Mk 36 SRBOC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mk.137 発射機とMk.5 ロッカー。カートリッジが装填されている

Mk.36 SRBOC英語: Mark 36 Super Rapid Bloom Offboard Countermeasures)は、アメリカ合衆国が開発した艦載用のデコイ展開システム。NATOシー・ナットと並んで、西側諸国でもっとも一般的な機種となっている。

概要[編集]

Mk.36 SRBOCは、攻撃機対艦ミサイルなどの攻撃に対処し、これを撹乱するために用いられる。多くの場合、電子戦支援(ESM)システム(レーダー警報受信機など)と連動して、脅威を探知すると同時に、自動的に対抗手段を投射して、艦の周囲に展開することができる。ここで使用される対抗手段としては、古典的なチャフフレアのほか、NULKAのようなアクティブ・デコイや使い捨て型電子対抗手段(ECM)装置もある。

Mk.36 SRBOCは、Mk.137 発射機とMk.164 制御盤、Mk.160 電源装置などによって構成されている。Mk.137 発射機は、本質的には130mm口径、固定式の6連装臼砲であり、初速は75メートル毎秒である。モデルによって、システムに含まれる発射機の基数は変わっており、Mod.1, 5で2基、Mod.2, 6, 9で4基、Mod.8で8基、Mod.10で6基が配置されている。

再装填は手動であり、発射機近傍には予備弾を収容したMk.5 RSL(Ready Service Locker)が配置されており、このロッカー1基につき20発の予備弾が収容されている。その後、容量を35発に増やしたMk.5 Mod.4 RSLが開発され、Mod.11以降ではこれが採用された。Mod.11では4セットの発射機およびRSLが、Mod.12では6セットの発射機およびRSLが含まれている。


参考文献[編集]

  • www.fas.org (1999年6月30日). “MK 36 SRBOC (HTML)” (英語). 2009年11月18日閲覧。