飛行艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二式飛行艇(川西 H8K)

飛行艇(ひこうてい、英語: flying boat)とは、水面発着出来る機体のうち、胴体部分が水面に接するように設計された飛行機である。日本工業規格 (JIS) では「水上にあるとき、主に艇体によってその重量を支持する水上機」と定義される。この点で「フロートによってその重量を支持する」フロート水上機と区別される(JIS W 0106 航空用語(航空機一般))。

水面で機体を安定させる為に、主翼に補助フロートを備えるタイプと、胴体側面下部に横に広がった張り出し部分(スポンソン)を有するタイプがある(これらがないと横風を受けた時に傾いてしまう)。現在は格納式の降着装置を装備し、陸上からも発着できる水陸両用タイプが多い。

飛行艇の特徴[編集]

海面や湖面という平らで広大な水面を利用して発着できる飛行艇は、滑走路などの大規模な飛行場設備が必要無い。また洋上を長距離飛行する場合、万が一の故障に際してもとりあえず着水しての対処が可能である。飛行艇はこの特徴を利用して使用されてきた。過去・現在で飛行艇が使用されてきた主な用途は下記3種類。

  • 飛行場設備は無いが海面や湖面を利用できる場所への輸送
  • 海洋での哨戒・捜索救難任務
  • 第二次世界大戦頃までの長距離・大洋横断路線

第一次世界大戦後より行われた大型旅客機の開発では、当時の信頼性に乏しいエンジン性能をカバーするため、航空会社は飛行艇の採用を優先した。しかし飛行艇でも荒天時の着水は危険であり、当時の事故は外洋に降下したときにも多く起こっている[1]。 1番目の項目については現在でも重要な地域の足として使われている。

飛行艇の歴史[編集]

最初の飛行艇[編集]

世界最初旅客をのせた飛行艇は、1914年に就航したアメリカのベノイストXIVである。

世界最初の定期旅客便として、乗客定員1名で、フロリダ州タンパセントピーターズバーグ間34.5 km を運行した。

大洋横断への挑戦[編集]

飛行機は第一次世界大戦実戦に用いられ活躍したが、その活動範囲はの上空や陸地周辺に限られていた。そこで大戦後飛行機による大洋横断路線が検討された。

翼よ! あれが巴里の灯だ』で有名なチャールズ・リンドバーグの『スピリット・オブ・セントルイス』号(1927年)などの冒険的機体を除けば、これらの路線には飛行艇が充当された。当時は機体やエンジンの信頼性が低く、万が一の場合の洋上着水を想定したためである。下記カーチスNC4や、ドイツのドルニエ Do X(初飛行1929年、乗客100名を乗せ、エンジン12基を備えた巨人機だが実用にならなかった)などがパイオニアである。

1930年頃には地中海横断路線や北米 - 南米の定期空路に飛行艇が就航している。

飛行艇の黄金時代[編集]

マーチン M-130チャイナクリッパー
PBYカタリナ

1930年代は飛行艇の黄金時代であった。

第二次世界大戦[編集]

各国とも、輸送および長距離哨戒の任務に使用した。日本海軍川西二式飛行艇(二式大艇)は速度航続力ともに優れた(爆撃雷撃も可能な)万能飛行艇であった。

また、アメリカ海軍カタリナ飛行艇は二式大艇に性能面で大幅に劣るものの、運用面で成功し、連合軍機として英米海軍で太平洋・大西洋その他の海域で、哨戒、救助活動に活躍した。

第二次世界大戦後[編集]

ロシアの消防飛行艇Be-12P-200

大戦中の大型陸上機の運用経験から、陸上機の信頼性安全性・利便性が認められた。このため、飛行艇の特徴である万が一の洋上着水を想定した運用は必要性が低下し、大型長距離機としての使命は終了した。また、海上での救難についても、ヘリコプターの発達と艦船への搭載により、飛行艇の必要性は薄れた。

戦後日本が開発した大型飛行艇PS-1(初飛行1967年)は対潜哨戒機としての使命は終了したが、その改良型である救難飛行艇US-1は、小笠原諸島など飛行場が無く、ヘリコプターでは遠すぎる島へのほとんど唯一の緊急輸送手段として有効に活用されている。日本はUS-1以降も飛行艇の開発を続け、離着水能力の向上や高高度飛行を可能にしたUS-2の開発に成功し、2013年現在US-1老朽化に伴う退役に合わせ徐々に置き換えつつある。

カナダは大規模な森林火災消火用に、点在している湖沼を利用して運用できる消防飛行艇、「水の爆撃機」CL-215/CL-415(初飛行1967年)を開発した。また、ソ連及びロシアでは現在にいたるまで様々な種類の飛行艇が生産されており、Be-200をはじめ数種の開発・生産が進行中である。

飛行艇の例[編集]

US-2:US-1の後継機
Be-200

第二次世界大戦前[編集]

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐貫亦男 『ジャンボ・ジェットはどう飛ぶか』 講談社〈ブルーバックス〉、1980年、57-58頁。ISBN 4-06-118029-0
  2. ^ 潜水艦に限らず、艦艇・船舶に対する哨戒任務にも使われた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]