ロールス・ロイス・ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロールス・ロイス・ホールディングス
株式会社(LSERR.)
業種 航空、防衛、船舶
設立 1987年(34年前) (1987
創業者 チャールズ・ロールズ Edit this on Wikidata
本社 イギリスの旗 ダービー, イングランド, イギリス
主要人物
Simon Robertson (会長)
ジョン・ローズ (CEO)
製品 民間と軍用航空機エンジン
船舶推進システム
発電機器
売上高 15,729,000,000 スターリング・ポンド (2018年) Edit this on Wikidata
−1,161,000,000 スターリング・ポンド (2018年) Edit this on Wikidata
−2,393,000,000 スターリング・ポンド (2018年) Edit this on Wikidata
総資産 31,857,000,000 スターリング・ポンド (2018年) Edit this on Wikidata
従業員数
54,500 (2018年) Edit this on Wikidata
ウェブサイト www.rolls-royce.com

ロールス・ロイス・ホールディングス: Rolls-Royce Holdings )は、アメリカのゼネラル・エレクトリック傘下のGE・アビエーションに続き、世界で2番目に大きい、イギリスの航空用エンジン製造会社である。GE・アビエーション、プラット・アンド・ホイットニー(アメリカ)とともに航空機用エンジンのビッグ3の一つに数えられる。防衛航空宇宙、艦船、発電等も手がける。

概要[編集]

ロールス・ロイスは、ロッキードトライスターに搭載する予定の新型エンジンであるRB211の開発の難航により経営難に陥り、1971年に国営化された。以来、航空機エンジンの分野が長年、売上の大半を占めるようになり、1973年には自動車部門を切り離し、1987年サッチャー政権下で再び、民営化された。ロールス・ロイスの防衛航空宇宙部門は世界で17番目であり、2005年のグループの売上の21%を占める。民間航空機向けの売上は53%、船舶向けは17%、発電向けは8%を占める。

歴史[編集]

前史[編集]

1906年に設立されたロールス・ロイスは当初自動車の製作を行う会社であり、最初の航空機エンジンが製作されたのは1914年だった。その後1920年代末までには航空用エンジンの販売は同社の売り上げの大部分を占めるようになった。会社設立者の一人であったヘンリー・ロイスが最後に設計したマーリン1935年に完成し、第二次世界大戦では多くの連合国側航空機に搭載された。

1960年代、ロールス・ロイスは航空機用エンジン「RB211」開発において大幅な軽量化を目論んだ炭素繊維製のファンブレードHyfilのバードストライク試験における失敗による開発の難航や自動車部門の不振などによって経営難に陥り、1971年には経営破綻、イギリス政府の管理下に置かれた。

設立の経緯[編集]

当時の首相であったエドワード・ヒースによって、ロールス・ロイスはイギリス国有化された。1973年、自動車部門(ロールスロイス、及びベントレーブランドの乗用車を製造・販売)が、「ロールス・ロイス・モータース」として分社され、ヴィッカースに売却された。

航空機エンジンの製造を始めとする工業部門は国有企業として営業を継続、1980年代には、民間航空機向けエンジンへの参入を指向し、17機種の異なるエンジンを供給するまでに成長した。同時期、民間航空機向けに供給されるエンジンは、ゼネラル・エレクトリックが14機種、プラット・アンド・ホイットニーが10機種だった。マーガレット・サッチャー政権下の1987年、再度民営に戻すことが決定され、現在に至るロールス・ロイスplcはここに成立した。

拡張[編集]

1988年、重工業で発電送電に強みを持つノーザン・エンジニアリング・インダストリーズを傘下に収めるなど他社を次々に傘下に収め、業界再編を促した。サッチャー政権下の追い風もあり、当時、衰退しつつあったイギリスの重工業に再び、競争力を取り戻すようにリストラクチャリングを行なった。

1990年BMWと合弁でBMWロールス・ロイスを設立、BR700エンジンを供給する。最新製品はガルフストリームG650用のBR750である。

アリソン・エンジン社の買収[編集]

1994年11月、米国の航空機エンジン製造会社であるアリソン・エンジンを傘下に収めたと発表した。ロールス・ロイス plcは、かねてよりアリソンの買収を目論んでいた。

アリソンを傘下に収めたことにより、新たに民間機向けのエンジンが4機種増えた。それにより一部の機種で重複する物がでてきたが、後に集約された。また、それまでアリソンが供給していたアメリカ軍向けの供給の存続が危ぶまれたが、アリソンとロールス・ロイスは安全保障を危険にはさらさないという主旨の共同声明を出した[1]

ロールス・ロイス トレント 900

1996年エアバスは、A3XX(後のエアバスA380)向けのエンジンとしてトレント 900エンジンに選択権を与えることを合意し、ロールス・ロイス plcは大型機向けエンジン市場に参入した。また、テイエンジンの販売によって地域航空部門での地位を高めた。

1999~2000年の買収[編集]

1999年クーパー・エネルギー・サービシーズ[2]ヴィッカース、エアモーティブ[3]を買収した。2000年には、BMW ロールス・ロイスのBMW株を獲得し、ロールス・ロイス・ドイツとして傘下に収めた。これらの獲得に10.63億ポンドが費やされた。

ロールス・ロイスplcは、ヴィッカースの獲得によって、海洋分野への進出を本格化させた。ヴィッカースは、買収される以前にスウェーデンウォータージェットメーカーであるカメワ、スコットランドの操舵機器やスタビライザーメーカーであるブラウン・ブラザーズ、ノルウェーの大型船舶向け機関メーカーであるウルスタイン [4]を買収し、その事業を拡大していた。ヴィッカースの軍用車両部門であるヴィッカース・ディフェンス・システムズは、2002年アルヴィス plcへ売却した。

製造技術[編集]

ロールス・ロイスのターボファンエンジンは3軸式という特徴がある。またファンブレードはチタンの板を3重に重ねて摩擦攪拌接合で接合して内部から加圧して成形された中空のファンブレードを採用し、GEが複合材料製(バードストライク時の耐衝撃性を高めるため前縁部はチタン製)を採用しているのに対して異なるアプローチを採っている。RRが複合材料製のファンブレードを採用しないのはRB211の開発時に当初採用した複合材料製のファンブレードでの開発が難航したのが一因との見方がある。

製品一覧[編集]

民間機用[編集]

旅客機用[編集]

地域航空用[編集]

ヘリコプター用[編集]

防衛関連[編集]

攻撃機用[編集]

ヘリコプター用[編集]

輸送機用[編集]

練習機用[編集]

戦闘機用[編集]

回転翼機用[編集]

無人機用[編集]

船舶用[編集]

ガスタービン[編集]

ディーゼルエンジン[編集]

推進器[編集]

潜水艦用[編集]

流体軸受け[編集]

  • ミッチェル ベアリングス

石油およびガス[編集]

ガスタービン[編集]

圧縮機[編集]

発電用[編集]

ガスエンジン[編集]

往復機関[編集]

発電装置[編集]

日本におけるロールス・ロイス[編集]

日本法人「ロールス・ロイスジャパン株式会社」は東京(霞が関ビルディング)にオフィスを持つ。民間航空部門、防衛航空部門、パワーシステムズ部門の3事業を展開し、全日本空輸日本航空自衛隊海上保安庁などに製品を納入している。また、川崎重工業三菱重工業IHI住友精密工業とリスク収益分担パートナー提携を結んでいる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ DoD is satisfied that deal between Allison Engine Co. and Rolls Royce does not endanger national security, 2009-09-22 閲覧. (英語)
  2. ^ : Cooper Energy Services
  3. ^ : National Airmotive Corporation
  4. ^ : Ulstein
  5. ^ Biggest Market share for new generation of widebodied aircraft”. 2007年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年12月17日閲覧。
  6. ^ Launch Engine for 787 
  7. ^ Biggest Market share for Boeing 777”. 2006年12月17日閲覧。
  8. ^ Biggest Market share for Airbus A330”. 2006年12月17日閲覧。
  9. ^ Sole Engine for Airbus A340-500/600”. 2006年12月17日閲覧。

出典[編集]

  • Peter Pugh, (2000), Icon Books, The Magic of a Name: The Rolls-Royce Story The First 40 Years. ISBN 1-84046-151-9
  • Peter Pugh, (2001), Icon Books, The Magic of a Name: The Rolls-Royce Story Part 2 The Power Behind the Jets. ISBN 1-84046-284-1
  • Peter Pugh, (2002), Icon Books, The Magic of a Name: The Rolls-Royce Story Part 3 A Family of Engines. ISBN 1-84046-405-4
  1. ^ www.defensenews.com:Top 100 Defense Contractors 2007
  2. ^ Rolls-Royce (2005) Rolls-Royce Annual Report 2005

関連項目[編集]

競合

参考文献[編集]

  • 大河内暁男『ロウルズ‐ロイス研究 企業破綻の英国的位相』(東京大学出版会、2001年) ISBN 4130460706
  • ジョン ニューハウス著 航空機産業研究グループ訳 『スポーティーゲーム―国際ビジネス戦争の内幕』學生社 (1988/12) ISBN 978-4311600142
  • Gunston, Bill. Development of Piston Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 2006. ISBN 0-7509-4478-1
  • John,Newhouse. The Sporty Game: The High-Risk Competitive Business of Making and Selling Commercial Airliners 1982. ISBN 978-0394514475

外部リンク[編集]