こんごう型護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こんごう型護衛艦
JS Myōkō at Pearl Harbor, -27 Jun. 2012 a.jpg
DDG-175 みょうこう
艦級概観
艦種 ミサイル護衛艦
建造期間 1990年 - 1998年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 DDG:はたかぜ型護衛艦
次級 DDG:あたご型護衛艦
性能諸元
排水量 基準:7,250トン
満載:9,485トン
全長 161 m
全幅 21 m
吃水 6.2 m
深さ 12 m
機関 COGAG方式
LM2500ガスタービンエンジン (25,000馬力) 4基
可変ピッチ・プロペラ 2軸
電源 アリソン501-K34ガスタービン主発電機 (2,500 kW) 3基
速力 30ノット
燃料 1,785トン
航続距離 6,000海里 (20kt巡航時)
乗員 300人
兵装 54口径127mm単装速射砲 1基
高性能20mm機関砲CIWS 2基
Mk.41 mod.6 VLS (29+61セル)
SM-2 SAM
SM-3 ABM
VLA SUM
を発射可能
2基
ハープーンSSM 4連装発射機 2基
68式3連装短魚雷発射管 2基
艦載機 ヘリコプター甲板のみ
FCS Mk.99 SAM用 3基
FCS-2-21G 主砲用[1] 1基
C4I AN/WSC-3衛星通信装置
(AN/USC-42に後日換装)
NORA-1衛星通信装置
NORQ-1衛星通信装置
海軍戦術情報システム
(リンク11/14リンク 16にも後日対応)
イージス武器システム
OYQ-102対潜情報処理装置
レーダー AN/SPY-1D 多機能型 (4面) 1基
OPS-28D 対水上捜索用 1基
OPS-20 航海用 1基
ソナー OQS-102 艦首装備式 1基
OQR-2 曳航式[2] 1基
電子戦
対抗手段
NOLQ-2電波探知妨害装置
Mk.137 6連装デコイ発射機 4基
AN/SLQ-25 対魚雷デコイ[2] 1組

こんごう型護衛艦(こんごうがたごえいかん、英語: Kongo-class destroyer)は、海上自衛隊が運用するミサイル護衛艦の艦級。計画番号はF116[3]ネームシップの建造単価は約1,223億円であった[4][脚注 1]

海自初のイージスシステム(AWS)搭載護衛艦にして、アメリカ海軍以外が初めて保有したイージス艦でもある。6103中期防に基づき、昭和63年度から平成5年度にかけて4隻が建造された[6]

来歴[編集]

海上自衛隊は、第1次防衛力整備計画期間中の「あまつかぜ」(35DDG)によってミサイル護衛艦(DDG)の整備に着手した。その後、第3次防衛力整備計画より建造を開始したたちかぜ型(46/48/53DDG)でシステムのデジタル化と海軍戦術情報システム(NTDS)に準じた戦術情報処理装置の導入、そして五三中業より建造を開始したはたかぜ型(56/58DDG)ではCIC能力の強化とともにプラットフォームのガスタービン化も達成するなど、順次に性能強化を図っており、とくにはたかぜ型については在来型DDGの頂点に立つものと評されていた[7]

しかし一方で、当時のソビエト連邦軍においては、射程400km、超音速を発揮できるKh-22 (AS-4「キッチン」) 空対艦ミサイルと、その発射母機として、やはり超音速を発揮できるTu-22M爆撃機、そしてこれらを援護して電子攻撃を行うTu-16電子戦機の開発・配備が進められており、経空脅威は急激に増大していた。このことから、これらの在来型DDGが装備していたターター・システムでは、性能上対処困難という問題が生じ、電子戦下でも多目標同時対処可能な防空システムであるAWSの取得が志向されるようになった[6]

海上自衛隊がAWSの導入に向けて動き始めたのは1981年ごろとされている。数度の折衝を経て、1984年には、アメリカ側より「日本に対するAWSのリリース可能」との回答がなされた。これを受けて、同年8月には「イージス・プロジェクト・チーム」が発足、1985年8月には「洋上防空態勢プロジェクト」が編成された[6]。また昭和60年度計画で予定されていたはたかぜ型3番艦の建造が中止され、イージスDDGの建造余席が確保された[7]

1986年5月、防衛庁(当時)内に設置されていた業務・運営自主監査委員会を発展拡大させて防衛改革委員会が設置され、その傘下の4つの委員会および小委員会の一つとして洋上防空体制研究会(洋防研)が発足した。洋防研においては、OTHレーダー早期警戒機要撃戦闘機、そして艦対空ミサイル・システムを組み合わせることによる洋上防空体制の強化・効率化が模索されており、研究の結果、護衛艦の艦対空ミサイル・システムの性能向上についてはAWSが最適であるとの結論に至った。これらの検討結果は1987年(昭和62年)12月の安全保障会議において了承された[8]。これによって建造されたのが本型である[6]

1番艦がまだ建造中で艦名が公表される以前、その巨大な艦橋が旧海軍重巡洋艦高雄」に似ていることから、ジェーン海軍年鑑は「日本が高雄型を建造中」と報じていた。実際に、こんごう型の4番艦「ちょうかい」は、高雄型の3番艦「鳥海」から取られている。そして2000年代に入ると、高雄型2番艦の「愛宕」の名を受け継いだ艦をネームシップとするあたご型護衛艦が建造され、こんごう型の次級として就役することになる。

設計[編集]

船体[編集]

本型はアメリカ海軍アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦をモデルとしており、特にAWSの各種レーダー類の配置の必要上、上部構造物の設計は類似したものとなっている。一方で、船体部分の設計は従来の護衛艦と同じ手法によって行われているほか、海自がイージスDDGに群旗艦としての能力を要求したこともあって、上部構造物は大型化し、排水量は同級と比して大きく増大している[9]

船型は、アーレイ・バーク級では艦尾甲板が1段下がっている長船首楼型であったのに対し、本型では上甲板の整一化を図り、艦尾まで平坦に続く遮浪甲板型を採用した。なお艦尾甲板はヘリコプター甲板とされているが、ヘリコプターの発着が係留装置と干渉することがないよう、艦尾甲板の舷側部はなだらかに傾斜している。これを初代むらさめ型(32/33DD)を始めとする初期の海上自衛隊護衛艦の設計上の特徴であったオランダ坂に喩えて、ミニ・オランダ坂とも称するが、この造作はむらさめ型(03DD)をはじめとする第2世代DDにおいても踏襲された[10]。

またアーレイ・バーク級から導入された重要な要素が傾斜船型の採用である。これは、AN/SPY-1Dレーダーを設置するためには上甲板の幅を広げる必要があった一方で、艦の推進性能確保のためには吃水部分の幅を絞る必要があったことから、これらを両立させるために採用されたものであったが、レーダー反射断面積(RCS)低減にも効果があった。赤外線シグネチャー低減のため、煙突への低減装置装備や海水管の散水装置も設置されている。また水中放射雑音低減のため、プレーリー・マスカーを装備するほか、各種の防振・防音対策も講じられている[9]

抗堪性についても、相応に配慮されている。アーレイ・バーク級では船体は鋼製としたものの、煙突やマストはアルミ合金のままであったのに対して、本型では全鋼製とし、枢要区画においては更に二重隔壁およびニッケルクロムモリブデン鋼による弾片防御が導入され、またノンハロゲン難燃性ケーブルの導入などもなされている[3]。被害局限化のため、艦内は4つのゾーンに区分されている。また主要配管については、左右舷や甲板の上下などに分散しており、単に艦の中央部前後で左右に分けるだけだった従来のリングメイン方式よりも更に徹底した方式となっている。またNBC防御のため、艦内に与圧をかけて外圧と遮断している[9]

搭載艇は7.9メートル内火艇2隻のほか、6.3メートル複合型作業艇1隻が搭載された[9]

機関[編集]

船体設計は独自色が強かったのに対して、機関構成はおおむねアーレイ・バーク級に準じたものとなっている。主機関には、同級と同じゼネラル・エレクトリック LM2500ガスタービンエンジン石川島播磨重工業によるライセンス生産機)を海自としては初装備し、COGAG方式で主機関4基により推進器(5翼のスキュー付き可変ピッチ・プロペラ)2軸を駆動する方式とされた。機関区画は抗堪性に配慮してシフト配置とされており、前方の第1機械室が左舷軸、補機室(第2発電機室)を挟んで後方の第2機械室が右舷軸を駆動する方式とされた[9]。またこれら機械室の前後にそれぞれ第1・3発電機室が配されており、この5つの区画で機関区画を構成している[11]

電源としては、アリソン社の501-K34ガスタービンエンジン(石川島播磨重工業によるライセンス生産機)を原動機とする発電機(出力2,500 kW)3セットが搭載された[12]。これは2基を常用、1基を非常用として主発電機の運転区分により対応するものであった。従来の護衛艦の装備要領とは異なっており、機種を含めてアーレイ・バーク級から導入された手法であったが、以後のDD・DDG型護衛艦で標準となった[9]

装備[編集]

イージス武器システム (AWS)[編集]

艦橋構造物前方のSPY-1と艦首甲板のMk.41

上記の経緯より、本型の中核的な装備となるのがイージス武器システム(AWS)である。搭載している全ての戦闘システムは、AWSの戦術情報処理装置である指揮決定システム(C&D)および武器管制システム(WCS)に連接されている。バージョンは、就役時には1番艦から3番艦がベースライン4で、4番艦のみがベースライン5としてリンク 16に対応していたが、2014年現在では全艦がベースライン5.2となっている[9]

その中核となる多機能レーダーはAN/SPY-1Dで、固定式4面のパッシブ・フェーズドアレイ(PESA)アンテナは、03・04甲板レベルの艦橋構造物周囲四方に固定配置されている。これはアーレイ・バーク級と同様の装備要領である。またミサイル発射機としてはMk.41 mod.6 VLSを搭載する[13]が、その搭載要領もやはりアーレイ・バーク級と同様で、艦首甲板に29セル、艦尾甲板に61セルを備えている。なお発射機それぞれについて、3セル分を使って再装填用クレーンが配置されている[14]

搭載する艦対空ミサイルは、当初はSM-2ブロックIII(米海軍呼称RIM-66M-1)を用いていたが、後にブロックIIIA(米海軍呼称RIM-66M-2)、更には赤外線センサを付加したブロックIIIB(米海軍呼称RIM-66M-5)と順次に更新された[13]。これらの終末航程においてセミアクティブ・レーダー・ホーミング誘導を行うためのイルミネーターとしては、AN/SPG-62を艦橋構造物上部に1基、後部に2基の、計3基を搭載する[9][13]

ミサイル防衛能力[編集]

2007年12月18日ハワイカウアイ島沖での迎撃実験でRIM-161スタンダード・ミサイル3 (SM-3)を発射する「こんごう」
4番艦「ちょうかい」より発射されるスタンダード・ミサイル3

こんごう型は、RIM-161スタンダード・ミサイル3 (SM-3) ブロックIAを使用した弾道ミサイル防衛(BMD)で運用されるため全艦が改修を受けた。「こんごう」へのミサイル防衛能力付与のための改修とSM-3の取得、発射試験の合計予算は340億円、「ちょうかい」は307億円、「みょうこう」は309億円、「きりしま」は312億円となる。

SM-3ミサイルは航空自衛隊PAC-3ミサイルとの併用で対処するものとして導入された[要出典]。SM-3の1発の値段は20億円程度。実用配備数は8発×4隻の32発であるが、導入数は各艦実射試験用1発を合わせた9発×4隻の36発となる。

最初に改修が完了した「こんごう」(佐世保基地所属)は、2007年12月18日のハワイ、カウアイ島沖での迎撃実験(JFTM-1)で、SM-3ブロックIAにより、高度100キロ以上の大気圏外を飛行する標的ミサイル1発の迎撃に成功し、翌月に実戦配備された。

次に改修を受けた「ちょうかい」(佐世保基地所属)は2008年12月20日に、模擬弾道弾の発射時刻を知らされない状態での迎撃実験(JFTM-2)を行い、探知、追尾、発射には成功したが撃墜には失敗した。この結果について防衛省では「イージスシステムは正常に作動しており、SM-3の弾頭部分に何らかの不具合が生じた可能性がある」としている。

3番艦「みょうこう」(舞鶴基地所属)は、2009年10月27日、2番艦「きりしま」(横須賀基地所属)は2010年10月28日に弾道ミサイル迎撃試験(JFTM-3、JFTM-4)を行い、予め時刻を知らせられない条件下で発射された射程1,000km級の弾頭分離型準中距離弾道ミサイルを模した標的ミサイルの捕捉・追尾・迎撃に成功した。

準中距離弾道ミサイルはブースト上昇が終了した段階で着弾地点推定が出せるが、朝鮮半島から発射された場合、日本列島主要域に着弾するまで7分程度しかないため、飛来する全てのミサイルを要撃対象とせざるをえない[15]。 但し、2011年04月におこなわれたFTM-15: First "Launch on Remote" Aegis Missile Defense Testで示されたように、C2BMC(指揮管制戦闘管理通信システム)を介して迎撃を可能にするリモート発射能力が確認されている。(FTM-15では、現用SM-3でウェーク島のAN/TPY-2により1,000km以上離れたクェゼリン環礁から発射された 3000-5500km型のトライデントSLBM改造型標的弾頭の迎撃に成功している・車力分屯基地のAN/TPY-2と朝鮮半島基部までは 1000-1300km)[要出典]

常時哨戒配置の高練度艦1隻に作戦可能な低錬度艦1隻、入港補給等非活動艦1隻、教育・ドック入り等未活動艦1隻で、常に最低1隻は哨戒できる体制を取ることを目的に4隻の改修が行われるが、24時間程度前から液体燃料注入等の発射準備を衛星情報で感知できた場合、3隻まで対処に回すことが可能と想定されている。改修されたこんごう型が配備されることで、海上自衛隊で1ユニット、複数のイージス巡洋艦イージス駆逐艦を配備する在日米海軍で1ユニットと2つ以上のMDイージス艦を日本海海上で常時哨戒させる体制を確立することが出来る様になる。

防衛予算が2002年(平成14年)度から2010年度(平成22年)度まで8年連続で漸減している中で、総額で毎年1,000億円から2,000億円掛かる[脚注 2]高額なミサイル防衛システムの導入を進めることで、従来型装備の調達や人員体制、訓練体制に大きな影響を及ぼしている[要出典]

弾道ミサイル探知の実績[編集]

1998年に「みょうこう」が、北朝鮮によるミサイル発射実験で発射されたテポドン1号の探知・追尾に成功した。

2006年発射実験では、日本海に展開していた「こんごう」と「みょうこう」がテポドン2号とみられる噴射熱の探知・追尾を行った。これはミサイル防衛計画艦が「実戦」で弾道ミサイルの探知・追尾に成功した初めての例となった。

2009年の発射実験では、一部の艦がSM-3による弾道弾迎撃能力を付与されていたことから、初めて防衛大臣により破壊措置命令が発出され、弾道弾迎撃能力獲得のための改修をうけた「こんごう」と「ちょうかい」が日本海側に、未改修の「きりしま」が太平洋に展開され、銀河2号の探知・追尾に成功した。ただしミサイルが日本の陸域に落下しなかったので迎撃は行われなかった。

この際に使用されたのは、AN/SPY-1レーダーが元から備えていたNTDCプログラム (Non-Tactical Data Collection)だったが、イージスBMDにおいては、弾道ミサイルの追尾に使用する専用のプログラムが開発され、より精緻な追尾を可能にする発展型プロセッサも組み込まれている。

ソフトウェアの一時供給停止[編集]

上記の「こんごう」の改修に際し、アメリカ側はイージス艦の情報漏洩問題を受けて、2007年7月に改修に必要なソフトウェアや文書等の供給を停止した。日本側が新たな情報保全体制の取り組みを説明したのを受け、8月3日に供給は再開している。この供給停止による改修計画への遅れはないとしている[17]

対潜戦[編集]

本型では、対潜戦能力についても、従来護衛艦と比して大きく刷新されている。最大の変更点がOYQ-102対潜情報処理装置(ASWCS)を中核としたシステム化である。海自では、既にあさぎり型(58DD)などにOYQ-101 ASWDSを搭載していたが、これは戦術曳航ソナーソノブイなどの情報を統合し、パッシブ運用のシステム化を図るものであった。これに対し、本型搭載のOYQ-102は、アーレイ・バーク級でも搭載されていたAN/SQQ-89に範をとって、AWSと同様のシステム統合を図っている[18]

ソナーとしては、50DDHで搭載された75式探信儀 OQS-101の後継機種であるOQS-102を搭載した[19]。なお、バウドームの前部はラバー・ウィンドウとされている[20]。また艦尾左舷からは曳航式のOQR-2も繰り出される[2][9]

対潜兵器としては、艦首側のMk.41 VLSから発射される垂直発射式アスロック(VLA)とともに、後部上構付近の両舷に68式3連装短魚雷発射管HOS-302を装備している[2][9]

対水上戦[編集]

対水上捜索用のレーダーとしては、前任の56DDGと同系列のOPS-28Dを搭載する。これは遠距離での精密捜索能力に優れており、水上の目標のみならず、低空を飛行する巡航ミサイルシースキマー)などの探知にも使用される[21]

艦対艦ミサイルも56DDGと同様で、ハープーンを4連装発射筒2基に収容して搭載している[2][9]

砲熕兵器[編集]

54口径127mm単装速射砲

主砲としては、アーレイ・バーク級で搭載されていた54口径5インチ単装砲(米海軍Mk.45)や、56DDGで搭載されていた54口径5インチ単装速射砲(米海軍Mk.42)ではなく、オート・メラーラ製の54口径127mm単装速射砲(127mmコンパット砲)を搭載した。これはその名の通り、汎用護衛艦(DD)などで搭載されていた76mmコンパット砲のスケールアップ・モデルとして開発されたものであり、海上自衛隊としては初の採用例であった。またこれと組み合わせる砲射撃指揮装置(GFCS)としては、56DDGなどで搭載されたFCS-2-21に所定の改正を加えて、艦橋上部に装備した[6][9]

CIWSは、従来の護衛艦同様ファランクスを2基搭載しているが、従来の両舷配置から中心線上の前後配置に、CIWS基部も露出した状態からアーレイ・バーク級と同様に改められている。尚、こんごう型は全4隻がBlock1Bへの換装を完了している。

電子戦[編集]

NOLQ-2電波探知妨害装置(電子攻撃部分)

電子戦装置として、原型艦であるアーレイ・バーク級は、電子戦支援機能しかもたないAN/SLQ-32(V)2電波探知装置を搭載していた。これに対して本型では、電子攻撃機能を備えるとともに、より精巧な国産機であるNOLQ-2電波探知妨害装置を装備している[2]。これは、技術研究本部において昭和50年度より「水上艦用電波探知妨害装置」として開発されていたもので、まず電波探知(ESM)機能のみが汎用護衛艦(DD)向けのNOLR-8として昭和60年度より装備化されたのち、電波妨害機能も備えたNOLQ-2が本型で装備化された[3]。対艦ミサイル防御(ASMD)を重視して、ミサイル・シーカー波の瞬時探知・全方位同時捜索などの機能を備えている[22]

また、チャフ・IRデコイフレア)を展開するため、他の護衛艦と同様にチャフロケットシステム(Mk 36 SRBOC)を装備しており、そのMk.137 6連装デコイ発射機は4基が搭載される。装備位置は前部01甲板上である[9]

航空機[編集]

後部甲板

アーレイ・バーク級フライトIと同様、ハンガーこそもたないが、ヘリコプター甲板と給油機能を有している。またSH-60Jに搭載されるヘリコプター戦術情報処理装置(HCDS)との連接のため、ORQ-1ヘリコプター・データリンクも搭載されるなど、航空運用能力は56DDGと比して大きく向上している[9]

配備[編集]

同型艦一覧
艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 所属
DDG-173 こんごう 三菱重工業
長崎造船所
1990年
(平成2年)
5月8日
1991年
(平成3年)
8月26日
1993年
(平成5年)
3月25日
第1護衛隊群第5護衛隊
(司令部:横須賀基地
(定係港:佐世保基地
DDG-174 きりしま 1992年
(平成4年)
4月7日
1993年
(平成5年)
8月19日
1995年
(平成7年)
3月16日
第2護衛隊群第6護衛隊
横須賀基地
DDG-175 みょうこう 1993年
(平成5年)
4月8日
1994年
(平成6年)
10月5日
1996年
(平成8年)
3月14日
第3護衛隊群第7護衛隊
舞鶴基地
DDG-176 ちょうかい 石川島播磨重工業
東京第1工場
1995年
(平成7年)
5月29日
1996年
(平成8年)
8月27日
1998年
(平成10年)
3月20日
第4護衛隊群第8護衛隊
(司令部:呉基地
(定係港:佐世保基地)

インド洋派遣[編集]

テロ対策特別措置法による後方支援の一環として、インド洋への海上自衛隊の派遣が決定された際、当初からリンク機能の装備状況を考慮してイージス艦を派遣艦に含めることが検討されていたが、

  1. 高性能な新鋭艦の派遣は示威目的ではないのか
  2. イージスシステムによる米軍とのデータリンクは、政府見解で違憲行為とみなされている集団的自衛権の行使にあたるのではないか
  3. 派遣中の日本の防衛体制に穴が開く

などの反対意見が国会などであった。そのためインド洋へのイージス艦の派遣は2002年末まで行われなかった。

最終的に本型艦の派遣が決定された理由として、司令部機能を持つ護衛艦のローテーションの組みやすさ、高い情報処理能力による安全性の確保、乗員の負担が軽減できる居住性の良さなどがある。ただし、こんごう型にはヘリコプター格納庫がないため運用できる哨戒ヘリ数は減少することになった。

登場作品[編集]

映画
ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒
劇中ニュースの資料VTRで自衛隊によるガメラ追跡のシーンで、名前は呼ばれないが型番が175の護衛艦「みょうこう」が登場する。
バトルシップ
海上自衛隊の艦艇として「みょうこう」が登場しエイリアンの機動兵器と砲戦を行うが敵弾の数が多くCIWSで全て迎撃できず撃沈してしまう。ただし、実際に劇中に「みょうこう」として登場している艦艇、ないしCGモデルはあたご型護衛艦のものである。
亡国のイージス
映画版で、「みょうこう」が護衛艦いそかぜ役で登場。なお、原作の小説版でははたかぜ型護衛艦の3番艦だった。
名探偵コナン 絶海の探偵
エンドロールにおいて、あたご型護衛艦あたご」とともに、実写で「きりしま」が登場。
漫画、アニメ
イノセント・ヴィーナス
国防軍の艦艇として登場。
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
中国より発射された東風-21を迎撃するため、「こんごう」と「きりしま」が、アメリカ海軍第7艦隊の「シャイロー」及び「カーティス・ウィルバー」と共に登場する。
艦隊これくしょん -艦これ-いつか静かな海で
第3話で、艦娘の「金剛」とともに、「こんごう」が登場。こんごう型か故に、霧島妙高鳥海も登場している。
新世紀エヴァンゲリオン
テレビアニメ第8話にて、エヴァ弐号機を護衛する国連軍参加艦艇として登場。作戦図上に「DDG-173 KONGO」と表記されていた「こんごう」を始めとして6隻以上が登場している(うち1隻は「61」という艦番号が与えられていた)。ガギエル迎撃戦闘で複数艦が弐号機の足場にされ、檣楼(艦橋構造物)や信号檣(檣頭)などを潰される。
また、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では第2方面軍所属艦がむらさめ型護衛艦などと共に、第7の使徒迎撃に当たっている。個艦としては「210」という艦番号の艦が確認できる。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ではヴィレ所属の艦艇として、艦番号173などが登場。
スカイガールズ
テレビアニメ第9話にて京浜コンビナートをワームから防衛すべく、艦番号173、174、175の3隻が登場。この内艦番号173には「おうぶ」という架空の艦名が与えられている。
戦闘妖精・雪風
アニメ版であるOVA版第4話にて、架空の原子力空母アドミラル56タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦と共に、国連軍艦隊として南極に展開し、超空間通路から飛び出したジャム機と交戦した。
続・戦国自衛隊
「こんごう」が登場。プロローグ朝鮮半島に向かう陸上自衛隊を乗せたおおすみ型輸送艦おおすみ」をはたかぜ型護衛艦「はたかぜ」とともに護衛する。北朝鮮が発射したテポドンをアメリカ海軍とともに迎撃する。
超時空戦艦まほろば
架空のこんごう型護衛艦「やまあらし」「すなあらし」が登場。国連軍のPKF艦隊に参加してまほろばを追跡する。
ビビッドレッド・オペレーション
ブルーアイランド防衛軍の所属艦として「こんごう」「きりしま」「みょうこう」が登場。ブルーアイランド沖に現れたアローンを迎撃するために展開するが、「こんごう」がアローンのレーザー攻撃によって撃沈される。
ムダヅモ無き改革
架空のこんごう型護衛艦「たかお」が登場。艦番号はDDG-179。「獅子の血族編」の主人公、真田又次郎二佐が艦長を務める。
まりかセヴン
架空のこんごう型護衛艦「こじはる」が登場。怪獣グランケと交戦中に、泳げないまりかセヴンによって、『新世紀エヴァンゲリオン』第8話での八艘飛びを真似て怪獣に接近するための踏み台にされ、大破した。
勇者王ガオガイガー
テレビアニメ第39話にて、横須賀沖を航行中の「きりしま」が瞳原種に取り込まれている。
小説
川の深さは
「こんごう」が登場。「鮫」のコードネームを持ち北朝鮮の瀬取り船を撃沈に向かうが、それを阻止しようとする主人公らが乗ったAH-64 アパッチと交戦する。
群青神殿
小川一水の海洋冒険小説。謎の海中生物からの脅威に対応するために編成された、護送商船団の護衛艦艇の一隻として登場。
宣戦布告
「みょうこう」と「こんごう」が登場。日本に接近する不審船を警戒する。映画版では、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦が「みょうこう」の代役を務めた。
MM9
架空のこんごう型護衛艦「はくば」が登場。架空のはるな型護衛艦「すずか」などと共に、海底を移動する群体怪獣シークラウドを追跡、攻撃した。
その他
SAVIOR OF SONG』プロモーション・ビデオ(ミュージック・ビデオ
ナノの「SAVIOR OF SONG」のPVに「きりしま」が登場。イージス艦上でPV撮影が行われたのは、日本音楽史上初となる[23]

脚注[編集]

  1. ^ なお年間の維持管理費が40億円かかるとされている[5]
  2. ^ 04年度:1,068億、05年度:1,198億、06年度:1,399億、07年度:1,826億[16]

参考文献[編集]

  1. ^ 多田智彦「世界的レベルのFCS開発秘話海上自衛隊FCS発達史-2-」、『軍事研究』第32巻第11号、ジャパンミリタリー・レビュー、1997年11月、 204-222頁、 NAID 40000812861
  2. ^ a b c d e f Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 363-364. ISBN 978-1591149545. 
  3. ^ a b c 技術研究本部 (2002). "技術開発官(船舶担当)" (PDF). 技術研究本部50年史. Retrieved 2015/06/21. 
  4. ^ 防衛省経理装備局 艦船武器課 (2011年3月). “艦船の生産・技術基盤の現状について (PDF)”. 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ 加藤健二郎 『いまこそ知りたい自衛隊のしくみ』 日本実業出版社2004年ISBN 4534036957
  6. ^ a b c d e 山崎眞「ミサイル護衛艦建造の歩み (特集 ミサイル護衛艦50年史)」、『世界の艦船』第802号、海人社、2014年8月、 69-75頁、 NAID 40020135975
  7. ^ a b 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み(第26回)はつゆき型DD(その4),あさぎり型DD(その3)53・56中業,はたかぜ型DDG(その1)」、『世界の艦船』第812号、海人社、2015年2月、 106-113頁、 NAID 40020307845
  8. ^ 防衛庁 「第3部 わが国防衛の現状と課題」『防衛白書』、1988年2012年9月29日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「こんごう型 (特集 ミサイル護衛艦50年史) -- (ミサイル護衛艦全タイプ)」、『世界の艦船』第802号、海人社、2014年8月、 90-93頁、 NAID 40020136021
  10. ^ 「海上自衛隊全艦艇史」、『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 182-185頁、 NAID 40006330308
  11. ^ 「船体・機関 (特集・最新鋭イージス艦「あたご」) -- (最新鋭イージス護衛艦「あたご」のすべて)」、『世界の艦船』第678号、海人社、2007年8月、 76-85頁、 NAID 40015530276
  12. ^ 寺田政信「1994年における舶用機関技術の進歩」、『日本舶用機関学会誌』第30巻第7号、1995年7月、 489-527頁。
  13. ^ a b c 岡部いさく「海自DDG搭載ミサイル発達史 (特集 ミサイル護衛艦50年史)」、『世界の艦船』第802号、海人社、2014年8月、 98-103頁、 NAID 40020136039
  14. ^ 「ウエポン・システム (特集・最新鋭イージス艦「あたご」) -- (最新鋭イージス護衛艦「あたご」のすべて)」、『世界の艦船』第678号、海人社、2007年8月、 86-93頁、 NAID 40015530277
  15. ^ 人工衛星ICBMは別の軌道となり区別可能。対処能力も持っていない。
  16. ^ 防衛省公式サイト 平成19年度政策評価 総合評価 弾道ミサイル防衛政策 参考
  17. ^ 8月11日 産経新聞
  18. ^ 山崎眞「わが国現有護衛艦のコンバット・システム」、『世界の艦船』第748集、海人社、2011年10月、 98-107頁。
  19. ^ 多田智彦「世界の最新対潜兵器ラインナップ (特集 新時代のASW)」、『世界の艦船』第760号、海人社、2012年5月、 100-105頁、 NAID 40019244795
  20. ^ 「1.船体デザイン (護衛艦の技術的特徴)」、『世界の艦船』第742号、海人社、2011年6月、 100-105頁、 NAID 40018815744
  21. ^ Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 
  22. ^ 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み(第25回)ポスト4次防の新装備(短SAMおよび発射装置)はつゆき型DD(その3)あさぎり型DD(その2)」、『世界の艦船』第810号、海人社、2015年1月、 194-201頁、 NAID 40020274355
  23. ^ 日本初のイージス艦上撮影実現!ナノ新曲PV制作に密着 - 最新音楽ニュース ナタリー(2013年9月10日)

関連項目[編集]