Ka-27 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ka-27PL

Ka-27(カモフ27;ロシア語Ка-27カー・ドヴァーッツァチ・スィェーミ)は、ソ連カモフ設計局で開発されたヘリコプターである。

北大西洋条約機構(NATO)では、Ka-27に対し ヘリックス(Helix)というNATOコードネームを割り当てた。 Helixとは「螺旋」の意。

概要[編集]

Ka-27の開発は、まず艦載対潜ヘリコプターであるKa-27PL(ヘリックス-A)から始められた。1968年からKa-25PLに新しい捜索・追跡システムを搭載する試みが開始され、そのために改修された機体は新たにKa-252と名付けられた。Ka-252は艦上での試験を続け、1981年4月14日から制式名称Ka-27PLとしてソ連海軍に採用された。

Ka-27は前任機Ka-25PLのみならず陸上運用機であった大型のMi-14PLをも代替し、各地で幅広く運用された。Ka-27PLは現在もロシア海軍の主力ヘリコプターである。

Ka-27PLの派生型としては、まず捜索救難機型のKa-27PSКа-27ПС)が製作された。この機体は1980年から生産が開始され、現在でもロシアウクライナなどで多数使用されているほか、民間でも救難ヘリコプターとして運用されている。その他、Ka-27PLの輸出型であるKa-28(ヘリックス-B)、強襲用のKa-29(ヘリックス-B)、空中早期警戒用のKa-31(ヘリックス-B)、民間向けとして開発されたKa-32(ヘリックス-C)などがある。特にKa-32には多くの派生型が開発され、西側諸国でも比較的多数が使用されている。

Ka-27シリーズの開発は、このように多数の派生型を生みつつ現在も続けられており、今後も多くの派生型が登場すると見られる。ただし、Ka-27という名称の機体が運用されているのは、現在までのところソ連海軍機を受け継いだロシア海軍とウクライナ海軍ベラルーシ空軍だけである。ほかでの運用機は基本的にすべてKa-28かKa-32である。

バリエーション[編集]

Ka-32S
ロシア、オメガヘリコプター社の機体
2004年、モスクワ郊外のビコヴォ空港での撮影
Ka-27PS
Ka-28
Ka-25-2
初期のプロトタイプ。
Ka-27K
対潜型のプロトタイプ。
Ka-27PL "Helix-A"
対潜ヘリコプター
Ka-27M
Ka-27PLの改良型。FHA(Lance-A)アクティブフェーズドアレイレーダーを搭載し、コックピットや各種機材も近代化される[1][2]
Ka-27PS "Helix-D"
調査・救出ヘリコプター。
Ka-27PV
Ka-27PSの武装タイプ。
Ka-28 "Helix-A"
Ka-27PLの輸出用。
Ka-29TB "Helix-B"
突撃輸送ヘリコプター(2名のパイロットと16人乗り込み可能)。
Ka-29RLD
初期の空挺部隊仕様。海上監視に使用。Ka-29TBの再設計型.
Ka-31
早期警戒型。Ka-29を元に設計。
Ka-32
民間輸送用の初期モデル。
Ka-32A1
戦闘ヘリコプター。
Ka-32A2
警察仕様。サーチライトとスピーカーを装備。
Ka-32A3
調査・救出用仕様。避難と救出バージョン。
Ka-32A7
Ka-27PSの武装型。
Ka-32A11BC
カナダ向けモデル。
Ka-32A12
スイス向けモデル.
KA-32C
Ka-32M
1839kW TV3-117VMA-SB3 エンジン搭載型。Ka-32-10の後継機種。
Ka-32S "Helix-C"
海上輸送用、調査・救出用ヘリコプター。アンダーノーズレーダー付.
Ka-32T "Helix-C"
多目的輸送ヘリコプター。2名のクルーと16人乗り込み可能。
Ka-32K
クレーン付ヘリコプター。


運用国[編集]

運用国
USSテイラーから離陸しようとするウクライナ海軍所属のKa-27
MAS-2005におけるKa-27
ヘリスイスのKa-32 A12
大韓民国空軍はKa-32A4sをHH-32と命名し戦闘捜索救難に使用している

軍用[編集]

アルジェリアの旗 アルジェリア
中華人民共和国の旗 中国
インドの旗 インド
ポルトガルの旗 ポルトガル
ロシアの旗 ロシア
シリアの旗 シリア
ウクライナの旗 ウクライナ
ベトナムの旗 ベトナム
大韓民国の旗 大韓民国

民間[編集]

ブラジルの旗 ブラジル
カナダの旗 カナダ
  • バンクーバー島ヘリコプター[8]
スイスの旗 スイス
日本の旗 日本
  • アカギヘリコプター[10]
ポルトガルの旗 ポルトガル
  • ヘリポートユーガル[11]

退役[編集]

ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア

性能・主要諸元[編集]

Ka-27 orthographical image.svg

一般的特性[編集]

乗員:1-3名、+2-3名のスペシャリスト(Ka-27)
ペイロード: 4,000kg(8,818ポンド)の(Ka-32)、または16名の空挺部隊員(Ka-29)
全長: 11.3m
全高: 5.5m
空虚重量: 6,500kg
総重量: 11,000kg
最大離陸重量: 12,000kg
エンジンクリーモフ設計局TV3-117KM ターボシャフト ×2
メインローター直径: 2×15.8m
メインローター面積: 392.2m2 3枚刃逆回転ローター

パフォーマンス[編集]

最高速度:270 km/h
巡航速度:205 km/h
航続距離: 980km
実用上昇限度: 5,000m

武装[編集]

Ka-27
魚雷 (AT-1M、VTT-1、UMGT-1、APR-2) ×1またはソノブイ(RGB-NM、RGB-NM-1)×36
Ka-29TB
GShG-7.62機関銃(1,800発)×1
2A42機関砲(250発)×1
4つの外部ハードポイントに爆弾、ロケット、ガンポッド、9K114を装備可能。

アビオニクス[編集]

レーダー、MADまたはディッピングソナー、ソノブイ

登場作品[編集]

プレイステーション3Xbox 360PC版に「ロウスカウトアサルトヘリ」という名称で登場する。
アジアン軍(中国人民解放軍)が所有している。兵員輸送とミサイル攻撃が可能。

脚注[編集]

  1. ^ A new set of avionics and airborne electronics to be installed on the latest-version Kamov Ka-27 helicopters
  2. ^ Russian Navy begins flight trials of modified Kamov Ka-27M helicopter
  3. ^ a b c d e f g h World Air Forces 2013”. Flightglobal Insight (2013年). 2013年4月5日閲覧。
  4. ^ Kamov Ka32A11BC”. EMA. 2014年1月20日閲覧。
  5. ^ Korea Coast Guard 2012 White Paper”. 2013年6月6日閲覧。
  6. ^ **산림청 소속 산불 진화 헬리콥터**
  7. ^ Helicargo Services”. helicargo.com.br. 2013年4月5日閲覧。
  8. ^ From Russia With Love”. Annex Business Media. 2013年11月5日閲覧。
  9. ^ Heli Swiss Fleet”. heliswissinternational.ch. 2013年4月5日閲覧。
  10. ^ Aircraft fleet”. akagi-heli.co.jp. 2013年4月5日閲覧。
  11. ^ http://www.heliportugal.pt/#/en/fleet/enkamov
  12. ^ World Air Forces 1997 pg. 71”. flightglobal.com. 2013年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]