インド空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インド空軍
Ensign of the Indian Air Force.svg
創設 1932年10月8日
国籍 インド
上級部隊 インド軍

インド空軍(インドくうぐん、IAF:Indian Air Force)はインド共和国空軍である。

概要[編集]

インド空軍は、1932年10月8日設立され、約17万人の人員と1400機以上の航空機(うち作戦用航空機は810機[1])を有し、機数ではアメリカ空軍ロシア空軍中国空軍に次ぐ世界4位の規模の空軍である。

陸軍海軍と同じく近年は近代化に力を入れており、Su-30戦闘機約250機、テジャス戦闘機約200機、MMRCAプログラムで選定されたラファール126~200機という非常に多くの戦闘機取得を計画している。また、ロシアとのPAK FAをベース機とした共同開発のFGFA(250機の購入を予定)や、独自開発のMCAなど第5世代ジェット戦闘機の開発も進めている。

インドの歴史的経緯や政治的背景などにより、初期にはイギリス機をはじめとする欧州機、近年ではロシア機を多く導入しており、多種多様な機体を導入した。[2]

航空機[編集]

主な戦闘機は、ロシア製のMiG-21MiG-29BSu-30MKI英語版フランス製のミラージュ2000があり、攻撃機としては、MiG-27MLジャギュアを運用している。またヘリコプターアルエットIIIMi-17Mi-8Mi-35、その他を運用している。国産では過去にマルートを開発運用し、現在もLCA計画による軽戦闘機のテジャスの開発を進めている。

このうち、MiG-21は1964年以来946機が調達され、うち476機が事故で失われている。2011年現在約200機が運用されており、そのうち121機はMiG-21bisonへと改修されている。MiG-21bisonは2017年までの、それ以外のMiG-21はより早い退役が予定されている[3]。FL/M/MF/bisなどが存在したが、初期に導入されたFL型が2013年には退役した[4]

MiG-21にかわって現在主力になりつつあるのがSu-30MKIである。Su-30は1996年11月30日にインドが50機(MK8機、K10機、MKI32機)の購入契約を交わし、1997年3月からSu-30MK及びKがSu-30MKI完成までの繋ぎとして引き渡しが開始された。のちにこの18機はロシアに返却され、ベラルーシにおいてKN仕様へと改修されており[5]、最終的にアンゴラが取得した。2002年からはSu-30MKIの引き渡しが開始され、さらに222機がインドでライセンス生産されつつある。2011年1月までに、Su-30MKIは142機が納入された[6]

近年経済成長や中国軍拡への対抗などからインドは国防費を急増させている。その一環として、2007年には126機の中型多目的戦闘機を新規調達することを決定した(MMRCA、Medium Multi-Role Combat Aircraft計画)。この調達機数もさらに増える可能性がある。F-16F/A-18E/F、露Su-30MKI、MiG-35、欧ユーロファイタースウェーデングリペン、仏ラファールなどが検討された。インドは、ロシアのPAK FA開発に資金協力しており、ロシア機の導入が有力視されていたが、最終候補にはユーロファイターとラファールの二種類が残った。2012年2月1日、ラファールが独占交渉入りした。

2009年5月25日、インド空軍にA-50早期警戒管制機が引き渡された。同機には、IL-76輸送機をベースにイスラエル製のEL/W-2090(en)早期警戒管制システムが搭載されている。インド空軍は既に3機のAWACSを購入済みで、引き渡しを待っているが、さらに3機の追加購入交渉に入っているという。

輸送機はIl-76やAn-32を主力としていたが、近年C-17やC-130Jなどアメリカの機体を導入している。2011年12月20日、C-130J輸送機の6機の引き渡しが行われ、さらに6機が導入予定である。

インド空軍の練習体系は、HPT-32初等練習機、HJT-16中高等練習機と国産機によっていたが、高等練習機HJT-16Mk.2を更新する形で英ホークMk132高等練習機66機の導入を決めており、2008年2月から順次配備を始めている。2011年までに納入は終了する予定である。2010年にはさらに40機が空軍に、17機が海軍に調達される契約がなされた。新中等練習機は国産のHJT-36が開発中である。

2008年に入ってインド国防省は、アルエートIIIなどのヘリについて、老朽化・旧式化・陳腐化対策や、今後、周辺国との水源争いによる高地作戦の重要性が高まることなどから、運用しやすい軽ヘリコプター384機(空軍には125機、残り259機は陸軍向け)・20億ドル規模の新規調達を決定し、米ベル、欧ユーロコプターアグスタウェストランド、印HAL、露カモフに打診。これについての具体的な動きはこれからになるが、上記のような背景を踏まえ、カモフのKa-60が有力視されている。

さらに、2008年5月末には、ニューデリーに配備されているMi-35部隊の更新用として、攻撃ヘリ22機・5億ドル規模の新規調達を決定。これについては、米AH-64DAH-1Z、欧ティーガー、伊A-129、露Ka-50Mi-28と、現在開発中の国産ヘリなどの名前があがっている。

脚注[編集]

  1. ^ 平成23年防衛白書、ただし海軍等の保有も含む
  2. ^ 一般に多種多様な機体を運用すると、予備部品や整備プラットフォーム、作業者の習熟など保守管理の手間と経費が増す傾向があり、稼働率も下がると見積もられる。
  3. ^ 軍事研究2012年2月号ミリタリーニュース(JDW誌11/8引用)なお原文はbisonではなくbisへと改修されたであるが、インドがライセンス生産したbis型と、インドにおけるMiG-21-93改修にあたえられた名称bisonの誤認と考えられる
  4. ^ http://indiatoday.intoday.in/story/mig-21-fl-phase-out-plan-iaf-supersonic-era-kailaikunda-nak-browne/1/328374.html
  5. ^ http://en.rian.ru/mlitary_news/20110916/166882507.html
  6. ^ http://www.onlinenews.com.pk/details.php?id=180002

外部リンク[編集]