第15混成航空団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第15混成航空団
제15혼성비행단
所属政体 大韓民国の旗 韓国
所属組織 大韓民国空軍
所在地 ソウル特別市
上級単位 空中機動偵察司令部
テンプレートを表示

第15混成航空団(だい15こんせいこうくうだん、朝鮮語제15혼성비행단(漢字表記:第15混成飛行團)、英称:ROKAF 15th Mixed Wing)は、大韓民国空軍航空団飛行団)の一つで、ソウル特別市ソウル空軍基地に所在する。航空団司令官には空軍准将が充てられている。

本航空団はソウル首都圏唯一の空軍飛行部隊であり、大統領専用機のほか白頭偵察機金剛偵察機CASA CN-235戦術輸送機およびC-130戦術輸送機を装備する捜索救助大隊を管理している[1]

建設中の第2ロッテワールドに関連して、予定されている112階建て高さ555メートルの超高層ビルの存在による離着陸アプローチの問題により、空軍とロッテとの間で紛争が生じており本航空団は移転の必要性を取りだたされ、ロッテよりの発言をした大統領に対して空軍は水面下であるものの不満を漏らしている[1][2]

部隊編制[編集]

  • 第237戦術統制飛行隊
  • 第255特殊作戦飛行隊 - 1988年からC-130H戦術輸送機を運用する。

脚注[編集]