グラマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラマン・エアクラフト・エンジニアリング・コーポレーション
グラマン・エアロスペース・コーポレーション
Grumman Aircraft Engineering Corporation
Grumman Aerospace Corporation
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ベスページ
設立 1929年
業種 輸送用機器
事業内容 航空機
従業員数 2万3000 (1986)
関係する人物 リーロイ・グラマン
特記事項:1994年合併によりノースロップ・グラマン
テンプレートを表示

グラマンGrumman Aircraft Engineering Corporation、後にGrumman Aerospace Corporation)はアメリカ合衆国航空機メーカー。1929年に設立され、20世紀の長い期間に亘って軍用機および民間機のトップメーカーの一つであったが、1994年ノースロップ社と合併して、ノースロップ・グラマンになった。

沿革[編集]

1920年代ニューヨークのローニング社(Loening Aircraft Engineering Corporation)にいたリーロイ・グラマン(Leroy Grumman)らは、ローニング社がキーストーン社に買収されて、ペンシルベニア州に移る時にニューヨークで独立した会社を設立した。

最初の製品はアメリカ海軍の水上機のためのフロートの製作であった。最初に製作した航空機も、海軍のためのグラマンFF-1であった。第二次世界大戦でその技術の高さから数多くの軍用機を生み出し、日本では「グラマン」は敵国戦闘機の代名詞であった。戦闘機にはネコ科の動物、飛行艇には水鳥の名を付けることが多い。

第二次世界大戦後も傑作航空機を数多く生み出し、アポロ計画の月着陸船を作ったのもグラマンである。しかし、海軍の傑作戦闘機F-14を最後に、航空機の高度化による開発費の高騰や軍全体の機種の削減、ライバルの攻勢にさらされた。1978年にはビジネス機部門をガルフストリーム・エアロスペースとして売却している。また幾多の新型機選考に敗れた結果経営が危うくなり、1994年に同業の一つノースロップと合併してノースロップ・グラマンとなった。

製品[編集]

戦闘機[編集]

  • FF
  • F2F
  • F3F
  • F4F ワイルドキャット
  • XF5F スカイロケット
  • F6F ヘルキャット
  • F7F タイガーキャット
  • F8F ベアキャット
  • F9F パンサー / クーガー
  • XF10F ジャガー
  • F-11 タイガー
  • F-14 トムキャット

爆撃機雷撃機[編集]

  • TBF アベンジャー

攻撃機[編集]

  • AF ガーディアン
  • A-6 イントルーダー

飛行艇[編集]

その他の航空機[編集]

航空機以外[編集]

関連項目[編集]