ラファール (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダッソー ラファール

ラファールB

ラファールB

ラファールフランス語: Rafale)は、フランスダッソー社が開発した戦闘機フランス空軍海軍マルチロール機として運用されている。当初フランスは、イギリスドイツとの共同開発で欧州戦闘機開発を行っていたが、軍事的・政治的理由(後述)で脱退。その後、単独で開発に着手し、完成させたのが同機である。

クロースカップルドデルタ(close coupled canard/delta)と呼ばれる無尾翼デルタ式にカナード翼を組み合わせた翼を持つ。機体名称は、フランス語で「疾風突風」の意味。

開発の経緯[編集]

1980年代初め西ヨーロッパ諸国で戦闘機を共同開発をする計画が上がり、当初フランスもその計画に参加していた。この戦闘機はフランス以外の国では陸上戦闘機として使用するため機体サイズに制約はなかったが、当時は欧州各国で唯一フランスだけがCTOL航空母艦を保有しており、その艦上機としての運用も考えていたフランスは機体サイズに関するフランス案の採用を求めていた。空軍ミラージュF1ミラージュ2000海軍シュペルエタンダールLTV F-8Eの後継機をそれぞれ必要としており、前者を戦術作戦機(Avion de Combat Tactique:ACT)、後者を海軍作戦機(Avion de Combat Marine:ACM)と呼び、空軍海軍両軍はACTとACMを共同で試作用作戦機(Avion de Combat Experimenatal:ACX)として開発することにした。これが後のラファールの原型である。

フランスは自国産のエンジンに執着しており、スネクマ社のM88エンジン(推力7,600kg[1])の採用を強く主張した[注 1]。しかし、より高性能な国際共同開発(事実上はイギリス政府と、再民営化前のRRが主導)のユーロジェット EJ200[注 2]を搭載するということでフランス以外の国では話がまとまってきており、出力の低さが機体規模を制約するM88エンジンが採用される可能性は皆無に等しかった。当時のスネクマ社は経営状況が思わしくなく、M88の採用に会社の存亡がかかっているといっても過言ではなかったこと、フランス政府にとっては自国の産業を守る意味でも、核弾頭、ミサイル、原子炉のすべてを国産した核戦力同様に全方位戦略の後ろ盾としての外国の意向に左右されない自国製戦闘機用エンジンの確保という意味でも妥協はあり得なかった。

また、陸上基地から発着する空軍機としての運用を主眼としていた他国と異なり、2隻のCTOL空母を保有するフランスは、生産機数の1/4から1/3になる海軍機として共用できるかどうかは、総生産機数と単価に関わる重大事でもあった。保有するクレマンソー級は正規空母とはいえ排水量はエセックス級と同程度であり、カタパルトの能力ではより劣っていたことから運用できる機体規模については20トン程度が限度であり、のちにシャルル・ド・ゴールとして結実する原子力空母がより新型のカタパルトや着艦拘束装置を搭載するにせよ、ドックによる船体の上限、その船体が支える飛行甲板面積の制限がある以上、大型艦上機は飛行甲板でのハンドリングにおいて不利に働く。そのため、フランスにはM88を捨ててまで国外製エンジンを搭載したより大型大重量の戦闘機を採用するという動機に欠けていた。

関係各国で粘り強く話し合いが続けられていたが、結局フランスは最後まで妥協を拒み1985年7月に共同開発計画から脱退、8月には自国単独での戦闘機開発を進めることを決定した。これによりイギリスのBAe社とドイツのMBB社は共同でECA(欧州作戦機)の開発をすることにした。この計画で開発されたのが、のちのユーロファイター タイフーンである。

こうしてフランスは自国で新戦闘機開発を行うこととなり、1990年代後半の運用開始を想定して開発作業を行っていった。単独での兵器開発は共同開発に比べて国家間での調整は不要となる。それゆえ、タイフーンのような参加各国との調整に時間をとられることはなかった。ただし、M88も完成でいえばEJ200と同時期であることや部隊配備もユーロファイターとさして差がないことから、開発開始時期で先行していても一国で用意できる資金の限度が開発を長期化させる傾向を読み取ることができる。そもそも国際共同開発の目的は、複数国の需要をまとめることによる開発資金の確保にある。

ラファールA

ラファール技術デモンストレーター機はM88よりも150キロほど重いアメリカGE社製のF404エンジンを搭載するように設計された。設計時点でM88の完成品は存在せず、高圧コンプレッサーの地上試験が行われている段階であり、進捗はフランス政府の資金の投入に左右されていた。エンジンの完成を待ってインテグレートを行った場合はさらに数年の時間が見込まれたであろう。ACXは自重9t程で、空対空戦闘には空対空ミサイルを6発、空対地戦闘には3,500kgの兵装を搭載でき、作戦行動半径650kmの性能を持つ機体とされた。1983年初頭に「ラファール」と命名。当初は2機のデモンストレーターを用意する予定であったが、結局1機のみとなり、1984年3月に製造が開始された。ラファールA(ナンバー"01")がロールアウトしたのは1985年12月14日であった。地上試験後、ラファールAは1986年7月4日に初飛行し、マッハ1.3、数日後には現代戦闘機の最高速度に近いマッハ1.8を記録した(アメリカの場合、初飛行では降着装置を出したまま、制限付きで飛行することが多い)。ライバルにあたるEAPは8月6日の初飛行でマッハ1.1を記録している。

ラファールAは1986年9月、イギリスで行われたファーンボロー航空ショーで一般公開された(EAP(Experimental Aircraft Program)も参加)。搭載したF404はすでにF/A-18のエンジンとして量産される一方でM88は開発途上であり、実際、量産型となるM88-2の納入は1996年となったが、F404搭載による早期戦力化は俎上にも上らず、あくまで軽量の新型エンジンであるM88を搭載した戦闘機として開発が継続された。ラファールAは1987年4月30日に空母「クレマンソー」へのアプローチ試験を実施した。1988年7月4日-8日にかけ、姉妹艦の「フォッシュ」も使用し、85回のアプローチ試験を行う。また、1989年には「クレマンソー」、「フォッシュ」両艦で92回行われた。これと並行し、300回以上も陸上飛行場でも空母着艦を想定した試験が行われた。これら試験の結果、旧型機のシュペルエタンダールよりも9km/h遅い222km/hでのアプローチが可能なことを証明した。1989年4月、デジタル操縦システムの試験を開始、7月12日に完了。完了した段階で飛行回数460回(飛行時間:430時間50分)を超えた。この間、最大AOA(迎え角)32°、最小速度148km/h、低高度最大速度1,390km/hを記録。1990年2月にラファールAは右エンジンをF404からM88-2に変更。試験飛行を再開する。さらに3月には左エンジンも変更し、推力不足に陥るが、試験飛行を繰り返し、1992年10月30日に飛行回数708回(飛行時間:約1,000時間)に達する。その後、867回目のフライトを最後に、1994年1月24日退役。オルレアン近郊のシャトード空軍基地に保管されている。

アメリカ海軍の空母「エンタープライズ」に着艦するラファールM

しかし、冷戦の終結による国防予算削減の影響により、計画は次第に遅れが出始めた。また、配備数も当初空軍ミラージュ2000の後継として250機(C型:225機 B型:25機)、海軍F-8E(FN)シュペルエタンダールの後継としてM型を86機導入する予定であったが、空軍は234機(C型:95機 B型:139機)、海軍はM型60機に削減された。なお、空軍の配備数内訳で複座型の割合が増えているが、これは複合任務を行うには複座が適しているとのことからである。また、海軍では同様の理由から導入する60機のうちの25機を複座型のラファールNとする計画もあったがキャンセルされた。

現在、ラファールは海軍型であるラファールMが重点的に生産されている。これは空軍が使用しているミラージュ2000が比較的優秀で成功を収めた第4世代ジェット戦闘機であるのに比べ、海軍が艦上機として長らく使用していた旧式の(第2世代機に相当する)F-8E(FN)の陳腐化・老朽化が顕著であり、早急に更新を進める必要があったためである。艦上攻撃機のシュペルエタンダールも、もとより作戦機としては物足りない性能であったことに加え、やはり旧式化しつつあることから、マルチロール機のラファールMへの更新が進められている。海軍への引き渡しは2000年から始まり、2003年にIOC(初期作戦能力)を獲得した。一方、空軍には2002年から引き渡しが始まり、2006年6月にIOCを獲得した。

2007年頃から、アフガニスタン紛争で実戦投入されているほか、2013年1月、フランスがマリ共和国(のイスラム系反政府勢力)に対して行った軍事介入(セルヴァル作戦)にも使用されている[2]。2014年9月には、イラクに展開する過激派組織ISILの物資集積拠点にGBU-12を投下、破壊する作戦に従事した[3]

機体[編集]

正面から見たラファールB
ハードポイントの位置

ラファールは、クロースカップルドデルタ翼機である。後退角は45度で、翼端をカットした台形型のクリップドデルタである。無尾翼デルタ翼の場合は低翼配置にする例が多いが、本機の場合は、地上からのクリアランスとミサイルをはじめとした大型兵装の搭載スペースを確保し、さらに決して余裕があるとはいえない推力を補うために空気抵抗の少ない中翼配置を採用している。そして主翼の付け根の前方の延長線上にカナードを装備した[注 3]

前部胴体は内側にへこんだ逆三角形型をしており、エアインテークはそのへこんだ部分に楕円形状に左右2か所設けられている。エアインテーク前の機体形状は独特の曲線で構成されている。この設計により、レーダー反射断面積こそタイフーンより劣るものの、ステルス性を向上させている。不時着が難しい洋上における想定外の事態に対するリスクヘッジや任務・戦闘における生残性の向上のために海軍機は双発であることが望ましいとされるが、海空統合機として設計されたラファールのエンジンも例外ではない。しかし双発型でありながら、小型・軽量のM88エンジンの採用や配置の工夫によって、機体そのものは非常にコンパクトにまとめられている。

機体は静的安定性弱化がなされており、フライ・バイ・ワイヤにより操縦が行われている。操縦系統はデジタル系統が3チャンネル、アナログ系統が1チャンネルで、機械系統は設けられていない。縦方向の制御には、先尾翼にあたるカナードと主翼内側のエレボンの双方を用いる。

翼端にはミサイルランチャーがあり、それを含めたハードポイントは14箇所(海軍型は13箇所)ある。固定武装として左主翼付け根に30 M 791 30mm機関砲を装備する。

アビオニクス面ではRBE2パッシブ式フェーズドアレイレーダーIRSTMIDS戦術データ・リンクを搭載し、さらにF-22F-35といった第5世代ジェット戦闘機に匹敵するセンサー・フュージョン(各種センサーの情報を一つの戦術情報に統合して表示する)能力を持つ。 2012年からはアクティブ式のRBE2 AAの搭載が行われているほか、RBE2の後継となるレーダーの開発も進められている[4]

コックピットタッチパネル式の多機能ディスプレイを採用したグラスコックピットとなっており、サイドスティック式の操縦桿とスロットルレバーのデザインを統一することで操作性を高めている。また、アメリカJHMCSに相当するTopOwl-Fヘッドマウントディスプレイの運用も可能。兵装面ではマルチロール機として幅広いミッションを行うべく、これから開発されるものも含めた、さまざまな兵器を使用できるようになっている。

海軍向けの艦載機型であるM型は、降着装置の強化やアレスティング・フックの改良などの改修により自重が6.5%増加しているが、基本的なシステムは空軍向けと同じで、高い共通性が持たされている。

なお、海軍が配備を急いだことから、海軍向けの最初の10機は空対空能力しか持たないF1仕様、続く15機は限定的な対地攻撃能力を持つF2仕様として引き渡され、それ以降の機体が完全な能力を持つF3仕様となった。空軍向けの機体はF2仕様の初期機体以外全機がF3仕様となっている。F1/F2仕様もF3仕様に改修される予定だが、予算上の制約からF3仕様の完全配備は2020年頃までずれ込む見込みとなっている。

事故[編集]

2007年12月6日サン=ディジエ=ロバンソン空軍基地所属の機体が夜間訓練飛行中に就役以来初の墜落事故を起こしている[5]

2009年9月24日非武装テスト飛行後、二機のラファールが空母シャルル・ド・ゴール」に帰還中、フランス南西部の都市Perpignanから30kmの上空で衝突した。パイロットFrançois Duflotは死亡が確認され、もう一人は救助された[6]

2010年11月28日空母「シャルル・ド・ゴール」から飛び立った機体がアラビア海に墜落。この機体はアフガニスタンの作戦に参加する機体だった。パイロットは脱出に成功し、空母からの救助ヘリにより救助された。事故原因はパイロットによる燃料タンクの切り替えによって、燃料不足でエンジンがストップしたためだった[7]

2012年7月2日共同訓練中、空母「シャルル・ド・ゴール」から飛び立った機体が地中海に墜落。パイロットは脱出に成功、アメリカ海軍の空母「ドワイト・D・アイゼンハワー」からの救助ヘリにより救出された[8]

派生型[編集]

ラファールA
技術デモンストレーター機。当初はアメリカGE製F404エンジンを搭載していた。
ラファールB
空軍向けの複座型。
ラファールC
空軍向けの単座型。
ラファールD
量産型の俗称(ステルス性を持つことから)。
ラファールM
海軍向けの単座型。空母艦上機
ラファールN
海軍向けの複座型。空母艦上機。予算削減のためキャンセル。
ラファールMk.2
輸出型。RBE2-AAやコンフォーマル・フューエル・タンク、推力強化型のM88-Xエンジンを搭載する。

輸出[編集]

ラファールは輸出にも積極的で各国への売込みを行っており、比較的高い評価を得ているが、政治環境や契約内容により導入が決定した例は少ない。

採用国[編集]

インドの旗 インド
  • インド空軍
MiG-21の後継となる多目的戦闘機MMRCA)として2012年1月31日に採用決定。これによって、海外で最初の導入国となった。導入予定機数は126機で、まず3年以内に18機を輸入し、その後はライセンス生産する予定[9]。その後特に動きが見られなかったが、2015年4月に36機発注されたことが明らかになった[10]
エジプトの旗 エジプト
  • エジプト空軍
2015年2月12日に24機の採用が発表された[11]。その5か月後の7月20日には早くも最初の3機の納入式典が行われた[12]
カタールの旗 カタール
  • カタール空軍
インドへ売却する予定のミラージュ2000-5の後継としてF-35F/A-18E/FF-15E、タイフーンと共に候補に挙がっており、24-36機を導入する予定だった[13]。2015年4月30日に24機の採用が発表された[14]

提案・計画[編集]

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
  • アラブ首長国連邦空軍
ラファールを購入して、保有するミラージュ2000の一部をパキスタンエジプトに売却する計画が出ていたが、2010年9月に白紙となった[15]。しかし、現在も60機程度の導入を検討中とされ[16]、2015年に交渉が再開された[17]
アルジェリアの旗 アルジェリア
  • アルジェリア空軍[18]
リビアの旗 リビア
  • リビア空軍
2007年12月上旬に10-14機の販売が可能であるとフランスのメディアが報道した[19]が、選択したのはSu-35Sだった。しかし、2012年7月には、内戦に伴い、崩壊した空軍を再建するべくユーロファイター タイフーンとともに購入する計画を発表した[18]
ギリシャの旗 ギリシャ
  • ギリシャ空軍
有力な導入予定国の1つとして売り込みが行われているが、経済危機のため先行きは不透明なままである。
クウェートの旗 クウェート
  • クウェート空軍
18-22機の導入を検討しているが、現在はアラブ首長国連邦がラファールを採用するかどうかをカタール(2015年4月30日導入を発表)と共にうかがっている[20]

過去に検討[編集]

韓国の旗 韓国
  • 大韓民国空軍
F-4Dの後継となる戦闘機としてF-15K(F-15Eの改良型)Su-35タイフーンと共に提案され、選考の結果、タイフーン(当時まだ完成していなかった)とSu-35が落とされ、ラファールとF-15Kとの一騎打ちとなった。最終選考ではF-15Kよりラファールの方が総合的な性能は優れているとの評価を得たが、政治的な問題からF-15Kが採用された。その後のF-4D/E後継の次期戦闘機計画には提案を行っていない。
シンガポールの旗 シンガポール
  • シンガポール空軍
A-4SUの後継としてF-15T(F-15Eの改良型)、タイフーンと共に提案された。選考の結果、導入時期に不安を抱えるタイフーンが落とされ、F-15Tとの一騎打ちとなったが、最終的にF-15TがF-15SGとして採用された。
日本の旗 日本
  • 航空自衛隊
F-4EJ改の後継としてF-15FX、F/A-18E/F、タイフーン、F-35、F-22Aと共に候補に挙がっているとして報道されたが、ダッソー社はそもそも提案していないとしてこれを否定した。なお、日本は2011年12月20日に次期戦闘機をF-35とすると正式に発表した。
モロッコの旗 モロッコ
  • モロッコ空軍
ミラージュF1F-5E/Fの後継として提案された。対抗馬はF-16C/D、提案内容はラファール24機もしくはラファールとミラージュ2000を12機ずつとなっていたが、価格が主な決め手となってF-16C/Dが採用された[21]
スイスの旗 スイス
  • スイス空軍
F-5E/Fの後継としてタイフーン、グリペンNGと共に提案され、性能面での評価は高かったものの、経済性の面からグリペンNGが採用された。
ブラジルの旗 ブラジル
  • ブラジル空軍
36機の調達を計画していた[22]が、2011年に予算不足から次世代戦闘機計画自体が先送りにされてしまい、その後高額という理由でグリペンNGが採用された[23]

スペック[編集]

ラファールA
ラファール 三面図
量産型

登場作品[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 以前にスネクマ社が開発したミラージュ向けのM53エンジン(推力は初期型が8,500kg、中期型が9,000kg、後期型が9,700kg)よりも低推力だが、単発機のミラージュに対して海軍機としての運用も目指したACXは双発であることを要求されたため、軽量で小型なエンジンが必要だった
  2. ^ M88エンジンよりわずかに大きい程度のサイズだが、それらより一回り大きい旧式のM53と同等以上となる9,700kgの推力を有する
  3. ^ この配置はタイフーンやグリペンなどの欧州第4世代ジェット戦闘機に共通する特徴である

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.snecma.com/military-engines/training-and-combat-aircraft/m88
  2. ^ “仏軍、マリ北部に初の空爆=一部で武装勢力退却情報も”. 時事ドットコム (時事通信社). (2011年1月14日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013011400017 2013年1月14日閲覧。 
  3. ^ “イラクで「イスラム国」に初の空爆”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年9月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3026529 2014年9月20日閲覧。 
  4. ^ Thales gets new AESA radar study contract
  5. ^ French Air Force Searches for Rafale Pilot (英語)
  6. ^ French navy locates pilot's body with crashed Rafale (英語)
  7. ^ Accident de Rafale au large du Pakistan (英語)
  8. ^ Crash d'un Rafale en Méditerranée (フランス語)
  9. ^ 『JWings』No.164 イカロス出版 2012年 84頁
  10. ^ インド、仏ラファール戦闘機36機を発注 組み立ては仏国内で AFPBB NEWS 2015年4月11日
  11. ^ ダッソー・ラファール初の輸出決まる エジプトへ24機 FlyTeam ニュース 2015年2月13日
  12. ^ ダッソー、エジプト空軍へラファールを5カ月のスピード納入 FlyTeam ニュース 2015年7月21日
  13. ^ 『世界の名機シリーズ ダッソー ミラージュ2000』 イカロス出版 2011年 59頁
  14. ^ Qatar to Buy 24 Rafale Fighters from Dassault Aviation
  15. ^ 『世界の名機シリーズ ダッソー ミラージュ2000』 イカロス出版 2011年 16頁
  16. ^ French Rafale UAE deal back on-report (英語)
  17. ^ UAE Restarts Rafale Talks With France
  18. ^ a b 航空ファン』No.717、2012年、123頁
  19. ^ France to sell Libya up to 14 fighter jets - report (英語)
  20. ^ Qatar and Kuwait wait to follow UAE's lead over purchase of Rafale fighter jets from France (英語)
  21. ^ 『世界の名機シリーズ F-16 ファイティングファルコン』 イカロス出版 2009年 94頁
  22. ^ 「ブラジル、仏ラファール戦闘機36機を調達へ」, AFPBB News, 2009年09月08日
  23. ^ 『航空ファン』No.735、2014年、126頁