Su-30 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg Su-30 / Су-30

Su-30SM

Su-30SM

Su-30(スホーイ30、スホイ30;ロシア語:Су-30スー・トリーッツァチ)は、Su-27UBを発展させた複座多用途戦闘機ロシアスホーイが製造し、インドなどでもライセンス生産されている。

Su-30のNATOコードネームフランカーF1 (Flanker-F1)、Su-30M以降のNATOコードネームはフランカーF2 (Flanker-F2)。

概要[編集]

1986年ソビエト連邦では防空軍向けの長距離迎撃機の開発を開始し、1988年に試作機Su-27PUを初飛行させた。Su-27PUは、量産化に伴ってSu-30と名称変更され、機体形状は基本的に複座型のSu-27UBと同じであるがレーダーは改良型のN001Vメーチを搭載している(後にSu-27も、同様のレーダーに換装)。また、Su-30は、指揮官機としての役目ももちTKS-2と呼ばれる編隊内データリンクを通じて4-5機のSu-27の管制を行うことができる。

Su-30を複座多用途戦術機としたのがSu-30Mで、テレビ指令誘導システム、対レーダーミサイル誘導システムなどの対地攻撃兵装用システムを装備し、航法装置もより精度の高いものになっている。Su-30Mの輸出基本型Su-30MKでは搭載電子機器をオプションで西側製に変更可能で、フランスのセクスタン・アビオニク社製パッケージを装備できるほか、インド向けのSu-30MKIはイスラエル製の電子戦システムを、マレーシア向けのSu-30MKMは南アフリカ製の警戒システムを装備している。

Su-37にて研究されたカナード翼推力偏向ノズルを装備したSu-30M2が1997年7月1日、Su-27UB改造機が1998年3月23日にそれぞれ初飛行した。1998年6月15日にはインド軍関係者へ披露され、これらの要素がSu-30MKIに取り入れられている。

1999年8月には中国空軍がSu-30MKKの採用を決定し、2000年12月から引き渡しが開始された。Su-30MKK系列はSu-30系の中では「クラシック」と呼ばれるバージョンに当たり、2016年10月にロールアウトしたベトナム向けの2機をもって生産が終了され、KnAAZはSu-35とPAK FAの生産に集中することとなる[1]。なおシリーズとしては4世代++戦闘機のSu-30SMの生産が少なくとも2020年まで続けられる見込みである[2]

派生型[編集]

Su-30
複座長距離戦闘機型
Su-30LL
Su-30に3次元推力偏向ノズルを装備した試験機。
ノズル周りにはMiG-29OVT同様に3箇所のフェアリングが付いている。IRSTは取り外されている。後に推力偏向ノズルは外され、IRSTが装備された。色も塗り替えられた。
Su-30K
輸出型
Su-30KI
インドネシア向け生産型。Su-30ファミリーにおいて唯一の単座型。
Su-30KN
Su-27UB、Su-30、Su-30Kに対して提案された改修型。対艦・対地攻撃能力を追加した。
Su-30M
複座多用途戦術機型
Su-30M2
Su-30の2番目の改良型を示す名称で、カナード翼とTVCを搭載。1997年に初飛行している。
Su-30MK
Su-30Mの輸出型。
Su-30MKI
インドでのライセンス生産型。NATOコードネームはフランカーH (Flanker-H)。カナード翼とTVC搭載型。
エルビット英語版社製の967型HUD、タレス社製のMFD-55/66液晶ディスプレイ、DARE英語版社とHAL社製のミッションコンピュータ、イスラエル製の電子戦システムを装備している。
Su-30MKA
アルジェリア向け生産型。基本的にSu-30MKIと同じ。SAP-518とSAP-14電子妨害ポッドの搭載が確認されている[3]
Su-30MKR
偵察型[4]
Su-30MKM
マレーシア向け生産型。基本的にSu-30MKIと同じだが、各部に西側仕様のアンテナが追加され、警戒システムが南アフリカ製のものとなっている。AIM-120に有効とされているSAP-518電子妨害ポッドの搭載が可能である[5]
Su-30MKT
タイ向けの輸出型。性能はSu-30MKMに順ずる。
2005年12月19日の報道によれば、5億ドルで12機のSu-30MKTの購入を契約したがクーデターにより実現しなかった[6]
Su-30MKL
リビア向けの輸出型。計画のみ。
Su-30SM
Su-30MKI/MKMをベースとしたロシア国内向けの機体で、ベース機に搭載されていたアビオニクス類 (射出座席、通信/航法システム、IFF等) などの外国製機材がロシア製の最新のものに変更されている[7][8]
タレス製の"3022"大型広角HUDを装備しているのが特徴[9][10]。レーダーは改良型のBars-R[11]、電子戦スイートはヒービヌィ-Uがそれぞれ搭載され[12]、兵装類も最新のものが統合されている[7]。新しいシステムアビオニクスや武器の統合を簡素化するためアビオニクスにはオープンアーキテクチャ概念が導入されている[13]。HUDについては、2014年ウクライナ騒乱に関連した制裁により輸入できなくなったため、2015年よりSu-35に搭載されているIKSh-1Mで代替されることとなった[10]。レーダーについてはアップグレードも検討されている[11]
Su-30SME
2016年のシンガポール・エアショーで発表された輸出型[14]
Su-30MKK
中国向け生産型。NATOコードネームはフランカーG (Flanker-G)。中国空軍で運用中。カナード翼とTVCは非搭載。
マッピング機能を含む空対地モードを拡張したN001VEレーダーを装備し、Su-35(Su-27M)の垂直尾翼を組み合わせている。コックピット前席にはMFI-9カラー液晶多機能表示装置2基、後席にもMFI-9表示装置1基とMFI-10表示装置1基を装備している。
Su-30MK2
Su-30MKKの能力向上型。レーダーをN001VEPに換装、サプサンEターゲッティング・ポッドやM400偵察ポッドの搭載を可能とし、Kh-59などの空対艦ミサイルを運用可能[15]。C4ISTAR能力も強化された。
Su-30MKV
ベネズエラ向け生産型。
Su-30MK2V
ベトナム向け生産型。
Su-30M2
ロシア仕様[16]。アビオニクスとエンジンをSu-27SM3と共通化している。前述のSu-30M2とは関係がない。
Su-30MK3
Su-30MK2のバージョンアップ型。エンジンやアビオニクスが強化されている。MK2に続いて中国海軍に納入されるとされた[17] が実現していない。
殲撃16型(J-16)
中国がJ-11Bの複座型であるJ-11BSをベースに中国海軍のSu-30MK2と同仕様に改修して開発した機体。
YJ-91などの空対艦ミサイルを運用可能。中国海軍で運用中。国産のWS-10Aエンジンを搭載。カナード翼とTVCは非搭載。

運用国[編集]

World operators of the Su-30.png

現役[編集]

アルジェリアの旗 アルジェリア

2006年2月に28機の購入を決定し、2009年後半に全機が納入された。2010年には16機の追加購入を決定した[18]。2015年にはさらに14機の購入を決定した[19]

アンゴラの旗 アンゴラ

2013年10月16日に18機のSu-30K戦闘機を発注。機体は元インド空軍機でベラルーシの第558航空機修理工場で修理・アップグレード改修中。2015年11月に2機、2015年12月に2機、2016年中にさらに10機を受領する予定[20][21]

インドの旗 インド

1996年11月30日にSu-30計50機(MK8機、K10機、MKI32機)の購入契約を交わし、1997年3月からSu-30MK及びKがSu-30MKI完成までの繋ぎとして引き渡しが開始された。のちにこの18機はロシアに返却され、KN仕様へと改修されておりベラルーシが取得を検討していたが[22]、最終的にアンゴラが取得した[23]
2002年からはSu-30MKIの引き渡しが開始され、さらに222機がインドでライセンス生産されつつある。
2014年の段階でSu-30MKIを200機運用中であり[24]、2018年までに272機を導入予定[25]

インドネシアの旗 インドネシア

2機のSu-30MKと9機のSu-30MK2を運用中[26]

ウガンダの旗 ウガンダ

6機のSu-30MK2を運用中[27]

カザフスタンの旗 カザフスタン

2015年に2月4日に購入を発表(機数は不明)[28]。2015年初めに最初の4機が納入された[29]

中華人民共和国の旗 中国

1996年からロシアとの間で購入に関する協議をはじめ、1999年8月に38機を20億ドルで購入する事に合意。2001年7月には38機を追加購入する事が決まり、2000〜2003年の間に第1期分と第2期分合わせて76機のSu-30MKKがロシアから送られた。
2004年8月にSu-30MK2を24機導入。

マレーシアの旗 マレーシア

18機のSu-30MKMを運用中[30]

ベネズエラの旗 ベネズエラ

2006年6月14日にSu-30MK2の24機の購入を発表し、運用中である[31]

ベトナムの旗 ベトナム

2009年1月には12機のSu-30MK2供給のための契約を締結したが[32]、後に8機に減少した[33]。2010年2月には12機[34]、同年7月には、20機の供給契約を結んだ[35]。2013年8月21日には新たに12機の供給契約を結んだ[36]

ロシアの旗 ロシア

2009年にSu-30M2を4機契約し、2010年には試験飛行を終了した[37]。2012年には16機が発注された[38]。Su-30M2はSu-27UBの不足を補いSu-27SM/SM3の訓練機としても用いられる[39]
2012年には2008年のグルジア紛争の際にSu-30MKI/MKMの試作機が投入されて良好な成果を収めたことから[40]、Su-30SMを3月に30機、12月にさらに30機を契約した。これらは2016年までに納入予定である[41]。2016年にはさらに30機以上の調達契約を結んだ。これらは2018年までに納入予定である[42]。Su-30SMは通常任務のほか、複座型が存在しないSu-35の訓練用としても用いられる[39]
海軍航空隊が運用するSu-24の後継としてSu-30SM 50機の納入が決まっている[43]。最初の契約は2013年12月に結ばれ[44]、2014年7月22日最初の3機が引き渡された[45]。運用は2015年1月より開始された[46]

検討中[編集]

イランの旗 イラン

MiG-29F-14といった旧式の航空機の代替用に60機のSu-30MKの購入を検討中[47][48]

ベラルーシの旗 ベラルーシ

MiG-29BMの後継機として2020年以降にSu-30SMの購入を検討中[49]

仕様(Su-30MK)[編集]

Szu-30.svg

出典: スホーイ[50]

諸元

  • 乗員: 2名
  • 全長: 21.94m(機首プローブ除く)
  • 全高: 6.35m
  • 翼幅: 14.70m
  • 翼面積: 62.0m2(C)
  • 空虚重量: 17,700kg
  • 最大離陸重量: 34,500kg
  • 動力: リューリカ設計局製AL-31FまたはFP ターボファンエンジン
    • ドライ推力: 74.5 kN (16,754 lbf) × 2
    • アフターバーナー使用時推力: 122.6 kN (27,557 lbf) × 2
  • 海面上昇率:13,800m/min
  • 最大兵装搭載量:8,000kg

性能

  • 最大速度: M2.3
  • 航続距離: 3,000 km 1,620NM(機内燃料のみ)
  • 実用上昇限度: 17,300m
  • 上昇率: 230 m/s (45,275 ft/min)
  • 翼面荷重: 401 kg/m2 (82.3 lb/ft2
  • 推力重量比: 0.86-1
  • 最大推力重量比: 1
  • 最大耐G値:9G+


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

武装[編集]

12個のハードポイントにパイロンを介してそれぞれ対応した兵装を搭載可能
  • ミサイル
  • 中射程空対空ミサイル
  • Kh-31P
爆弾
  • ロケット弾


参考資料[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The final Su-30 to roll out from KnAAPO
  2. ^ Vietnam To Receive the Last ‘Classic’ Flankers | Defense News: Aviation International News
  3. ^ New Photos of SU-30 MKA with pod SAP-518 and KH-31P
  4. ^ Algerian Air Force Sukhoi Su-30MKA/MKR?
  5. ^ The US military has acknowledged the superiority of KRET jamming stations
  6. ^ Thailand Inks Deal for 12 Fighters
  7. ^ a b Irkut Delivers First Su-30SM Fighters to Russian Air Force
  8. ^ Russian air force orders thrust-vectoring Su-30SM fighters
  9. ^ Su-30SM makes public debut at MAKS 2013
  10. ^ a b Су-30СМ оснастят российскими индикаторами на фоне лобового стекла
  11. ^ a b Russian air forces are going to upgrade radar control system of Su-30SM fighters
  12. ^ Уникальный комплекс радиоэлектронной борьбы создадут для ВВС РФ
  13. ^ Новый истребитель для ВВС России
  14. ^ Россия представила в Сингапуре экспортную модификацию истребителя Су-30СМ
  15. ^ Су-30МК2
  16. ^ 航空ファン2014年6月号
  17. ^ New Su-30MK3 flight tested
  18. ^ Вьетнам и Алжир купили 36 российских истребителей
  19. ^ Russia, Algeria sign contract for 14 Su-30MKA aircraft
  20. ^ Ангола получит 12 модернизированных истребителей Су-30К до конца 2016 года
  21. ^ Angola To Receive Four Modernized Su-30MK Fighters From Russia This Year
  22. ^ Belarus may buy outdated Su-30 fighters from Russia
  23. ^ Барановичские Су-30К уйдут в Анголу
  24. ^ Engine rejig to cut Su-30 burnouts
  25. ^ India hopes to put 272 Russia’s Su-30MKI fighters into service by 2018
  26. ^ Indonesia’s Air Force Adds More Flankers
  27. ^ Russia signs $1.2 bln contract for jet fighter delivery to Algeria, Uganda
  28. ^ Kazakhstan to acquire Su-30SM fighters - IHS Jane's 360
  29. ^ Kazakhstan Has Received Four Russian SU-30SM Fighters
  30. ^ Sukhoi, Malaysia Sign $100 Mln Deal on Fighters' Maintenance
  31. ^ Chavez warns U.S. after getting Russian warplanes
  32. ^ Парк «сушек» расширяется
  33. ^ Vietnam reportedly buys 12 more Sukhoi Su-30MK2 fighters
  34. ^ Вьетнам купил у России 12 истребителей Су-30МК2
  35. ^ Вьетнам и Алжир купили 36 российских истребителей
  36. ^ Вьетнам купит у России 12 истребителей Су-30МК на $450 млн
  37. ^ First serial Su-30M2 completed test flights
  38. ^ Новые Су-30М2
  39. ^ a b Главный конструктор: создание двухместной версии истребителя Су-35 не предусматривается
  40. ^ Russian air force orders thrust-vectoring Su-30SM fighters
  41. ^ Russian Military to Get 30 More Su-30SM Fighter Jets
  42. ^ Минобороны России и Корпорация «Иркут» заключили новый контракт на поставку самолетов Су-30СМ
  43. ^ инобороны и «Иркут» подписали контракт на поставку первых истребителей Су-30СМ для ВМФ
  44. ^ 「海外艦艇ニュース ロシア海軍航空隊向けにSu-30SM戦闘爆撃機を導入」 『世界の艦船』第795集(2014年4月号) 海人社
  45. ^ Три новых самолета Су-30СМ переданы Черноморскому флоту
  46. ^ Летчики морской авиации Черноморского флота приступили к эксплуатации истребителей Су-30
  47. ^ Иран проявил интерес к российским истребителям Су-30
  48. ^ イラン国防相、「Su-30戦闘機購入契約を締結」
  49. ^ Belarus to buy new Russian Su-30SM fighter jets after 2020
  50. ^ Su-30MK: Aircraft performance

関連項目[編集]

外部リンク[編集]