群山空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
群山空港
군산공항
Gunsan Airport
群山基地の上空を飛行するF-16戦闘機
群山基地の上空を飛行するF-16戦闘機
IATA: KUV - ICAO: RKJK
概要
国・地域 韓国の旗 韓国
所在地 全羅北道群山市
運営者 アメリカ空軍
開設 1938年
所在部隊 第8戦闘航空団
標高 9 m (29 ft)
座標 北緯35度54分13秒 東経126度36分57秒 / 北緯35.90361度 東経126.61583度 / 35.90361; 126.61583 (Kunsan AB)
ウェブサイト www.kunsan.af.mil
地図
空港の位置
空港の位置
RKJK
空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
18/36 2,743 コンクリート
出典: DAFIF[1][2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

群山空港(クンサンくうこう、韓国語:군산공항、英文表記:Gunsan Airport)は、大韓民国全羅北道群山市にある軍民両用の空港。駐韓アメリカ空軍群山空軍基地(Kunsan Air Base)が置かれている。

概要[編集]

韓国の南西部にあり、ソウル特別市からは240kmほど離れている。烏山空軍基地と並ぶ、太平洋空軍傘下のアメリカ第7空軍の主力基地の一つである。F-16Cを装備した第8戦闘航空団(第35戦闘飛行隊、第80戦闘飛行隊)が所在している。なお、第8戦闘航空団は対地攻撃および空対空戦闘の双方を任務としている。

民間空港としても供用され、大韓航空済州島との間に、1日に1、2往復の旅客機を運航している。かつてはソウル釜山との間にも運航されていた。

歴史[編集]

群山空港は、1938年に設営された日本軍の航空基地を基にしている。1945年以降はアメリカ軍が駐留し、小規模な連絡基地として使用していた。

1950年6月25日の朝鮮戦争勃発後、北朝鮮軍の迅速な進撃により、群山基地は1950年7月13日に占領された。その後、10月にアメリカ第24師団が基地を奪回している。1951年より基地の整備・拡張が開始され、第27飛行場群や第808航空設営大隊により、5,000フィート(約1,520m)の滑走路が整備された。8月にはB-26を装備した第3爆撃航空団の展開が開始されている。その後も、海兵隊航空団やF-84を装備した戦闘爆撃航空隊などが展開している。

朝鮮戦争終結後は、部隊の撤退が続き、1958年に滑走路が9,000フィート(約2,740m)に延長されたものの、1960年代には韓国空軍のF-86部隊が展開していたのみであった。なお、プエブロ号事件の際には、一時的にF-100が配備された。これ以降、基地は再び活性化し、断続的ではあるものの、部隊のローテーションが行われた。1974年にタイ王国の基地より第8戦闘航空団に移駐し、今日に至っている。

駐留部隊[編集]

  • Seventh Air Force - Emblem.png第7空軍(7th AF)
    • 第8戦闘航空団(8th Fighter Wing)
      • 第8作戦群(8th Operations Group) (Tail Code: WP)
      • 第8整備群(8th Maintenance Group)
      • 第8任務支援群(8th Mission Support Group)
      • 第8医療群(8th Medical Group)

就航航空会社・路線[編集]

国内線[編集]

航空会社 就航地
韓国の旗 大韓航空 済州
韓国の旗 イースター航空 済州

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Airport information for RKJK from DAFIF (effective October 2006)
  2. ^ KUVの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF(2006年10月時点で有効).

外部リンク[編集]