Su-35 (航空機・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of the Soviet Union.svg Su-35/Су-35

ロシア空軍のSu-35

ロシア空軍のSu-35

Su-35(スホーイ35、スホイ35;ロシア語Су-35スー・トリーッツァチ・ピャーチ)は、ロシアスホーイが製造する多用途戦闘機第4.5世代ジェット戦闘機に分類される。生産は、スホーイ傘下のKNAAPOが担当する。Su-27MСу-27М)とも呼ばれ、工場番号はT-10MNATOコードネームはフランカーE1(Flanker-E1

概要[編集]

主に輸出を目的として開発が開始されたSu-27の派生型のひとつで、元はSu-27Mと呼ばれていた。アメリカ製のF-15F-16に対抗する目的で開発された。

Su-35プロトタイプの実験が始まったのは1985年、初飛行は1988年だったが、同機体が一般に(とりわけ西側諸国に)公開されたのは1992年ファーンボロー国際航空ショーの時だった。この頃の機体はSu-27をベースにカナード翼を装備しており、垂直尾翼の高さも増されている。

また、新型の大型レーダーN011ジュークPH英語版を搭載することから機首も太くなっているのが外見上の特徴。エンジンは、同時期に開発されていたSu-37とは異なり、当初は排気ノズルが固定式だったが、Su-37の計画中止後は、1軸の推力偏向ノズルを装備していた。

ブラジルに対する契約内定が発表されたこともあったが、その後ブラジルは財政及び政治的理由から次期戦闘機計画を一旦白紙に戻し、後にミラージュ2000を選択した。当時はブラジルのエンブラエル社製のリージョナル・ジェットとの交換が決定されたという報道もなされていた。

Su-35をさらに発展させた戦闘機としてSu-37が存在したが、現在は、Su-37で研究開発された機構がSu-35 (2代)(およびSu-30MK系、さらには後にSu-27SK/SMにも設定可能になった)に吸収されており、Su-37は研究機のまま開発中止となった。

DERA による性能評価[編集]

Su-27を相手にした空中格闘戦での想定勝率グラフ[1]
性能向上型のSu-27 フランカーと空戦時の勝利確率をそれぞれの機体の能力から求めた。ユーロファイター タイフーンの開発主体であるBAEシステムズ社のデータである[2][3]

1994年に、イギリス国防省に当時存在したDefence Evaluation and Research Agency(DERA, 防衛評価研究局、あるいは防衛評価研究機関)は、実際のパイロットたちに参加してもらい、第4世代から第5世代の戦闘機をネットワーク上のシミュレーションで対戦させ、性能を評価した。このとき(およそ初代Su-35に相当する)性能向上型のSu-27が基準とされた。数値が大きいほど性能が高い。

仕様[編集]

Su-35

諸元[編集]

  • 乗員:パイロット1名(UBは2名)
  • 全長:22.00m
  • 全幅:15.15m
  • 全高:6.43m
  • 翼面積:62.0m²
  • 空虚重量:17,500kg
  • 運用時重量:25,700kg
  • 最大離陸重量:34,000kg
  • エンジン:リューリカ設計局製AL-35Fターボファンエンジン(推力125.52kN)×2

性能[編集]

  • 最大速度:2,450km/h(マッハ2)
  • 航続距離:約4,000km
  • 最大運用高度:18,000m
  • 上昇率:230m/s
  • 翼面荷重:414.5kg/m²

主要兵装[編集]

派生型[編集]

Su-35UB
Su-35の複座練習機
Su-35 (2代)
Su-27SM2に準じた派生型で、Su-35としてはじめて量産され、部隊配備される予定である。量産機はSu-35Sと呼称される。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「BVR」とは Beyond Visual Range の略
  2. ^ 石川潤一著 『ユーロファーター・タイフーン』 軍事研究 2008/12号 59-71頁
  3. ^ http://typhoon.starstreak.net/Eurofighter/tech.php