発煙弾発射機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
74式戦車に装備された、74式60mm発煙弾発射機

発煙弾発射機(はつえんだんはっしゃき、smoke grenade dischargers:スモーク・ディスチャージャー)は、軍用車両などに装備されている煙幕を張るための装置で、世界各国の戦車装甲車などに装備されている。防御戦闘時に敵の視界を遮ったり、随伴歩兵の進撃を支援したり、対戦車ミサイル防御に用いられたりと、用途は様々である。

大きさは各国で様々であり、発煙弾の呼び直径としては40-81mmぐらいが製品化されている。戦車などには複数個まとめた状態で外装されており、車内からの遠隔操作で発射される。近年では、レーザー検知装置と連動して自動発射される物もある。

関連項目[編集]