スホーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社スホーイ・カンパニー
ОАО «Компания „Сухой“»
Sukhoi Company (JSC)
Suchoi logo.svg
Sukhoi-okb.JPG
スホーイ本社
種類 公開株式会社
略称 スホーイ
Su
本社所在地 ロシアの旗 ロシア
モスクワ
設立 1934年
業種 輸送用機器
事業内容 航空機
主要株主 統一航空機製造会社 (98.83%)
主要子会社 Sukhoi Civil Aircraft 87.93%
Sukhoi Design Bureau 50.0%
KnAAPO 74.5%
NAPO 74.5%
ベリエフ 38.0%
イルクート 11.89%
関係する人物 パーヴェル・スホーイ
外部リンク http://www.sukhoi.org/
テンプレートを表示

スホーイロシア語: Сухой英語: Sukhoiスホイとも)は、ロシアの主要航空機メーカー。ソ連時代はスホーイ設計局として軍用機戦闘機攻撃機など)を手がけ、現在は株式会社スホーイ・カンパニー (ロシア語:ОАО «Компания „Сухой“») となり、民間機も製造している。


歴史と概要[編集]

ソ連時代の1939年にパーヴェル・スホーイによりスホーイ設計局(OKB-51、プレフィックスSu)として設立された。モスクワにJSCスホーイ設計局(現本社、ОАО «ОКБ Сухого»)があり、工場はノヴォシビルスクОАО «НАПО им. В. П. Чкалова»)、コムソモリスク・ナ・アムーレОАО «КнААПО им. Ю. А. Гагарина»)、イルクーツクОАО «Корпорация „Иркут“»)の3カ所にある。フィンメカニカが、スホーイの民間部門の25%株主となっている[1]。ロシア政府はスホーイとミグイリューシンイルクートツポレフヤコヴレフを「統一航空機製造会社」(Объединённая авиастроительная корпорация,ОАК)という名の新会社に統合しようとしており[2]、各社は現在統一航空機製造会社の傘下に入っている。

なお、OKBは「試作設計局」(一般にたんに「設計局」と訳される)を意味するロシア語の略語「ОКБ」のラテン文字転写。

ロシア空軍海軍では、スホーイの航空機は現在Su-24Su-25Su-27Su-30Su-33Su-34Su-35の7機種が運用中である。

ロシア以外には、ベラルーシウクライナカザフスタンウズベキスタングルジアインド中華人民共和国ポーランドチェコ共和国スロバキアハンガリードイツ(旧東ドイツ運用)・シリアアルジェリア北朝鮮ベトナムアフガニスタンイエメンエジプトリビアイランアンゴラエチオピアペルーなど各国で軍用機が運用されている。また、Su-26Su-29Su-31はアクロバティック用航空機として主要な機種の一つである。なお、スホーイ製の航空機の整備・補修などはウクライナやベラルーシなどロシア海外でも独自に行われている。また、旧ソ連各国からの中古機の転売も行われている。

製品[編集]

引用符で囲まれている軍用機名称は北大西洋条約機構(NATO)が識別用に付けたNATOコードネーム

設計局閉鎖まで ( -1949年)
再開後 (1953年- )

開発・計画中[編集]

主な試作機[編集]

設計局閉鎖まで ( -1949年)
再開後 (1953年- )
  • Su-28 - 練習機
  • Su-35 「フランカー」 - 戦闘機
  • Su-37 「フラウンダー」 - 戦闘攻撃機
  • Su-37 テルミナートル 「フランカー」 - 多用途戦闘機
  • Su-38 - 農業用プロペラ機
  • Su-39 - 攻撃機
  • S-32 - 多用途戦闘機 (MFI)
  • Su-47 (S-37) ベールクト 「ファーキン」 - S-32の概念実証機
  • T-4 - 超音速爆撃機
  • KR-860 - 大型旅客機

機種名の補足[編集]

スホーイOKBでは、他局同様ときおり機体呼称を再利用した。たとえば、1946年製のSu-9と1957年製のSu-9は同一名称であるが、相互に直接の関係はない。前者は大量生産されず試作のみに終わっている。また、スホーイにおけるプロトタイプの呼称は翼面図に基づく場合がある。デルタ翼機には“T”のプレフィックスが付けられ(例:T-3)、後退翼前進翼機には“S”が付けられる(例:S-1)。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]