新明和工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新明和工業株式会社
ShinMaywa Industries, Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7224
大証1部(廃止) 7224
本社所在地 日本の旗 日本
665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
設立 1949年昭和24年)11月5日
業種 輸送用機器
法人番号 7140001082323
事業内容 航空機、特装車、水中ポンプ等の製造
代表者 取締役社長 五十川龍之
資本金 159億8196万7991円
発行済株式総数 100,000,000株
売上高 単体1,006億円、連結1,509億円
(2013年3月期)
純資産 単体719億円、連結890億円
(2013年3月)
総資産 単体1,223億円、連結1,552億円
(2013年3月)
従業員数 単体2,948人、連結4,711人
(2017年3月)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 10.23%
三信 9.29%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 7.20%
日立製作所 4.00%
(2012年9月)
主要子会社 新明和商事株式会社
関係する人物 川西龍三(創業者)
外部リンク www.shinmaywa.co.jp
テンプレートを表示

新明和工業株式会社(しんめいわこうぎょう、: ShinMaywa Industries, Ltd.)は、兵庫県宝塚市に本社を置く日本の輸送機器製造会社である。第二次世界大戦前は川西財閥傘下の航空機製造会社「川西航空機」であった。

概要[編集]

前身は川西航空機であり、当時は九七式飛行艇二式大型飛行艇などの飛行艇、局地戦闘機紫電/紫電改を開発・製造を担当した製造会社として知られていた。

戦後、川西航空機は民需転換を図る中で社名を明和興業(めいわこうぎょう)に変更。これが新明和という社名のルーツになる。戦時補償債務打ち切りに伴う関連法の企業再建整備法により明和興業は吸収分割されることになり、自動車部門の明和自動車工業(現・ダイハツ工業)と汎用機械部門の新明和興業という、2つの会社として再設立された。

川西の航空機製造技術を引き継いだ新明和だったが、設立当初は航空機の製造が日本全体として禁止されていたため、民需転換のため様々な試みが行われた。

その後、朝鮮動乱をきっかけに航空産業が解禁となり、航空機製造への再参入を果たす。民間輸送用プロペラ機YS-11の生産分担に始まり、海上自衛隊向けの飛行艇で完成機メーカーとして完全復活した。現在は救難飛行艇US-2を製造している。また、天突きダンプ塵芥車などの特装車、ポンプや自動電線処理機などの産業機械、機械式駐車場、ボーディング・ブリッジなども製造する産業機器メーカーとなっている。

沿革[編集]

事業部[編集]

航空機事業部[編集]

水陸両用航空機救難飛行艇(離着水可能な飛行機)を製作しているほか、ボーイングエアバスから航空機部品の開発・製造を受託している。過去には、日本航空機製造(NAMC)の生産分担を行ったこともある。

2012年4月には後述の救難飛行艇 US-2インド海軍への売込みを目指し、「飛行艇民転推進室」を設置[9]川崎重工業島津製作所と連携した専任チームを発足させる等[10]、活発な展開活動が行われている。

PS-1を製作する段階で、技術不足を補うためにアメリカ海軍からグラマンUF-1を譲り受けて研究、それを元に試作した量産型の4分の3ほどの大きさの飛行艇である。1機のみ製造。
  • 対潜哨戒飛行艇 PS-1(PX-S)
対潜哨戒機。機体は後のUS-1と同型である。強力な境界層制御(BLC)システムによって高い短距離離着陸(STOL)性能を持ち、二式大型飛行艇譲りの良好な凌波性能を備えた機体である。しかし、対潜哨戒能力がP-3対潜哨戒機に及ばなかったこと等から、23機で調達が打ち切られた。
  • 救難飛行艇 US-1(PS-1改)
PS-1を元に開発した災害救助用モデルである。PS-1から対潜哨戒用機材を取除き、代わりに災害救助用機材を搭載、さらに降着装置等を備えて離着陸可能とした(多くの飛行艇は離着陸できず、離着水のみ)。6機製造。
US-1のエンジンを換装した救難用水陸両用の飛行艇である。海上自衛隊が運用し、岩国飛行場厚木飛行場に配備されている。飛行場の無い東京都小笠原村の父島母島で急病人が発生した場合等、同機が派遣され羽田航空基地経由で東京23区の病院へ搬送している。14機製造。
  • 救難飛行艇 US-2(US-1A改)
US-2飛行艇
US-1Aをベースにしつつ、大幅に近代化・性能向上を図った飛行艇である。与圧キャビン、グラスコックピットフライ・バイ・ワイヤ等を取り入れ、運用能力が増している。2013年には、同型機を消防飛行艇仕様とした上で海外への輸出に向けた取り組みが行われている。
リアジェット36Aを改造して曳航標的やチャフポッド等を装備した機体である。6機改造。
U-36AUS-1AUS-2の定期修理(PAR:Progressive Aircraft Rework)を実施している。
航空自衛隊U-4の航空機定期修理(IRAN:Inspect and Repair As Necessary)を実施している。

新明和岩国航空整備株式会社[編集]

海上自衛隊岩国航空基地内において、U-36AUS-1AUS-2および関連装備品の整備業務等を行うグループ会社である。2012年11月には、定期検査通算500機を達成した[11]

特装車事業部[編集]

  • 特装車製品(環境整備車、脱着ボデー車、荷役装置付運搬車、粉粒体運搬車、液体運搬車、ダンプ車、ミキサ車等)
2012年(平成24年)4月2日に東邦車輛株式会社(東急車輛製造の特装自動車事業を継承した東急車輛特装株式会社)の株式の取得により、それまで未参入分野であったトレーラー事業を保有した。取得時現在では新明和のラインナップには統合されていない。
また、2013年(平成25年)1月1日に富士重工業の塵芥収集車事業を譲受した[3]。この統合によりフジマイティーブランドに終止符が打たれた。
アフターサービス(修理・各種部品販売)や中古車の売買、特装車のレンタルを行う新明和オートエンジニアリング株式会社がある。
2014年(平成26年)4月に富士重工業の塵芥収集車事業と共に譲受した大和商工及びフジ特車を再編し、新明和オートセールス株式会社が設立された[6]。その際、新明和オートエンジニアリングから中古車関連の事業が新明和オートセールスに移管され、逆に大和商工及びフジ特車のアフターサービス事業が新明和オートエンジニアリングに移管された。また塵芥車販売についても新明和本体に移管された。

イワフジ工業株式会社[編集]

  • 林業機械(プロセッサ、フォワーダ、スイングヤーダ等)
  • 環境関連機器(ロールリフト、ダストコンテナ等)

東邦車輛株式会社[編集]

  • トレーラ(コンテナトレーラ、重量物トレーラ、平床式トレーラ、バン・ウイング・アオリ、各種トレーラ等)
  • タンクローリ(石油タンクローリ、特殊タンクローリ等)
  • バン・ウイング(アルミバントラック、ウイングバン、ウイングトレーラ、バントレーラ等)
  • ダンプトラック(大型ダンプ、ダンプトレーラ等)
  • 粉流体輸送車(カーボンダンプ、飼料輸送車等)
  • 環境整備車両(バキュームカー、汚泥吸排車、大風量強力吸引作業車、廃油ローリ、飲料用給水車、散水車等)
  • 作業車・特殊車両 (空港用医療車、 ヤードキャリア等)
トレーラーや特殊車両の一部を除いて新明和本体の特装車事業との重複が多いが、東邦車輛には塵芥車はない。
東急車輛製造の特装自動車事業を継承した東急車輛特装株式会社(2010年(平成22年)4月1日設立)を譲受したもの。社名のルーツは東急車輛製造が合併した東邦特殊自動車工業株式会社(1964年(昭和39年)6月1日合併)。
大阪にアフターサービス(修理・部品販売)を行う東邦車輛サービス株式会社(旧・東急車輛サービス)がある。東邦車輛サービスは前述の新明和オートエンジニアリングの指定サービス工場ともなっている。東急車輛製造傘下時代は東急車輛製造の仙台・広島・福岡の各サービス営業所でも部品販売の取り扱いがあった。東邦車輛となってからは仙台サービス営業所と横浜サービス営業所(広島)が移転し、またそれらと福岡サービス営業所は東急車輛製造より移管されている。2013年(平成25年)1月22日に広島は福岡に集約された。

産機システム事業部[編集]

  • 自動電線処理機(端子打機、卓上型デジタルクリンパ等)
  • 環境システム(ごみ中継施設(圧縮・積替施設)、リサイクルセンター、ダストスクリュー、ダストドラム、コンパクタ・コンテナ等)
  • 真空成膜装置(光学薄膜市場向け、装飾膜市場向け、大型複合真空システム、コンポーネントおよびオプション機器等)
  • BUILT-IN DDモータシリーズ(フレームレスモータ、大型ターンテーブル、加工機用エアスピンドル、水力発電用大型アクチュエータ、特殊環境モータ等)
  • 薄膜・表面改質事業(イオンプラズマ処理装置、大面積電子ビーム加工装置、高周波マグネトロン装置、イオンインプラント装置等)

流体事業部[編集]

  • 水処理機器(設備用水中ポンプ、汎用・工事用水中ポンプ、水処理関連製品、システム製品等)

パーキングシステム事業部[編集]

  • パーキングシステム(機械式駐車設備、エレベータ方式駐車設備、垂直循環方式駐車設備、平面往復式駐車装置、水平循環方式駐車設備、多段方式駐車設備、航空旅客搭乗橋等)
多段方式駐車設備「Zパーク」
千葉県船橋市の船橋北口駐車場)
  • タワー式駐車設備(エレパーク、高層エレパーク、ロータリパーク)、地下方式駐車設備(クロスパーク、トランスパーク)、多段方式駐車設備(Zパーク)
2012年(平成24年)4月2日に東京エンジニアリングシステムズ株式会社(東急車輛製造の立体駐車場事業を継承した新東急パーキング株式会社)を取得した。取得時現在では新明和のラインナップには統合されていなかったが、重複する一部の製品を除き東京エンジニアリングシステムズの製品であることを明記した上で掲載されるようになった。


東京エンジニアリングシステムズ株式会社(TESC)[編集]

TESCもTPSCもかつて東急車輛製造で用いていたロゴを継承している。
この写真はかつて東急車輛製造で製造された鉄道車両のものだが、このプレートの同じロゴのTOKYUの部分にTESC・TPSCと表記している。
  • 自走式駐車設備TC系、機械式駐車設備TP系、大規模駐車システムTIP
    タワー式駐車設備TPN型・TPNW型はエレパークと、昇降指式および昇降横行式駐車設備各種はクロスパーク、トランスパース、そしてZパークと重複する。
東急車輛製造の立体駐車場事業を継承した新東急パーキング株式会社(2011年(平成23年)11月9日設立)を譲受したもの。東急車輛製造の立体駐車装置事業部門及び東急パーキングシステムズ株式会社(後の東京パーキングシステムズ株式会社、略称はTPSC)の株式を継承した。略称はTESC。
TESCもTPSCもIR情報等で記載されている事業内容は同一であったが、主に開発・製造はTESCが、販売・アフターサービスはTPSCが行っていた。2014年(平成26年)4月1日にTESCにTPSCを吸収合併(TESCが存続)することでTESCが開発・製造・販売・アフターサービスを一体的に運営する体制になった[5][6]
東京パーキングシステムズ株式会社(TPSC・消滅)[編集]
東急車輛製造の立体駐車場機器を製造するメーカーとして1967年(昭和42年)2月10日に東急パーキングシステムズ株式会社として設立され、新東急パーキング株式会社に継承されそれの新明和への譲渡と同時に改称した。2014年(平成26年)4月1日に東京エンジニアリングシステムズに吸収合併され消滅[5][6]

空港施設本部[編集]

中部国際空港のPAXWAY(パックスウェイ)
  • 航空旅客搭乗橋(PAXWAY)
空港ロビーと航空機の搭乗口をむすぶ通路。東京国際(羽田)、成田国際大阪国際中部国際(セントレア)、神戸を始めとする国内の空港はもちろん、シンガポールインドフィリピンタイ等、中国をのぞくアジア各国の空港で導入されている。


その他[編集]

  • 城山三郎の小説『零からの栄光』では創業者の川西龍三を中心に、創業から戦後にかけての同社が描かれている。
  • 1940年代から1960年代にかけてポインターのブランドで小型オートバイ(および2輪エンジン)を、明和興業時代には三輪トラックアキツ号』も開発、製造した。ポインターは関西を中心に小型オートバイの人気車種となり、レースにも参戦していた。当時はシェアが高かったにも関わらず、後発のホンダに追われ、販売店からの売掛金回収が不徹底だったなど、不採算を理由として1963年(昭和38年)9月に事業撤退。アキツ号も明和自動車工業への吸収分割を経て、1957年(昭和32年)に生産終了。以後はダイハツ・ミゼットの生産分担に切り替えられた。
  • 局地戦闘機「紫電」の伸縮式主脚などの油圧技術を応用して、理髪店用の昇降椅子の製造販売も手掛けていた。2008年3月に理美容事業から撤退。
  • 西宮市内にある医療法人明和病院はかつての川西航空機株式会社時代の付属病院として創設されたもの。現在もグループの法人だが、地域住民を中心に医療を提供している。
  • 和歌山県高野山の金剛峯寺奥の院参道入り口に新明和工業の物故者慰霊碑が建立されているが、ロケットの形をしており高野山の観光名所化している。

高野山にある慰霊碑

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年に横浜金沢プロパティーズに社名変更後、2016年に東京急行電鉄に吸収合併され、解散。
  2. ^ 2012年2月6日発表
    「異動する子会社の商号変更に関するお知らせ」 (PDF, 新明和工業)
    吸収分割および株式譲渡に伴う新明和工業株式会社の傘下会社となる各社の商号について (PDF, 東急車輛製造)
    なお、東急車輛製造から東急車輛特装(→東邦車輛)及び新東急パーキング(→東京エンジニアリングシステムズ)の2社への事業継承は前日の4月1日に行われた。
  3. ^ a b 事業譲り受けに関するお知らせ (PDF) - 新明和工業ホームページ、2013年1月7日掲載。
  4. ^ 富士重工業 塵芥収集車フジマイティーの生産を終了 (PDF) - 富士重工業ホームページ、2012年12月21日掲載。
  5. ^ a b c 2013年12月3日発表(いずれも同一)
    合併についてのお知らせ (PDF, 東京エンジニアリングシステムズ)
    合併についてのお知らせ (PDF, 東京パーキングシステムズ)
  6. ^ a b c d 特装車およびパーキングシステム事業の体制を再編 - 新明和工業 2013年12月3日
  7. ^ 「2013年度 ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞, 新明和工業
  8. ^ 「ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」受賞セレモニーを開催, 新明和工業
  9. ^ 水陸両用飛行艇の輸出活動を本格化, 新明和工業
  10. ^ 新明和工業、川重・島津との連携発表, 日本経済新聞 2012年4月27日
  11. ^ 新明和岩国航空整備株式会社

関連項目[編集]

新明和工業は、長期に渡って日立製作所のグループ企業であったが、日立は大半の所有株式を売却、出資比率が3%ほどとなり、持分法適用関連会社から外れることとなった。
新明和工業の現在のメインバンクは三菱東京UFJ銀行だが、旧三和銀行UFJ銀行の融資系列に属している。
競馬場の隣接地に工場があった。2006年平成18年)12月の馬場拡張のために用地を日本中央競馬会が買い取り、外回りコースを設置した。

外部リンク[編集]