第6歩兵師団 (韓国陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第6歩兵師団
ROK 6th Infantry Division.svg
創設 1948年4月29日
所属政体 Flag of South Korea.svg大韓民国
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
部隊編制単位 師団
兵科 歩兵
愛称 青星(청성
上級単位 第5軍団
主な戦歴

朝鮮戦争

テンプレートを表示

第6歩兵師団(だい6ほへいしだん、제6보병사단、第六步兵師團)は大韓民国陸軍の師団の1つ。

歴史[編集]

第6師団の始まりは1948年4月29日に創設された第4旅団(初代旅団長、蔡秉徳大佐)で、同年11月20日に第6旅団に改称され1949年5月12日に師団に昇格した。

春川から洪川までの38度線警備を担当した。

1950年6月25日、朝鮮戦争が勃発すると北朝鮮第2軍団の第2師団が春川に、第12師団と独立戦車連隊が洪川に侵攻した。第6師団は地形を利用した防御で北朝鮮第2軍団に損害を与えた。これにより春川の攻略は遅れ、北朝鮮軍の計画に躓きが生じた。この戦いで第6師団は「春川の岩」、「華の第6師団」と呼ばれるようになった。

1950年7月初旬、第6師団は安城付近から忠州までの約70キロメートルの範囲に展開して西部の第1軍団を援護した。

1950年7月中旬、各所で抵抗しながら後退し、15日に新編の第2軍団に編入された。

1950年7月下旬、尚州市咸昌で増援の第1師団と共に北朝鮮第1師団、第13師団と攻防戦を繰り広げた。

1950年8月2日、第2軍団の命令により洛東江を渡河して洛東江防御線の防御に就くが、翌3日に早くも北朝鮮第1師団が攻撃を開始し、第6師団は抵抗しながら後退した。その後、陸軍本部の命令で義城方面に後退して、右翼の第8師団の担当正面を肩代わりさせた。ここで新たに北朝鮮第8師団が加わった。第6師団は新寧まで後退し、ここで2個師団の攻勢を阻止した。

1950年9月初旬、北朝鮮軍の9月攻勢が開始され、第6師団は北朝鮮第8師団と交戦した。

1950年9月15日の仁川上陸作戦を皮切りに第8軍は攻勢に転移し、第6師団も翌16日に攻勢をかけた。最初は進展しなかったが21日に北朝鮮第8師団を殲滅して北上した。

1950年10月15日、38度線を越えて北進し先鋒隊が鴨緑江に到達したが25日以降の中共軍の第1次攻勢で隷下の2個連隊が包囲され 、開戦以来建制を保ってきた第6師団は壊走した。

1950年11月下旬、第6師団はクリスマス攻勢に参加するが、中共軍の第2次攻勢で再び壊走する。

1951年1月、第2軍団が解体されたためアメリカ第9軍団に配属された。

1951年4月、史倉里で中共軍第20軍の攻勢を受けて崩壊。

1951年5月、1157高地(龍門山)で中共軍第63軍を撃退。

1952年4月、再建された第2軍団に配属された。

1975年、江原道鉄原郡にて第2南侵トンネルを発見した。

編制[編集]

  • 第2連隊
  • 第7連隊
  • 第19連隊
  • 砲兵連隊

師団長[編集]

氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
漢字/片仮名表記 原語表記
1 劉載興 유재흥 1949.5.12 - 1950.1.5 日本陸士55期 済州地区戦闘司令官 第2師団長
2 申尚澈 신상철 1950.1.5 - 1950.6.10 日本航士58期 陸本情報局長 陸本人事局長
3 金鐘五 김종오 1950.6.10 - 1950.10.31 軍英1期 第1連隊長 第9師団長
4 張都暎 장도영 1950.10 - 1952.1 軍英1期 陸本情報局長 第1訓練所長
5 白仁燁 백인엽 1952.1 - 1953.6 軍英1期 第1訓練所長 第9師団長
6 金點坤 김점곤 1953.6 - 1954.3 軍英1期 陸本人事局長 第1軍参謀副長
李源長 이원장 1957 - 1958[1] 軍英1期 陸本人事局長 予備役
李龍 이용 1959.7 - 1960.4 陸士5期 第12師団長 歩兵学校長
金載圭 김재규 1963.9[2] - 1966 警士2期 湖南肥料社長 第6管区司令官[3]
16 朴賢植 박현식 ? - 1967.7.1 陸士5期 第9師団長
17 金鍾洙 김종수 1967.7.1 - 1969 陸士3期 第30師団長[4] 駐越韓国軍作戦副司令官 准将
19 李建栄韓国語版 이건영 1971 - 1972.1 陸士7期 第6副師団長 陸大総長
21 鄭名煥 정명환 1973.8.18[5] - 1976 陸士8期 陸本人事運営管 准将、75年少将
25 韓哲洙 한철수 1980 - 1982 陸士12期 陸本管理参謀部長
27 權寧海 권영해 1984 - 1986? 陸士15期 第88旅団長 オリンピック警備司令官
28 李海龍[6] 이해룡 1986? - 1988 陸士17期 陸軍本部本部司令官 第3軍参謀長[7] ハナフェ
29 尹龍男韓国語版 윤용남 1988 - 1990 陸士19期 第5軍団参謀長 第5軍団長
31 韓勝義 한승의 1991 - 1993.10 陸士22期 韓米連合司令部作戦処長 国防部政策企画官
32 朴奉植 박봉식 1993.10[8] - 1995 陸士24期 国防部人事福祉局長
33 南在俊 남재준 1995 - 1997 陸士25期 首防司参謀長 陸本人事参謀部長
34 金章洙韓国語版 김장수 1997 - 2000 陸士27期 第1軍作戦処長 合同参謀作戦部長[9]
35 キム・ハクヨン 김학연 2000 - 2001.1.17 陸士28期 予備役 セクハラ疑惑により解任
36 崔光燮[10] 최광섭 2001.1.17 - 2002 陸士29期 27師団長
37 許坪桓韓国語版 허평환 2002 - 2004 陸士30期 国防部人事福祉局次長 陸軍訓練所長
38 任官彬 임관빈 2004 - 2006.5.2 陸士32期 陸本秘書室長 陸本政策広報室長[11]
39 尹英範 윤영범 2006.5.2 - 2007.4.29[12] 陸士33期 陸本作戦部長 ザイトゥーン部隊
40 ジョ・ビョンオ 조병오 2007.4.29 - 2008.12 学軍16期 第2軍団副軍団長 GP手榴弾投擲事件で更迭
41 ファン・チュンシク 황충식 2008.12.3 - 2010.12 陸士36期 陸本情報作戦処長
42 イム・ホヨン 임호영 2010.12 - 2012.11.8 陸士38期 第1軍団参謀長 陸本監察室長
43 イ・ジェヒョン 이재형 2012.11.8 - 2014.10.16 学軍21期 砲兵学校教授部長 陸軍砲兵学校長
44 イ・グクジェ 이국재 2014.10.16[13] - 陸士42期

脚注[編集]

  1. ^ 李源長” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年5月26日閲覧。
  2. ^ 有故(2)―金泳三総裁の登場と金載圭の葛藤(3)” (韓国語). 趙甲濟ドットコム. 2016年7月15日閲覧。
  3. ^ 金載圭” (韓国語). 民族文化大百科事典. 2016年7月15日閲覧。
  4. ^ “白馬部隊長に朴賢植少将(백마 부대장에 박현식 소령)”. 中央日報. (1967年6月29日). http://news.joins.com/article/1124536 2015年12月15日閲覧。 
  5. ^ 서울 근교 지하 기계음(2) 한국의 심장부로...(3)
  6. ^ 한국의 人脈 : 系譜와 派閥의 뿌리
  7. ^ “観公新監査 李海龍さん(백마 부대장에 박현식 소령)”. 旅行新聞. (1992年9月4日). http://www.traveltimes.co.kr/bbs/board.php?bo_table=News&wr_id=286&code=A 2015年12月15日閲覧。 
  8. ^ “仕上げ入った「軍の脱政治化」/ 3群中・少将人事背景 (마무리 접어든 「군의 탈정치화」/3군 중·소장인사 배경)”. 中央日報. (1993年10月19日). http://news.joins.com/article/2838270 2016年5月26日閲覧。 
  9. ^ “[プロフィール]金章洙駐中国大使内定者([프로필]김장수 주중국대사 내정자)”. ニューシス. (2015年2月15日). http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150215_0013481290&cID=10301&pID=10300 2016年5月26日閲覧。 
  10. ^ “国防部、資源管理本部長特別採用 (국방부, 자원관리본부장 특별채용)”. ニュースワイヤー. (2006年3月2日). http://www.newswire.co.kr/newsRead.php?no=128654 2016年5月26日閲覧。 
  11. ^ “「戦作権」韓国代表 任官彬って誰?忠州出身国防部政策室長...陸士32期・中将(‘전작권’ 한국대표 임관빈은 누구충주 출신 국방부정책실장… 육사 32기·중장)”. 世宗デイリー. (2013年7月30日). http://www.sjdailynews.co.kr/news/articleView.html?idxno=15942 
  12. ^ “ザイトゥーン部隊の師団長 尹英範少将 29日に就任(자이툰 부대 사단장 윤영범 소장 29일 취임)”. 江原道民日報. (2007年4月25日). http://www.kado.net/news/articleView.html?idxno=309350 
  13. ^ “最前方鉄原で国防守護尽くす青星部隊(최전방 철원서 국방수호 다하는 청성부대)”. 新亜日報. (2014年10月17日). http://www.shinailbo.co.kr/news/articleView.html?idxno=409259 2016年5月26日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 佐々木春隆 (1979), 朝鮮戦争/韓国篇 上・中・下巻, 原書房 

関連項目[編集]