S-24ロケット弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
S-24ロケット弾

S-24ロケット弾は、ソビエト連邦モスクワ熱技術研究所によって開発され、ソ連空軍が使用した直径240mmの航空機用無誘導ロケット弾である。1960年より量産され、現在はロシア空軍などで使用されている。形式名の24は、ロケット弾の直径に由来する。

概要[編集]

ソビエト連邦は、1930年代からロケット弾の使用に熱心であった。S-24は、第二次世界大戦中にソビエト連邦が使用していたBETAB-750DS ロケット弾の後継機種の1つで、大きく・破壊力のある無誘導ロケット弾である。

S-24Bは、全長2.33m、重量235kg。123kgの破片効果榴弾弾頭を持つ。射程は2-3km。S-24Bは、航空機に搭載される際、ポッドに格納されるのではなく、そのままパイロンに吊るされる。

このロケット弾は、イラクにおいても「Shafaq」の名でライセンス生産されている。

派生型[編集]

S-24
初期型。
S-24B
フレーム省略型。

ロケット諸元[編集]

S-24ロケット弾(背面)
  • 直径:240mm
  • 全長:2,330mm
  • 翼幅:600mm
  • 重量:235kg
  • 弾頭:榴弾破片効果榴弾焼夷弾
  • 弾頭重量:123kg
  • 飛行速度:430m/秒
  • 射程:2,000m
  • 命中精度:レンジの0.3-0.4パーセント[1]

出典[編集]

  1. ^ Марковский К., Перов М.Наследники «ЭрЭсов» // Крылья Родины. — М., 1994. — № 10. — С. 21-23.