オート・メラーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オート・メラーラ (Oto Melara)は、かつてブレーシャラ・スペーツィアに本拠を置いていたイタリアの防衛関連企業である。

歴史[編集]

1905年に武器製造会社ヴィッカース・テルニ (Vickers Terni) として設立され、第一次世界大戦でとりわけ40mmおよび大口径火器の製造を行った。

1929年にオデーロ・テルニ・オルランド (ODERO TERNI ORLANDO) に改称、その後 OTO と縮められ、この名称で第二次世界大戦中は戦艦用の大口径艦載砲を製造した。

1953年、創立時の場所であるラ・スペーツィアの地区の名前にちなんでオート・メラーラ (Oto Melara) を最終的な正式名称に採用した。

イタリアのNATO加盟当初では、社の製品はトラクターや織機などの民間用に移行していたが、その後、1985年にコンソルティオ・イヴェコ・フィアットに加わって、ようやく兵器の製造を再開することが可能となった。アリエテ MBTチェンタウロ ACVダルド IFVプーマ APCなどの設計と製造に貢献した。

1992年にEFIM グループが整理されることになった際、フィンメッカニカ社の管理下に入って合理化のプロセスの結果、オート・メラーラはブレーダ (Breda) 社と合併してオート・ブレーダ (OTO Breda) 社となった。しかし、その後の再編で2001年12月1日にオート・ブレーダはオート・メラーラ (Oto Melara S.p.A.) の名に戻った。

2016年1月1日にフィンメッカニカ社は組織改編を発表、オート・メラーラ社は同社の防衛部門として吸収された[1]

戦時から社の2つの大きな成功作はNATO軍で使用中の105/14 山岳用榴弾砲および全世界で53級の艦艇が採用し1000基以上搭載されているオート・メラーラ 76/62 艦載砲がある。

製品[編集]

現在、社はフィンメッカニカの管理下で「フィアット イヴェコ オート・メラーラ」連合体の一員として以下の製品がある。

ライセンス生産[編集]

この連合体では他にイタリア陸軍向けに70輌のPzH 2000ライセンス生産した。 さらに以下の兵器もライセンス生産している。

脚注[編集]

  1. ^ Finmeccanica: Mauro Moretti launches "One Company"”. 2016年1月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]