M1128 ストライカーMGS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
M1128 ストライカーMGS
Exercise Allied Spirit I, Day 5 150117-A-EM105-337.jpg
M1128 ストライカーMGS、2015年
種類 装輪式自走砲
諸元
重量 18.77t
全長 6.95m
全幅 2.72m
全高 2.64m
要員数 3名(車長運転手・砲手[1]

装甲 14.5mm弾に対抗可能[2]
主兵装 M68A2 105mm戦車砲
副兵装 M2 12.7mm重機関銃
M240C 7.62mm同軸機銃
M6 スモークディスチャージャー
エンジン キャタピラー 3126
ターボディーゼル
変速機 6速オートマチック
懸架・駆動 8×8輪駆動
行動距離 530km
速度 60mph(96km/h)
テンプレートを表示

M1128 ストライカーMGS(M1128 Stryker Mobile Gun System, MGS)は、アメリカ陸軍ストライカー旅団で運用される装輪式自走砲である。

スイスのモワク社によって開発されたピラーニャIIIをベースにジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ・カナダ(GDLS Canada)が製造しているストライカーシリーズの車種で、主武装としてM68A2 105mm戦車砲を装備している。

概要[編集]

M1128の主砲であるM68A2 105mm戦車砲は、元々イギリスで開発されたライフル砲で、M60パットンセンチュリオンなど、西側諸国の多くの国の主力戦車の主砲として採用されていた。M1128の105mm砲は自動装填装置や安定化装置を装備して射撃や装填が自動化されており、砲塔の前面投影面積は非常に小さなものになっている。車内に18発の砲弾を搭載可能で、毎分5、6発の射撃速度を持つ。M68は対戦車砲としても優秀であるが、M1128の主な任務はストライカー旅団歩兵火力支援を行うことであり、対戦車戦闘を主任務として考えられた車両ではない。ストライカー旅団における対戦車戦闘は、主にM1134 ストライカーATGM英語版が担当する。

M1128の105mm砲は、4種類の砲弾を運用可能である。M900運動エネルギー弾装甲車両への攻撃、M456A2成形炸薬弾は非装甲車両や敵兵士への攻撃、M393A3粘着榴弾バンカー内の敵兵や隠れた敵狙撃兵への攻撃や壁を破壊して歩兵の侵入路を確保するなどの用途、そして、M1040キャニスター弾(散弾)は散開した敵兵への攻撃に使用される。

初期のM1128には空調システムが装備されていなかったため、コンピュータオーバーヒートが多発し、また、兵士は冷却機能を持ったベストを着用するなどしていた。その後、改修により空調システムが装備された。

また、大型の砲塔のわりにはハッチが小さく、緊急時の脱出は容易ではない。自動装填装置に修理の必要が発生した場合には、兵士は車外に出て作業を行う必要がある。

M1128は2002年に最初のプロトタイプが完成し、アメリカ陸軍への部隊配備は2007年に行われた[1]。米陸軍は総計142両のM1128を導入し、2013年の時点で各ストライカー旅団に27両、各大隊に9両ずつ配備されている。

2013年後期には、アメリカ軍はM1128を"空輸可能な装甲化された自走砲"として敵支配地域などへの侵入任務に運用することを検討した。これまでイラクアフガニスタン第82空挺師団がこういった侵入任務を行う際には攻撃航空機による支援を行っていたが、この方法は正確性に欠け、民間人に被害を出したり、隠匿された目標物を攻撃できなかったりという問題があった。この問題に対し、第18空挺軍団にM1128 ストライカーMGSを装備し、敵支配地域への侵入任務に使用するプランが考えられた。ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ・カナダは既存のM1128に対し、防御力の強化やサスペンションの強化などを行い、この任務に最適な車両を開発できると提案した。この車両はMPF(Mobile Protected Firepower)と呼称されており、2024年頃に配備予定とされている。

装輪式自走対戦車砲の比較
日本の旗16式機動戦闘車 中華人民共和国の旗11式装輪突撃車中国語版[3] フランスの旗AMX-10RC アメリカ合衆国の旗M1128 MGS[4] イタリアの旗チェンタウロ 南アフリカ共和国の旗ルーイカット
画像 JGSDF Type 16 Maneuver Combat Vehicle(26-6348) right front view at Camp Nihonbara October 1, 2017 06.jpg Chinese ZTL-11.jpg AMX-10-RC.JPG MobileGS.jpg Blindo centauro deserto.jpg Rooikat wheeled tank.jpg
全長[5] 8.45m 8.00m 6.24m 6.95m 7.40m 8.20m
全幅 2.98m 3.00m 2.95m 2.72m 3.05m 2.90m
全高 2.87m 2.10m 2.60m 2.64m 2.73m 2.80m
重量 約26t 26t 17t 18.77t 26t 28.8t
最高速度 100km/h 85km/h 100km/h 108km/h 120km/h
乗員数 4名 3名 4名
主武装 52口径105mmライフル砲 105mmライフル砲
or
122mm榴弾砲
48口径105mmライフル砲 51口径105mmライフル砲 52口径105mmライフル砲 62口径76mmライフル砲
副武装 12.7mm重機関銃M2×1
7.62mm機関銃×1
12.7mm重機関銃×1
7.62mm機関銃×1
12.7mm重機関銃M2×1
7.62mm機関銃×1
12.7mm重機関銃M2×1
7.62mm機関銃×1
7.62mm機関銃×2 7.62mm機関銃×2


画像[編集]

登場作品[編集]

アニメ[編集]

ゴルゴ13
第21話『ガリンペイロ』においてゴルゴ13武器を調達した企業の社内で待機している形で多数登場。

ゲーム[編集]

ARMA 2
独立拡張パック"Operation Arrowhead"にMGSの他、ICV・MC・CV・CEV・ATGMなど各種バリエーションが登場し、プレイヤーやAIが操作可能。
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
Act I「チームプレイヤー」で登場し、民兵に向けて攻撃を行う他、博物館模型が置いてある。
大戦略シリーズ
MGSの他、ICV・ATGMが登場。
バトルフィールド3
DLC「ArmerdKill」にて、追加されたマップに戦車駆逐車として実装。
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス
連合軍装輪戦車として「ガーディアンアーティラリー」の名称で登場する。
メタルギアソリッド4
PMC兵士がAct.IIで使用。

Armored Warfare

ディーラー、WölfliのTDルートTire8車両として「M1128 MGS」の名称で登場。
開発を進めると追加装甲としてケージ装甲やERA、防護にAPSなどが装備可能。砲弾はAPFSDSHEPHEATが使用可能。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b military-today.com M1128 Stryker Mobile Gun System
  2. ^ Army Fact File – Stryker”. 2008年4月16日閲覧。
  3. ^ 08式歩兵戦闘車の派生型。
  4. ^ アメリカ軍の運用思想上は、対戦車用途ではなく歩兵支援用である。
  5. ^ 車体長の場合も含まれる

関連項目[編集]