大韓民国空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大韓民国空軍
Republic of Korea Air force
Roundel of the Republic of Korea Air Force.svg
国防部
作戦司令部
主要部隊
空中戦闘司令部
空中機動偵察司令部
防空ミサイル司令部
防空管制司令部
韓国空軍の群一覧
韓国空軍の隊一覧
主要機関
空軍士官学校
空軍大学
軍需司令部
教育司令部
歴史・伝統
韓国空軍の歴史
その他
階級一覧
装備品一覧

大韓民国空軍(だいかんみんこくくうぐん : Republic of Korea Air ForceROK Air ForceまたはROKAF: 대한민국 공군)は大韓民国空軍組織である。基本的に大韓民国防空識別圏Korea Air Defense Identification Zone (KADIZ))内の防空任務のほか、人道支援活動、有事の際の支援が主要任務となる。

以下本稿では韓国空軍と呼称する。

概要[編集]

韓国空軍には約65,000人が所属し、約790機の航空機が配備されている。

1945年大日本帝国の敗戦により日本による朝鮮統治が終了し、帰国した航空関係者約500人が韓国航空建設協会を結成して航空部隊の建設を建議したがアメリカ軍は認めなかった。そこで統衛部情報局長代理の金英煥が交渉した結果、1948年3月に陸軍の一部として軽飛行隊の創設を認められた。

1948年4月に金貞烈朴範集崔用徳李永茂李根晳張徳昌、金英煥の7人が航空幹部要員として陸軍二等兵で歩兵学校に入学し、やがて総員105人の航空基地部隊が編成された。9月4日にアメリカ合衆国より10機のパイパーL-4グラスホッパーを寄贈され、翌5日に朝鮮警備隊大韓民国陸軍に改編されると、自動的に陸軍航空隊に改称された。そして15日に初の編隊飛行を行った。しかしL-4型連絡機では航続距離が短いため、1948年末までにL-5型偵察用連絡機10機が導入された。さらに1949年1月には陸軍航空学校を設立した。

L-5型連絡機の購入を機に航空首脳部は空軍の独立を提唱したが、連絡機20機だけで、しかもアメリカ空軍でさえ独立してから1年余りしか経っていない時であったので、顧問団長のロバート准将は時期尚早、参謀総長の蔡秉徳少将は空地協同の建前から空軍独立に反対した。そこで金貞烈が李承晩大統領と申性模国防部長官らに直接訴え、蔡秉徳に執拗に説き、1949年10月1日に現在の韓国空軍が正式に発足した。

その後、1950年朝鮮戦争が勃発した際、北朝鮮ヤコヴレフYak-9ラーヴォチュキン La-7を当時のソビエト連邦から輸入したことを受けて、P-51D マスタングをはじめとする110機を導入、アメリカ空軍からもパイロットが派遣され、軍事規模を拡大して行った。

さらに1960年代から1970年代になると、北朝鮮の脅威からF-86F-5F-4といった戦闘機も配備されて行き、1990年代にはF-16・KF-16、2000年代にはF-15Eの韓国型であるF-15Kが導入される等の近代化が進行している。KT-1T-50といった練習機を国産しているほか、KFX計画として国産戦闘機も検討されている。

2003年には南部戦闘司令部と北部戦闘司令部が設けられた。これらは2015年にはそれぞれ空中戦闘司令部空中機動偵察司令部に改編された。

基地[編集]

組織[編集]

空軍参謀総長の指揮する空軍本部に次の組織が所属する。

  • 作戦司令部(京畿道烏山市)
    • 空中戦闘司令部(大邱空軍基地)(司令官は空軍少将)
    • 空中機動偵察司令部(烏山空軍基地)(司令官は空軍少将)
    • 防空ミサイル司令部(烏山空軍基地)(司令官は空軍少将)
    • 防空管制司令部
  • 軍需司令部
  • 教育司令部(Republic of Korea Air Force Education and Training Command:AFTEC 공군 교육사령부)
  • 兵力:6万3千人

所有機体[編集]

大韓民国空軍の所有機体[1]
機種 生産国 分類 機体バージョン 所有機体数 備考
F-15E アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦闘爆撃機 F-15K 59 愛称はスラムイーグル[2]
F-16C/D アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 C:多用途戦闘機
D:作戦転換機
F-16C/DBlock32 計C:118D:51 完成機輸入
KF-16C/D アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
韓国の旗 韓国
KF-16C/DBlock52 完成機輸入もしくは、KAIによるノックダウン/ライセンス生産機
F-4 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦闘爆撃機 F-4E 71 後継機としてF-35Aを選定した。
F-5 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 攻撃機 F-5EタイガーII 158
作戦転換機 F-5FタイガーII 36
KAI FA-50 韓国の旗 韓国 戦闘攻撃機 FA-50 20 2016年までにさらに40機を生産予定
KAI TA-50 韓国の旗 韓国 練習機・軽攻撃機 TA-50 22
KAI T-50 韓国の旗 韓国 練習機 T-50 63
アクロバット機 T-50B
KAIKT-1 韓国の旗 韓国 練習機 KT-1 106
前線航空管制機 KA-1
イリューシンII-103英語版 ロシアの旗 ロシア 初等練習機 T-103 22
KAI KC-100 韓国の旗 韓国 初等練習機 - 23機発注中
ホーカー 800 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 偵察機 ホーカー800RA
ホーカー800SIG
各4計8 ビジネスジェット機の改造モデル。
ボーイング737 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 VIP輸送機 B737-300 1 ボーイングカスタマーコードはZ8
ボーイング737 AEW&C アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 早期警戒管制機 B737-700AEW&C 4
ボーイング747-400 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 VIP輸送機 B747-400 1 大韓航空からのリース
エアバス A330 MRTT フランスの旗 フランス 空中給油機 A330-200 - 2019年までに4機導入予定
C-130 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦術輸送機 C-130H/-30
C-130J
12
4
CASA CN-235 スペインの旗 スペイン
インドネシアの旗 インドネシア
戦術輸送機 CN-235-100
CN-235-220
18 (-100)CASA製造
(-220)IAE製造
CH-47チヌーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 輸送/戦闘捜索救難ヘリ HH-47D 5 -
AS332 フランスの旗 フランス/インドネシアの旗 インドネシア 戦闘捜索救難ヘリ AS332L 3 IPTNのライセンス生産機
ベル412 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦闘捜索救難ヘリ 412 3
MD 500 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 偵察ヘリ 25
Ka-32 ロシアの旗 ロシア 戦闘捜索救難ヘリ HH-32 7 Ka-27を多目的用途にしたもの。
S-70 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 汎用/戦闘捜索救難ヘリ UH-60L/P 29
S-92 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 VIP輸送用ヘリコプター S-92A 3

その他、パトリオットミサイルMIM-23ホークも装備している。

歴代参謀総長[編集]

氏名 在任期間 出身校 備考
漢字表記 ハングル表記 着任 退任
1 金貞烈 김정렬 1949年10月1日 1952年11月 日本陸軍航空士官学校第54期
明野陸軍飛行学校乙種、甲種
大日本帝国陸軍出身
2 崔用徳 최용덕 1952年12月1日 1954年11月9日 中国陸軍軍官学校
保定航空学校
中国陸軍大学特別班
中華民国空軍出身
3 金貞烈 김정렬 1954年12月1日 1956年12月1日 - 2度目の就任
4 張徳昌 장덕창 1956年12月1日 1958年12月1日 伊藤飛行機研究所第1期 日本民間航空出身
5 金昌圭 김창규 1958年12月1日 1960年7月25日 日本陸軍士官学校第55期
陸軍航空整備学校
アメリカ空軍大学修了
日本陸軍出身
6 金信 김신 1960年8月1日 1962年8月1日 空軍軍官学校第18期
ランドルフ航空学校
韓国陸軍参謀学校修了
アメリカ空軍大学修了
中国空軍出身
7 張盛煥 장성환 1962年8月1日 1964年8月1日 岐阜陸軍飛行学校卒業
浜松陸軍飛行学校卒業
韓国陸軍参謀学校修了
日本陸軍出身
8 朴元錫 박원석 1964年8月1日 1966年8月1日 日本陸軍航空士官学校第58期
韓国陸軍士官学校第5期
韓国陸軍大学第2期
アメリカ空軍大学修了
日本陸軍出身
9 張志良 장지량 1966年8月1日 1968年8月1日 日本陸軍航空士官学校第60期
韓国陸軍士官学校第5期
韓国陸軍参謀学校修了
アメリカ空軍大学修了 
10 金成龍 김성룡 1968年8月1日 1970年8月1日 日本陸軍飛行学校
アメリカ空軍大学修了 
少年飛行兵第15期出身、韓国空軍最初の大将
11 金斗萬 김두만 1970年8月1日 1971年8月28日 日本陸軍飛行学校
韓国空軍士官学校招集第2期 
少年飛行兵第15期出身
12 玉満鎬 옥만호 1971年8月28日 1974年8月1日 日本陸軍飛行学校
韓国空軍士官学校招集第2期
アメリカ空軍大学修了
少年飛行兵第15期出身
13 周永福 주영복 1974年8月1日 1979年4月18日 大刀洗陸軍飛行学校
韓国空軍士官学校招集第2期
アメリカ空軍大学修了 
少年飛行兵第15期出身
14 尹子重 윤자중 1979年4月18日 1981年3月10日 韓国空軍士官学校第1期
アメリカ空軍大学修了 
15 李喜根 이희근 1981年3月10日 1982年6月5日 韓国空軍士官学校第1期
韓国空軍大学修了 
16 金相台 김상태 1982年6月5日 1984年6月5日 韓国空軍士官学校第2期
アメリカ空軍大学修了
韓国空軍大学修了
17 金仁基 김용배 1984年6月5日 1987年6月5日 韓国空軍士官学校第3期
韓国空軍大学修了
アメリカ空軍大学修了 
18 徐東烈 서동열 1987年6月5日 1989年6月5日 韓国空軍士官学校第4期
韓国空軍大学修了 
19 鄭用厚 정용후 1989年6月5日 1990年9月8日 韓国空軍士官学校第6期
韓国空軍大学修了
20 韓周奭 한주석 1990年9月8日 1992年9月8日 韓国空軍士官学校第7期
韓国空軍大学修了
21 李養鎬 이양호 1992年9月8日 1993年5月27日 韓国空軍士官学校第7期
アメリカ空軍大学修了
韓国空軍大学修了
22 趙根海 조근해 1993年5月27日 1994年3月3日 韓国空軍士官学校第9期
韓国空軍大学修了 
23 金鴻來 김홍래 1994年3月8日 1996年3月8日 韓国空軍士官学校第10期
韓国空軍大学修了 
24 李光学 황영시 1996年3月8日 1998年3月6日 韓国空軍士官学校第11期
韓国空軍大学修了
25 朴春澤 박춘택 1998年3月6日 2000年3月3日 韓国空軍士官学校第12期
アメリカ空軍大学修了
韓国空軍大学修了
26 李億秀 이억수 2000年3月3日 2002年3月2日 韓国空軍士官学校第14期
韓国空軍大学修了 
27 金大郁 김대욱 2002年3月2日 2003年10月11日 韓国空軍士官学校第15期
韓国空軍大学修了 
28 李漢鎬 이한호 2003年10月11日 2005年10月7日 韓国空軍士官学校第17期
韓国空軍大学修了 
29 金成一 김성일 2005年10月7日 2007年4月13日 韓国空軍士官学校第20期
30 金銀基 김은기 2007年4月13日 2008年10月2日 韓国空軍士官学校第22期
アメリカ海軍大学院
31 李啓勳 이계훈 2008年10月2日 2010年9月30日 韓国空軍士官学校第23期 
32 朴鍾憲 박종헌 2010年9月30日 2012年4月18日 韓国空軍士官学校第24期 
33 成日煥 성일환 2012年4月18日 2014年4月11日 韓国空軍士官学校第26期 
34 崔且圭 최차규 2014年4月11日 2015年9月17日 韓国空軍士官学校第28期 
34 鄭景斗 정경두 2015年9月17日 現職 韓国空軍士官学校第30期 

注釈[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 因みによく軍事系サイト等で誤解されがちであるが、このスラムとは貧民窟を意味するスラム(Slum)ではなく、激しく叩く事を意味するSlamである(井上雄彦の漫画「SLAMDUNK」のスラムもこちらの意味)。