ガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガル
gal
Kinemetrics seismograph.jpg
地震計
記号 Gal
非SI単位(CGS単位系)
種類 組立単位
加速度
SI 0.01 m/s2
組立 cm/s2
定義 0.01 m/s2 (計量単位令による定義)
派生単位 ミリガル(mGal)= 0.001 Gal
語源 ガリレオ・ガリレイ
テンプレートを表示

CGS単位系においてガル(Gal)とは、加速度単位を言う[1]。Gal という名称はガリレオ・ガリレイGalileo Galilei)にちなむ[2]。地震に関連する分野ではよく用いられるが、国際単位系としては認められていない単位である[3]

他の単位への換算規則として、

1 Gal = 0.01 m/s2 = 1 cm/s2

が成り立つ。

定義[編集]

国際単位系(SI)において加速度の単位はメートル毎秒毎秒(m/s2)である。一方、ガル(Gal)は計量法などにおいて「メートル毎秒毎秒の百分の一」と定義されている[4]。したがって、

1 Gal = m/s2 = /s2 = 1 cm/s2

が成り立つ。

地球表面における重力加速度、すなわち標準重力は、正確に 9.80665 m/s² = 980.665ガルである。

世界最大の地震による加速度は、岩手・宮城内陸地震(2008年6月14日)の際に岩手県一関市厳美町祭畤で観測した4022ガルである。この記録は「地震時に記録された最大加速度」(largest peak ground acceleration measured in an earthquake )としてギネスに認定された[5][6]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+33FF - ㏿
㏿
ガル

脚注[編集]

  1. ^ ミリガルの記号は、mGalである。
  2. ^ 単位名をガリレオ (galileo) としている地域もある。
  3. ^ ただし、日本の計量法は特殊の計量である「重力加速度又は地震に係る振動加速度の計量」に限定してガル(Gal)および1000分の1のミリガル(mGal)の使用は認められている。
    計量単位令 別表第6 項番10
  4. ^ 計量単位令 別表第6 項番10 定義の項
    計量単位規則 別表第4
  5. ^ [1] Guinness World Records
  6. ^ 地震時の観測最大加速度のギネス認定 独立行政法人防災科学技術研究所、2011年1月11日