香田洋二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香田 洋二
VADM Yoji Koda 2006.jpg
2006年、佐世保地方総監当時
生誕 1949年12月
日本の旗 日本 徳島県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1972 - 2008
最終階級 JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海将
除隊後 ハーバード大学アジアセンター上席フェロー
ジャパン マリンユナイテッド顧問
テンプレートを表示

香田 洋二(こうだ ようじ、1949年昭和24年)12月 - )は日本の元海上自衛官、第41代自衛艦隊司令官海将)。徳島県出身。

海上幕僚長の有力候補であったが、いくつかの理由[1]から、自衛艦隊司令官を最後に退官した。

略歴[編集]

  • 1949年(昭和24年)12月:出生
徳島県立脇町高等学校卒業
8月30日:第36代統合幕僚会議事務局長に就任
12月14日:護衛艦「しらね」、戦闘指揮所(CIC)火災事故
2月19日:護衛艦「あたご」、漁船衝突事故
3月21日:海上自衛隊の一連の不祥事による指揮監督義務違反で減給処分を受ける[2]
8月1日:退官

親族[編集]

  • 長田博(義父、第16代海上幕僚長)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 軍事研究」2008年5月号、P147によれば、2001年の海自インド洋派遣決定に際し、当時海上幕僚監部防衛部長の地位にあった香田と、当時防衛庁の天皇とまで呼ばれた守屋武昌防衛庁防衛局長(後に防衛事務次官となる)との間に政策立案上の齟齬が生じる等の事態が発生し、その後守屋側の人事的圧力もあったこと等が理由とされる。
  2. ^ 防衛省報道資料(2008年3月21日)
  3. ^ <一般参加者募集>平成25年度 戦争史研究国際フォーラム - 共同通信PRワイヤー企業リリース - Asahi Shimbun Digital and INFORMATION

出典[編集]

  • 防衛年鑑2008(防衛年鑑刊行会)