第5世代ジェット戦闘機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第5世代ジェット戦闘機であるF-22

第5世代ジェット戦闘機(だい5せだいジェットせんとうき、英語:5th generation jet fighter)とは、それまでの戦術航空機での戦訓と技術の進歩から1980年代に概念が打ち立てられ、おおよそ2000年代から運用が始められたジェット戦闘機の一群のことをいう。

代表的な第5世代ジェット戦闘機(計画段階も含めて)としては、アメリカ合衆国F-22[1]F-35[1]、またロシアT-50 (PAK FA)[1]中国J-20などが挙げられる。

いずれにせよ、第5世代ジェット戦闘機として実用化されているのは、2015年現在においてF-22のみである。今後新たな戦闘機の登場によって、第5世代ジェット戦闘機の定義は変わる可能性もありえるので、留意する必要がある。

概要[編集]

Su-47

第5世代ジェット戦闘機の概念は意外に古く1981年にアメリカ空軍から提案された先進戦術戦闘機計画まで遡る。この提案によれば、「敵よりも先に発見し、先に(複数の敵機を)撃墜する」という条件を満たすよう規定されており、高度な火器管制装置ステルス性が求められていたことがわかる。

ただしアビオニクスについては急激な技術革新があったわけでなく、徐々に発達してきたものであり、また既存機のアップグレードも行われているため、世代間で隔絶した違いは無い。以前は第5世代の条件の一つと言われていたスーパークルーズ(超音速巡航)性能であるが、F-22はその能力はあるものの、F-35には付与されていない。一方で、第4世代ないしそれ以前の前世代戦闘機でもスーパークルーズ能力を有することがある。とくに、より高速度向けの性能を持つ狭義のターボジェットエンジンが主流であった旧世代には、むしろアフターバーナーなしのスーパークルーズはありふれたものであった。このように、意図して付与した性能ではないがスーパークルーズ能力を有する場合もあることから、これも第5世代機の必要条件とは言えない。そのため第4世代ジェット戦闘機との大きな差異はステルス性以外には見当たらないといえるが、ステルス性もまた第4.5世代ジェット戦闘機には限定的ながら付与されていることが少なくない。

ステルス性が第5世代ジェット戦闘機の要件として認知されるまでには、試行錯誤、紆余曲折があった。例えば極めて高度なCCV設計や、推力偏向を採用したジェットエンジンなど、より高度な運動性の追求が次世代戦闘機の条件と考えられた事もある。そのためX-29のような前進翼機や、通常の尾翼形式にさらにカナードを付加したCCV実験機が、研究されたこともある。しかしながら前進翼やカナード形式はステルス性を損なうことが判明し、先行して実用化されたステルス攻撃機のF-117が高い実績を残したことなどから、そうした高運動性は第5世代ジェット戦闘機の要件から外されてしまった。例えばスホーイ社はSu-47を「第5世代ジェット戦闘機」として発表したものの、方向性としては完全に外れてしまい、ついに次世代戦闘機として認知されずに終わった。

ステルス性が第5世代ジェット戦闘機の要件となったため、マルチロール機という点では、現在までのところは第5世代ジェット戦闘機のステルス性を保った状態における武器積載量は、第4世代ジェット戦闘機に比べれば見劣りする。しかし航続距離では増槽なしでも可能な限りフル装備の第4世代機に伍するよう配慮されており、さらにステルス性を考慮しないミッションにおいて、従来どおりの機外兵装および増槽を使えば、その限りではない。また第5世代ジェット戦闘機は未だ開発途上であることから、今後どうなるかは未知数である。

ロッキード・マーティン社は、第5世代ジェット戦闘機の特徴を「センサー・フュージョン[2]」「ステルス」「(第4世代に勝る)性能」「より進歩した整備・保守性」と定義し、特にステルス性は当初から設計に含まれていなければならず、これらの特徴は後からの改修で付け加えられるものではないとしている。[3]

現状[編集]

JSF F-35

第5世代ジェット戦闘機の配備は未だアメリカ空軍のF-22Aのみにとどまっていて、アメリカ海軍ですらF-35の配備を待たなければならない。しかし、開発は遅れ、アメリカ海兵隊で2015年、空軍で2016年、そして海軍は2019年まで配備される見通しはない。アメリカではその他に、空軍でF-22の戦闘爆撃機型、FB-22を配備予定として計画していたが、予算面などの問題により中止された

日本では航空自衛隊の次期主力戦闘機(F-X)として、当初はF-22を導入したい意向であったが、生産停止などを受けて中止。ユーロファイター タイフーンやF/A-18E/F及びF-35を候補として選考を進め、2011年12月F-35の導入を決定、航空自衛隊にも第5世代ジェット戦闘機が導入されることとなる(関連項目参照)。 ロシアではロシア空軍が、T-50を近年中に導入したい意向である。

ヨーロッパでは、イギリスイタリアオランダトルコノルウェーなどがJSF計画に参加している。

その他、韓国KFXや、中国J-XX等、独自の第5世代機計画が存在するとされるが、その概要は明らかではない。

第5世代ジェット戦闘機[編集]

YF-23
シャファグ
AMCA
J-20
J-31
ATD-X
I-21/PAK FA T-50

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

イギリスの旗 イギリス

イランの旗 イラン

インドの旗 インド

中華人民共和国の旗 中国

日本の旗 日本

スウェーデンの旗 スウェーデン

トルコの旗 トルコ

ロシアの旗 ロシア

ロシアの旗 ロシア/インドの旗 インド

脚注[編集]

  1. ^ a b c 各国の第5世代戦闘機の状況 平成22年度防衛白書
  2. ^ 自機の各種センサーから得た情報と、データリンクシステムを通じて他の機やプラットフォームから得た情報を、戦術情報として統合化する能力。
  3. ^ 月刊『JWings』2012年1月号 イカロス出版

関連項目[編集]