オープンアーキテクチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オープンアーキテクチャ (英語: Open Architecture) とは、主にコンピュータなどの分野で、設計や仕様などの全部または一部を、オープン(公開、開放)にしたアーキテクチャのこと [1][2] 。その範囲や公開の程度は多様であり議論も存在する。対比語はクローズド(閉鎖的)、プロプライエタリ(排他・専有的)など。

概要[編集]

オープンアーキテクチャの製品は、独自仕様の製品と比較してユーザーによる拡張や増設が容易である。オープンアーキテクチャは開発者やインテグレーターが必要とする製品仕様の一部または全部を公開するが、その際にライセンス取得を必要とするものも含まれる。オープンアーキテクチャのシステムは、ポータビリティ(可搬性)やインターオペラビリティ(相互運用可能性)により、多様な組み合わせを提供することで、ユーザーや他の機器にとってより制約の少ない利用を実現する。オープンアーキテクチャは、ネットワークやコンピュータ、オペレーティングシステムなどの構造において重要なもので、他のアプリケーション・ハードウェアアプリケーション・ソフトウェアは、それ自体はオープンではないものを含め、それらの構造に適合するように作成される[2]

オープンアーキテクチャの代表例には、IBM PCおよびその派生であるPC/AT互換機や、UnixLinuxなどがあり、多くのベンダーが参入した[1][2]。IBM PCの場合は、基本的な回路図やBIOSを公開した結果、ソフトウェアとハードウェアの莫大な資産を生み出して市場形成に成功し、マイクロソフトにソフトウェアの巨大企業となるチャンスをもたらした[3]。一方で、公開されたBIOSは、著作権と、難攻不落とさえ言えたIBMの強大な法務部によって守られており、本来は全くオープンではなく、PC/AT互換機などは作れないはずであった。しかし、クリーンルーム手法によって回避された結果、本家IBMは追い落とされ、現在は一般向けPC事業は全て売却され消滅している(これをもってもし「成功」と呼ぶならば、それは普通に考えたらあまりにも皮肉であろう)。

公開の方法には、著作権特許などで保護した独自技術を無償または低額で提供する、各種の提携や標準化団体により標準化し共有する、オープンソースのように最初から公開を前提としたライセンスを採用する、などの多様な方法・形態がある。

出典[編集]

  1. ^ a b オープンアーキテクチャー(ASCII.jpデジタル用語、デジタル大辞林)
  2. ^ a b c Clifton A. Ericson, II (12 April 2011). Concise Encyclopedia of System Safety: Definition of Terms and Concepts. John Wiley & Sons. p. 272. ISBN 978-1-118-02865-0. https://books.google.com/books?id=uousK00QAREC&pg=PA272. 
  3. ^ 僕らのパソコン30年史 ニッポンパソコンクロニクル(SE編集部) 39p

関連項目[編集]