ガル

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ガル
gal

地震計
記号 Gal
非SI単位(CGS単位系)
種類 組立単位
加速度
SI 0.01 m/s2
組立 cm/s2
定義 0.01 m/s2 (計量単位令による定義)
派生単位 ミリガル(mGal)= 0.001 Gal
語源 ガリレオ・ガリレイ
テンプレートを表示

ガル: gal、記号:Gal)は、CGS単位系における加速度単位である。gal という名称はガリレオ・ガリレイ (Galileo Galilei)にちなむ[1]

国際単位系においては認められていない非SI単位である。ただし、日本の計量法は地震動などの計量に限定してその使用を認めている[2]

1 Gal = 0.01 m/s2 = 1 cm/s2 である。

定義

国際単位系 (SI)における加速度のSI単位メートル毎秒毎秒 (m/s2)である。一方、ガル (Gal)は計量法などにおいて「メートル毎秒毎秒の百分の一」と定義されている[3]。すなわち、ガルはCGS単位の一つであり、非SI単位である。

1 Gal = m/s2 = 1 cm/s2

である。

単位記号

ガルの単位記号は、立体の「Gal」である。ガリレオ・ガリレイ (Galileo Galilei)の人名にちなむので、最初の文字は大文字である。ガルの1/1000 であるミリガルの単位記号は、「mGal」である[4]

使用

加速度SI単位は、前述のようにメートル毎秒毎秒 (m/s2)であるが、地震に関連する分野においては、CGS単位系に属するガルがよく用いられる。このため、計量法はその第5条第2項において特殊の計量に用いる計量単位として、「重力加速度又は地震に係る振動加速度の計量」に限定してガル(Gal)および1000分の1のミリガル(mGal)の使用を認めており、キロガルやマイクロガルの使用は計量法上いかなる場合にも認められない。

地球表面における重力加速度、すなわち標準重力は、正確に 9.80665 m/s2 = 980.665 Galである。 (このことは、たとえば981ガルを越える加速度の振動がもしも鉛直方向に加わったならば、床にしっかり固定されていない物体はその質量が如何に大きくても床から離れて宙に浮いてしまうことを意味する。)

これまでの地震による世界最大の加速度は、岩手・宮城内陸地震(2008年6月14日)の際に岩手県一関市厳美町祭畤(まつるべ)で観測した4022ガルである。この記録は「地震時に記録された最大加速度」(largest peak ground acceleration measured in an earthquake )としてギネス世界記録に認定された[5][6]

ちなみに、1995年の阪神・淡路大震災では891ガルを、2011年の東日本大震災で震度7の宮城県栗原市では2,934ガルを、2016年の熊本地震で震度7を観測した熊本県益城町では1,580ガルを、2024年の能登半島地震で震度7を観測した石川県志賀町では2,828ガルを、それぞれ記録した[7]

符号位置

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+33FF - ㏿
㏿
ガル

Unicodeには、ガルを表す上記の文字が収録されている。これはCJK互換用文字であり、既存の文字コードに対する後方互換性のために収録されているものであるので、使用は推奨されない[8][9]

脚注

  1. ^ 単位名をガリレオ (galileo) としている地域もある。
  2. ^ 計量単位令 別表第6 項番10
  3. ^ 計量単位令”. elaws.e-gov.go.jp. 2022年3月25日閲覧。
  4. ^ 計量単位規則”. elaws.e-gov.go.jp. 2022年3月25日閲覧。
  5. ^ Largest Peak Ground Acceleration measured in an earthquake” (英語). Guinness World Records. 2022年3月25日閲覧。
  6. ^ 地震時の観測最大加速度のギネス認定”. 独立行政法人防災科学技術研究所 (2011年1月11日). 2011年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月25日閲覧。
  7. ^ 令和6年能登半島地震の評価” (2024年1月2日). 2024年1月7日閲覧。
  8. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  9. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年6月17日). 2016年2月21日閲覧。