AN/AAQ-33

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B-1Bに搭載されたスナイパーポッド

AN/AAQ-33は、ロッキード・マーティンが、LANTIRN システムのAN/AAQ-14の後継として開発した照準ポッド英語版である。愛称はスナイパー。輸出仕様の名称はパンテーラ

特徴[編集]

FLIR、デュアルモードレーザー、レーザー目標追跡装置および指示装置レーザー測量機CCDイメージセンサ、映像データリンクの機能を備えており[1][2]レーザー誘導兵器の運用に加えてGPS誘導兵器に座標を送信することも可能である[3]くさび形の先端部はサファイアガラスの窓を有し[4]、その中に収められたセンサーには左右の回転方向は無制限、前後方向は5度から-155度までの自由度が与えられている[5]ロッキード・マーティンは、空対空用途に用いることも可能としており、受動式の探知および追尾やレーザースポット追跡に対応している[5]。また、ROVERenデータリンクを搭載しており、地上部隊などに画像や映像の送信が可能である。

メンテナンス性も改善され、自己診断機能やLRUにより、約20分程度で整備が可能となっている[1]

本機は、2001年アメリカ空軍の先進照準ポッド(:Advanced Targeting Pod)に選定され、現在では、F-16F-15EB-1BB-52HA-10Cなど、多くのアメリカ空軍の機体に装備されている[1]。輸出も行われ、多くの国の戦闘機にも装備されている[5]。機体側がLANTIRNのフル機能に対応しており自動操縦による低空飛行など地形追従レーダーの機能を必要とする場合は、LANTIRNの航法ポッドであるAN/AAQ-13と組み合わせて装備される。

F-35に内蔵される電気光学照準装置(EOTS)であるAN/AAQ-40は、AN/AAQ-33の派生型であり、幾つかのコンポーネントを共有している[6]

改良[編集]

2010年、CMDL[7]の搭載が行われて従来のビデオデータリンク機能が拡張され、より繊細な画像や映像のデジタル送信が可能となった[8]。また、同年には先進照準ポッド強化計画(ATP-SE:Advanced Targeting Pod – Sensor Enhancement)に選定された[1]。スナイパーATP-SEでは、センサーおよびプロセッサが強化され、NTISR(英:Nontraditional Intelligence Surveillance and Reconnaissance)モードが自動化されるなどの改良が行われている[1]

スナイパーATP-SEは、2013年1月に本生産が開始され[9]2014年3月17日にIOC(初期作戦能力)を獲得した[10]

対応機種[編集]

空軍州兵が本ポッドを搭載して、小型航空機の追跡に使用している[11]
2007年2月に選択され、2009年に展開が完了した[12]
ロッキードマーチンUK、BAE システムズSELEX ガリレオ英語版のチームが2008年2月19日に実証に成功した[13]
2013年8月に、ライトニングとの比較検討の上で本機が選定されている[14][15]

採用国[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アメリカ空軍

エジプトの旗 エジプト

エジプト空軍

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦空軍

オマーンの旗 オマーン

オマーン空軍

カナダの旗 カナダ

カナダ空軍

韓国の旗 韓国

大韓民国空軍

日本の旗 日本

航空自衛隊

サウジアラビアの旗 サウジアラビア

サウジアラビア空軍

シンガポールの旗 シンガポール

シンガポール空軍

タイ王国の旗 タイ

タイ王国空軍

トルコの旗 トルコ

トルコ空軍

ノルウェーの旗 ノルウェー

ノルウェー空軍

ベルギーの旗 ベルギー

ベルギー空軍

パキスタンの旗 パキスタン

パキスタン空軍

ポーランドの旗 ポーランド

ポーランド空軍

モロッコの旗 モロッコ

モロッコ空軍

ヨルダンの旗 ヨルダン

ヨルダン空軍

ルーマニアの旗 ルーマニア

ルーマニア空軍


仕様[編集]

ロッキード・マーティン公式より[5]

  • 全長:252cm
  • 直径:30.5cm
  • 重量:202kg
  • FLIR解像度:640x512ピクセル[16]
  • MABF:600時間
  • 配備日時:2005年1月[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Sniper pod”. アメリカ合衆国空軍 (2011年10月12日). 2013年10月6日閲覧。
  2. ^ Sniper Pod”. ロッキード・マーティン. 2013年10月6日閲覧。
  3. ^ Sniper XR / ATP - Advanced Targeting Pod”. Globalsecurity.org. 2013年10月6日閲覧。
  4. ^ Dr Carlo Kopp. “Thermal Imaging Sensors (PDF)”. 2013年10月7日閲覧。
  5. ^ a b c d Sniper Pod (PDF)”. ロッキード・マーティン. 2013年10月7日閲覧。
  6. ^ Lockheed Martin Conducts First Flight of F-35 Electro-Optical Targeting System on Cooperative Avionics Test Bed”. ロッキード・マーティン (2010年8月16日). 2013年10月6日閲覧。
  7. ^ Compact Multi-band Data Link
  8. ^ Lockheed Martin to Upgrade Sniper Advanced Targeting Pod’s Digital Data Link Capability
  9. ^ Full-rate production for new Sniper ATP”. UPI通信 (2013年1月17日). 2013年10月6日閲覧。
  10. ^ U.S. Air Force Declares Initial Operational Capability for Lockheed Martin’s Sniper Advanced Targeting Pod – Sensor Enhancement”. ロッキード・マーティン (2013年3月17日). 2013年3月24日閲覧。
  11. ^ Guard tests pod on F-15C for tracking ability
  12. ^ The great GR9 journey
  13. ^ LOCKHEED MARTIN UK DEMONSTRATES SNIPER® ADVANCED TARGETING POD ON BOARD TORNADO GR4
  14. ^ 航空自衛隊 (2013年8月2日). “ターゲティング・ポッドの機種決定について”. 2013年8月6日閲覧。
  15. ^ 空自のF-2戦闘機、スナイパーATP搭載8機種目にFlyTeam ニュース 2015年8月14日
  16. ^ 月刊軍事研究2009年8月号 別冊P.59

関連項目[編集]

外部リンク[編集]