リヴォルヴァーカノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
代表的なリヴォルヴァーカノンであるマウザー BK-27

リヴォルヴァーカノン英語: revolvercannon,ドイツ語: Revolverkanone)は、砲身は1本だがチャンバー薬室)が円周に沿って複数個並ぶシリンダーを持っており、これを回転させて連射を行う機構を持つ機関砲である。

概要[編集]

リヴォルヴァーカノンとは、乱暴に単純化すれば「大口径の弾薬を使用する、全自動射撃機構を持つ回転式拳銃」である。回転式拳銃とは“弾薬自体は外部の弾倉に装弾し、発砲時のみシリンダーに装填する”という点で異なるが、「単一の銃身に回転する複数の薬室を持つ」という火器としての機構は同一である。

本形式の機関砲の利点は、通常の遊底往復式機構を持つ銃器に比べて高い発射速度を達成できることで、同じく高い発射速度を発揮できるモーターガトリング方式の機関砲より圧倒的に立ち上がりが早い(作動を開始してから初弾発射までのインターバルが短い)ことである。最高速度は超音速に達し高亜音速~遷音速で巡航できる現代の戦闘機同士のドッグファイトでは、機材の作動に要する1秒以下の間であっても射点を大きく逃してしまうため、この点でリヴォルヴァーカノンはモーターガトリングに対して大きなアドバンテージがある。

特徴[編集]

DEFA 30mmリヴォルヴァーカノンの機関部カットモデル

リヴォルヴァーカノン方式の火砲は、軽量で嵩張らないため大口径化・携行弾数増大が容易、メンテナンスが比較的容易かつ低コスト、外部動力を用いず自力駆動が可能である[1]といった点がある。更に、構造上、装弾口を砲身とは異なる軸線上に設けることができるため、テレスコピック弾(こちらも、構造上砲身とは異なる方向・軸線に給弾方向を設けることが容易である)との相性がよいとされる。回転式薬室は前後どちらからでも装填できる設計にすることができる[2]ため、テレスコピック弾を用いて前装式設計とすることで、火砲全体の全長を著しく短くすることもできる。

この構造上の設計自由度の高さを応用し、ドイツのラインメタル社では、燃焼式薬莢を用い、燃焼ガスを後ろに噴射して反動を相殺する無反動機関砲、RMK30(英語版)を開発・試作している[3]

欠点としては、やはりガトリングの持つ圧倒的な発射速度および弾幕展開能力には及ばないことが挙げられ、AMX軽攻撃機ブラジル仕様機やトーネード IDS[4]のように、砲を2門装備することでそれを補う場合もある。また、発射速度の高い自力駆動式機関砲全てに言えることだが、不発や遅発があると作動不良に陥りやすいという点もある。

歴史[編集]

現代において“リヴォルヴァーカノン”と呼ばれる火器は、第二次世界大戦末期にドイツマウザーが開発したマウザーMG 213機関砲を元祖としている。結局MG213は実用化が間に合わなかったが、その性能は当時としては驚異的なものであり、西側諸国は試作品や図面を接収、新型航空機関砲設計の雛形とした。

このため、以後開発されたリヴォルヴァーカノン方式の航空機関砲は、基本的には殆どがこのMG213のコピー、もしくは発展型である。朝鮮戦争以降、M61 バルカンの採用までアメリカ空軍が使用していたM39はMG213の口径20mm型から、フランス30mm DEFA砲、イギリス30mm ADEN砲は口径30mm型からの、ほぼフルコピーに近い存在である。また、パナヴィア・トーネードユーロファイター タイフーンに搭載されるマウザー BK-27は、MG213を開発したマウザー自身により開発・製造された27mm リヴォルヴァーカノンで、その設計はMG213を27mm弾仕様とし、給弾方式をメタルリンク式からリンクレス給弾方式に変更した改良型といってほぼ差し支えない。

MG213のフルコピーではなく各所に独自の改良を加えたものもあり、スイスエリコン社が開発したエリコン KCA 30mmリヴォルヴァーカノンは差動方式はほぼ同様ながら独自の機構を持っている。また、フランスがラファール戦闘機に搭載するために開発した30 M 791(DEFA 791)があり、これらはMG213を参考にしたものではあっても独自の設計である。

上記の他にもいくつかの試作品があるが、主に西欧のもので、ソビエトを始めとした東欧圏ではほとんど用いられていない。しかし、ソビエトは前方装弾式・テレスコピック弾使用のR-23 23mm航空機関砲(英語版)を開発・実用化しており、ツポレフ Tu-22超音速ジェット爆撃機の尾部に装備されたDK-20(9-A-242) リモコン銃座の装備機関砲に用いていた他、水冷式冷却機構を持つ30mmリヴォルヴァーカノンのNN-30を開発し、AK-230艦載機艦砲システムに搭載している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ソビエト連邦ではガス圧駆動式の自力駆動型ガトリング砲が実用化されている
  2. ^ 同じ銃砲で前後両側からの装弾を可能にすることは流石に不可能である
  3. ^ RMK30は試作には成功し、攻撃ヘリコプターや装甲車、艦艇などに搭載して実射試験が行われたものの、実用にはいくつかの難点があり、試作に終わった。
  4. ^ 派生型のADVでは1門に減らされている

参考元[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]