メートル毎秒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メートル毎秒
記号 m/s
国際単位系組立単位
速さ
定義 1秒間に1mの速さ
テンプレートを表示

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度単位である[注釈 1][1][2][3]。1メートル毎秒は、「1間に1メートル速さ」と定義される。なお、速さ速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと。

単位記号は、m/s である。m/sec としてはならない[注釈 2]

日常会話では「秒速何メートル」とも表現する。また、風速日本では通常メートル毎秒で測るが、「毎秒」を省略して「風速何メートル」と表現することが多い。

1メートル毎秒は、以下に等しい。

派生単位[編集]

センチメートル毎秒[編集]

センチメートル毎秒(記号:cm/s)は、1秒間に1センチメートルの速さと定義される速度の単位で、1メートル毎秒の100分の1である。

CGS単位系における速度の基本単位である。

カイン(kine)の別名があり、日本では地震動の最大の速さを表す単位として用いられている。建物の被害との関連では、加速度のガルとともに、重要な指標とされる[4]

注釈[編集]

  1. ^ 国際単位系では、「速さ」、「速度」の単位としているが、日本の計量法では、「速さ」の単位としており、「速度」の単位とはしていない。
  2. ^ 国際単位系(SI)は世界共通のルールです 3ページ目、誤りやすい単位記号の例として、「50 sec(正しくは→50 s)」とある

出典[編集]

  1. ^ 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター 『国際文書 国際単位系 (SI)』、2006年、第 8 版日本語版。 p.28 「表 2 基本単位を用いて表される一貫性のある SI 組立単位の例」に「速さ,速度」とある。
  2. ^ 計量法第2条第1項第1号中、「速さ」とある。「速度」ではない。
  3. ^ 計量単位令 別表第1 項番14に「速さ」とある。
  4. ^ 『地震-3』- 地震の大きさ日本建築構造技術者協会

関連項目[編集]

速度の単位
メートル毎秒
SI単位)
キロメートル毎時 ノット マイル毎時 フィート毎秒
1 m/s = 1 m/s = 3.6 km/h ≈ 1.9438 kt ≈ 2.2369 mph ≈ 3.2808 fps
1 km/h ≈ 0.27778 m/s = 1 km/h ≈ 0.53996 kt ≈ 0.62137 mph ≈ 0.91134 fps
1 kt ≈ 0.51444 m/s = 1.852 km/h = 1 海里/h ≈ 1.1508 mph ≈ 1.6878 fps
1 mph = 0.44704 m/s = 1.609344 km/h ≈ 0.8690 kt = 1 mi/h ≈ 1.4667 fps
1 fps = 0.3048 m/s = 1.09728 km/h ≈ 0.59248 kt ≈ 0.68181 mph = 1 ft/s