黄金時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄金時代(おうごんじだい、英語:Golden Age)は、全盛期、絶頂期のこと。

古くはギリシャ神話において、人間はかつて現在より優れた“黄金時代”を生きていたと説く。

あるいは、ゴールドラッシュのように、ある国家や地域が採掘流通で経済的に繁栄している時代や、その状況を指すこともある。

後述するが、現代においては、比喩的にある国家組織大衆文化における勃興から場合によっては衰亡までのその歴史の中で最も繁栄した時代や、著名人の全盛期なども指す。

対義語暗黒時代

ギリシャ神話[編集]

「黄金時代」の言葉のルーツはギリシャ神話である。ヘシオドスの『仕事と日々』によると、かつてクロノス神々を支配していた時代が、黄金時代である。

黄金時代には、人間は神々と共に住み生きていた。世の中は調和平和に満ち溢れて、争いも犯罪もなかった。あらゆる産物が自動的に生成され、労働の必要はなかった。人間は、不死ではないものの不老長寿で、安らかに死んでいった。

その後、ゼウスがクロノスに取って代わると、黄金時代は終わりを告げ、白銀時代が始まった。白銀時代の人間はゼウスに滅ぼされ、青銅時代が始まった。以後、神話の英雄が活躍する英雄の時代歴史時代である鉄の時代と続くにつれ、人間は堕落し、世の中には争いが絶えなくなった。

その他の神話[編集]

かつて、人間の遥かな祖先は理想郷に住んでいたとする神話は各所に見られる。その中でも代表的なのが旧約聖書エデンの園である。

近現代の用法[編集]

代表的なのが19世紀後半と20世紀初頭のアメリカ合衆国南北戦争後の発展で工業生産量が、イギリスを抜いて世界一となった19世紀後半。第一次大戦後に世界経済の中枢となり、バブル経済が起きた20世紀初頭があげられるが、20世紀後半に起きたバブル景気に沸いた日本も一つの黄金時代といえる。

現在では、スポーツ選手芸能人が最も華々しい活躍をしていた時期や、特定分野のポップカルチャーが人気・セールス面でピークやブームを迎えていた時期を指して使われることも多い。個人に対して等、より短期的なニュアンスで「黄金期」と呼ぶこともある。

作品[編集]

黄金時代と題名がついている作品は数多くある。

関連項目[編集]