ミラージュG (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミラージュG8

上がG8 01(複座)、下がG8 02(単座)

上がG8 01(複座)、下がG8 02(単座)

ダッソー ミラージュG(Dassault Mirage G)は、フランスダッソー社製の軍用機(試作機)である。

概要[編集]

1960年代にフランス国防省より可変翼機の開発を要請されたダッソーが開発したもので、ミラージュシリーズ唯一の可変翼機である。離着陸時はほぼ直線翼として、巡航時は平面形上は尾翼と一体化してデルタ翼にする(垂直方向としては離れている)と言う意味では、F-14の可変翼と共通性がある。飛行試験では良好な結果が得られたが、可変翼独特の可動機構の複雑さ、強度確保の必要は、重量や工数など諸コストの上昇を招き、また経済情勢の悪化もあり、計画がキャンセルされた。

ミラージュⅢGとミラージュG[編集]

1964年、国防省が可変翼機の研究を求め、1965年6月、ダッソーの提案したミラージュⅢGの開発が始まった。同年10月、イギリス-フランス可変翼機(AFVG)計画で、英仏共同開発機にミラージュⅢGが提案され、ミラージュGとして開発されることとなった。

ミラージュGは、ミラージュF1のような機体構成の後退翼試験機ミラージュⅢF2を基にした複座の可変翼機で、エンジンはプラット・アンド・ホイットニー TF30×1を搭載していた。ただし機体規模はミラージュF1よりも大きい。主翼は前縁後退角20度、55度、70度の3段階に変化した。

1967年11月18日に初飛行し、マッハ2.1の最大速度、F-8クルセイダーの倍の哨戒時間、短距離離着陸能力(離陸距離450m、着陸進入速度231.5km)など、可変翼採用による優れた飛行性能を実証した。しかし、初飛行に先立つ1967年7月に、フランスはAFVG計画から撤退していたので、1968年に開発が中止された。

ミラージュG4[編集]

ミラージュGの成功を受けて、ミラージュG4が計画された。ミラージュG4は複座の長距離攻撃機で、長距離偵察や電子戦も行える機体とされた。最大速度はマッハ2.5、超音速(マッハ1.2)の低空侵入能力を持ち、核兵器空中発射巡航ミサイル)や大量の通常兵器を搭載できることが求められた。

エンジンは、ド・ゴール政権の自主外交路線により、アメリカへの依存を避けるため、アメリカ製のTF30×1から国産のスネクマ アター9K50×2に変更された。さらにスネクマ M53×2への換装が予定されていた。

1968年5月に起こったパリのゼネストで国内経済が悪化したため、試作機が完成する前により簡素な迎撃機ミラージュG8の開発へと移行した。

ミラージュG8[編集]

ミラージュG8は、ミラージュG4を簡素化した迎撃機である。コスト削減のため単座化し、対地攻撃のための複雑で高価な電子機器を搭載するのを止めた。さらに、長距離攻撃には必要だが迎撃任務には不要な、長い航続距離を短縮した。

エンジンは、M53×2を予定していたが、試作機はアター9K50のままで製作された。1971年5月8日に試作1号機(G8 01)が初飛行し、1973年に試作2号機(G8 02)が、当時ヨーロッパ最速となるマッハ2.34を記録した。しかし、可変翼機構の複雑さによるコストの高騰により、計画は中止された。

影響[編集]

本機の開発遅延により、フランス空軍はピンチヒッター的存在であったミラージュF1を主力戦闘機として採用する事を余儀なくされ、本命の次期主力戦闘機としてミラージュ2000の開発を急ぐ事になる。ミラージュ2000は、本来は本機のために開発されたスネクマ M53エンジンを単発で採用するなどして、開発期間を短縮した。

なおダッソー社は双発大型戦闘機開発計画に未練を残し、あらためてミラージュ4000を開発した。本機で問題となった可変翼の採用をとりやめ、カナードつきデルタ翼形式としたが、フランス空軍の採用はなく、イラクサウジアラビアを想定した輸出計画も頓挫した。

派生型[編集]

ミラージュⅢG/ミラージュG
TF30を一基搭載。複座型
ミラージュG4
スネクマ アター9K50を二基搭載。複座型。
ミラージュG8
G4を簡素化した迎撃機。単座型。

スペック(ミラージュG8)[編集]

ミラージュG8 01
  • 乗員: 1名
  • 全長: 18.80 m
  • 全高: 5.35 m
  • 全幅: 全開時: 15.40 m、 収納時: 8.70 m
  • 翼面積: 37.00m2
  • 空虚重量: 13,740kg
  • 最大離陸重量: 23,800kg
  • エンジン: スネクマ アター9K50×2
    • 推力: 70.1 kN (7,200kg) ×2
  • 最大速度: マッハ2.2
  • 上昇限度: 18,500m

参考文献[編集]

関連項目[編集]