が登場する。
BFBC2
マルチプレイにてM3A3が登場する。砂漠塗装と雪上塗装タイプがある。
マーセナリーズ
国連軍の歩兵戦闘車として登場する。
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス
「重APC」という名称で登場する。
レッドクルシブル2

出典[編集]

  1. ^ a b c M2A3 and M3A3 Bradley Fighting Vehicle Systems (BFVS), Federation of American Scientists (FAS) 2000-05-05 (英語)
  2. ^ a b M2 and M3 Bradley Fighting Vehicle Systems (BFVS), GlobalSecurity.org 2005-06-24(英語)
  3. ^ a b c 河津幸英著 『イラク戦争』 アリアドネ企画 2005年7月10日第一版発行、ISBN 4-384-03400-8
  4. ^ a b M2 Bradley Fighting Vehicle, Gary's Combat Vehicle Reference Guide 2007-10-25(英語)
  5. ^ Thompson LB, Korb LJ, Wadhams CP. Army Equipment After Iraq (PDF) Lexington Institute and Center for American Progress. 2008-10-30

注釈[編集]

  1. ^ ただし、XM765をもとにエリコン KBA 25mm機関砲を搭載したAIFVは、輸出用途では一定の成功を収めた
  2. ^ M2 ブラッドレー歩兵戦闘車が4,641両でM3 ブラッドレー騎兵戦闘車が2,083両である
  3. ^ 車体後面、ランプドア部分に装備された2基のガンポートはその後も装備されている
  4. ^ A1型までは下車戦闘兵の座席は7名分あり後部の6名に加えて操縦士の後ろ、砲塔の左前に1名の機関銃手席があった
  5. ^ 高速徹甲弾を発射する砲に共通の危険だが、本機関砲でも徹甲弾発射時には砲口前方にサボが超音速で放たれるため、友軍歩兵などはその前方100m左右17度の範囲には立ち入らないように求められる
  6. ^ 下車戦闘部隊の携行する機関銃もM240Cの同種のM240B 7.62mm汎用機関銃(650発/分-850分/分、11.1kg)である。
  7. ^ 初期の生産車ではガンポートそのものは装備されており、銃眼部分だけがボルト留めされた鋼板で塞がれているが、後にはガンポートそのものが装備されていない形で生産されている。
  8. ^ M242 25mm機関砲の口径拡大型(後にMk 44 ブッシュマスター IIとして制式化された)が選定される予定であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]