第2軍団 (韓国陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第2軍団 (韓国陸軍)
ROK II Corp.gif
創設 1950年7月24日
廃止 1950年11月
再編成 1952年3月
所属政体 大韓民国
所属組織 大韓民国国軍
大韓民国陸軍
部隊編制単位 軍団
兵科 歩兵
兵種/任務/特性 戦術指揮部隊
所在地 春川市
愛称 双龍
上級単位 第1軍
主な戦歴

朝鮮戦争

テンプレートを表示

第2軍団(だい2ぐんだん、第二軍團、제2군단)は、韓国陸軍における軍団の一つで第1軍の隷下にある。

歴史[編集]

1950年7月12日に第6歩兵師団第8歩兵師団を隷下に置く形で創設。釜山橋頭堡の戦いの直前の7月25日に韓国軍第2次編成により第1歩兵師団、第6歩兵師団を隷下に置くこととなった。釜山橋頭堡の戦いで大邱北方の防御を担当。仁川上陸作戦後は第6歩兵師団、第7歩兵師団、第8歩兵師団を隷下に置き北進。1950年10月下旬に中国人民志願軍の攻勢を受けて敗退。1950年11月、再び攻勢を受けて敗退。1951年1月に解散。1952年3月、白野戦戦闘司令部を基幹に再編成。首都師団第3師団、第6師団から成り、それまで韓国軍に無かった軍団直轄の砲兵部隊があった。再建された第2軍団は中部戦線の金城正面を担当した。現在は春川市に本部を置いている。

編成[編集]

  • 第7歩兵師団(七星師団)
    • 本部大隊
    • 第3歩兵連隊
    • 第5歩兵連隊
    • 第8歩兵連隊
    • 砲兵連隊
  • 第15歩兵師団(勝利師団)
    • 本部大隊
    • 第38歩兵連隊
    • 第39歩兵連隊
    • 第50歩兵連隊
    • 砲兵連隊
  • 第27歩兵師団(勝とう師団)
    • 本部大隊
    • 第77歩兵連隊
    • 第78歩兵連隊
    • 第79歩兵連隊
    • 砲兵連隊
  • 第2工兵旅団
  • 第2砲兵旅団
  • 第102情報旅団
    • 第721情報大隊
    • 第722情報大隊
  • 第302警備連隊
  • 第702特攻連隊
  • 第1戦車大隊
  • 第142情報大隊
  • 第512防空大隊
  • 軍団本部隊
支援部隊
  • 第12航空団 - 航空作戦本部

歴代軍団長[編集]

氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
漢字/片仮名表記 原語表記
1 劉載興 유재흥 1950.7.12 - 1951.1 日本陸士55期
軍事英語学校1期
第1軍団副軍団長 参謀次長
2 白善燁 백선엽 1952.4 - 1952.7 奉天9期 第1軍団長 参謀総長
3 劉載興 유재흥 1952.7 - 1953.2 日本陸士55期
軍事英語学校1期
軍事休戦会談代表 参謀次長
4 丁一権 정일권 1953.2 - 1954.2 奉天5期
日本陸士55期
軍事英語学校1期
米第9軍団副軍団長 参謀総長
5 張都暎 장도영 1954.2 - 1955.5.27 軍事英語学校1期 第8師団長 陸軍参謀次長
6 咸炳善 함병선 1955.5.27[1] - 1957.7 日本陸士55期
軍事英語学校1期
第2訓練所長 陸軍本部企画参謀副長
? 張昌国 장창국 1957 - 1958 軍事英語学校1期 第1軍団長 陸軍本部作戦参謀副長
10 ? 1958 - 1959.7
11 金炯一 김형일 1959.7 - 1960.9 軍事英語学校1期 連合参謀本部長 陸軍参謀次長
12 閔耭植 민기식 1960.9 - 1961.5 軍事英語学校1期 第1軍副司令官 第2軍司令官
13 朴璟遠韓国語版 박경원 1961.5 - 1962 陸士2期 諜報部隊長 内務省長官
14 金益烈 김익렬 1962 陸軍予備士官学校
軍事英語学校
第1軍団長 戦闘兵科教育司令官
15 文亨泰 문형태 1962 - 1963 日本志願兵2期
警備士官学校第2期
第1軍団長 陸軍参謀次長
16 李相喆 이상철 1963 - 1965.2.26 軍事英語学校1期 第1軍団長 予備役
17 金相福 김상복 1965.2.26 - 1966.7 軍事英語学校1期 第1軍団長 国防部管理次官補[2]
18 盧載鉉 노재현 1966.7 - 1969? 陸士3期 軍需基地司令官 陸軍参謀次長
19 ? 1969? - 1971
20 金鍾煥韓国語版 김종환 1971 - 1973 陸士4期 保安司令官韓国語版 陸軍参謀次長
21 金鍾洙[3] 김종수 1973 - 1975 陸士3期 駐越副司令 第2軍司令官
22 李範俊[4] 이범준 1975 - 1977 陸士8期 陸軍本部軍需参謀部長 陸軍軍需司令官
23 兪学聖韓国語版 유학성 1977[5] - 1979 政訓1期 陸軍本部教育参謀部長 国防部軍需次官補
24 ? 1979 - 1980.8
25 張正烈 장정열 1980.8 - 1982.6[6] 陸士2期 陸軍本部戦略企画参謀部長 軍特命検閲会長
26 金應烈 김응렬 1982.6 - 1984.7[7] 陸軍本部人事参謀部長[8] 予備役
27 ? 1984.7 - 1985.12
28 閔庚培 민경배 1985.12[9] - 1987 陸士14期 教育司令官
29 申末業 신말업 1987 - 1989.3.29[10] 陸士16期 第5師団長[11] 参謀次長 ハナフェ
30 千容宅韓国語版 천용택 1989.3 - 1990 陸士16期 陸軍本部民心参謀部長[12] 合同参謀戦略企画本部長
31 張城 장성 1990 - 1992[13] 陸士18期 陸軍本部政策企画室長 国防部政策室長
32 金吉夫 김길부 1992 - 1993? 陸士20期 歩兵学校長 兵務庁長[14]
33 劉在烈 유재열 - 1995.10.11[15] 陸士21期 国防部軍需局長[16] 軍需司令官
34 曹永吉韓国語版 조영길 1995.10.11 - 1997.10 甲種172期 合同参謀戦力企画部長[17] 第2軍司令官
35 朴魯淑 박노숙 1997.10 - 1999.10.25 陸士24期 陸軍本部人事参謀部[18] 予備役編入?
36 黄圭軾 황규식 1999.10.25[19] - 2001.11.9[20][21] 陸士26期 陸軍本部人事参謀部長 国防大学校総長
37 金基成 김기성 2001.11.9 - 2002.10.17[22] 陸士27期 陸軍本部軍需部長[23] 軍需司令官
38 金寛鎮 김관진 2002.10.17 - 2004.5.27 陸士28期 陸軍本部企画管理参謀部長 統合参謀本部作戦本部長
39 鄭東漢[24] 정동한 2004.5.27[25] - 2005.11.10 陸士29期 陸軍本部情報作戦部長 2軍副司令官
40 金顕錫[26] 김현석 2005.11.10[27] - 2007.12.6 陸士30期 合同参謀作戦部長
41 鄭承兆韓国語版 정승조 2007.12.6[28] - 2009.4.22 陸士32期 国防部政策企画官 陸士校長
42 呉正錫 오정석 2009.4.22[29] -2010.12 三士10期 教育司教育訓練部長
43 朴宣宇韓国語版 박선우 2010.12[30] - 2012.11.5 陸士35期 合同参謀本部作戦本部長 合同参謀本部作戦本部長[31]
44 梁淙琇韓国語版 양종수 2012.11.5 - 2014.4 陸士37期 陸軍本部情報作戦参謀部長 陸士校長
45 コ・ヒョンス 고현수 2014.4 - 学軍20基 陸軍訓練所長

参謀長[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “中庭の棗の木も焼けてしまった(“안마당의 대추나무도 타 버려싱게”)”. 済州の音. (2014年6月25日). http://www.jejusori.net/?mod=news&act=articleView&idxno=148449 2015年10月16日閲覧。 
  2. ^ “第17代参謀次長 金相福中将(“17대 참모차장 김상복 중장”)”. 中央日報. (1968年2月16日). http://news.joins.com/article/1151176 2016年4月24日閲覧。 
  3. ^ 金鍾洙” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年4月26日閲覧。
  4. ^ 李範俊” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年4月26日閲覧。
  5. ^ “遮日輪を見て”. 朝鮮日報. (2015年11月18日). http://forum.chosun.com/bbs.message.view.screen?bbs_id=1040&message_id=1206607 2016年2月6日閲覧。 
  6. ^ 張正烈陸軍士官学校総同窓会
  7. ^ “進級した朴俊炳大将など 全大統領が申告受け (진급한 박준병 대장 등 전대통령이 신고 받아)”. 江南通信. (1984年7月2日). http://gangnam.joins.com/news/article/Article.aspx?total_id=1771802&sc=&mc= 2016年4月26日閲覧。 
  8. ^ “「80年代の大学生強制徴集」国家機関、組織的動員 ('80년대 대학생 강제징집' 국가기관들 조직적 동원)”. ハンギョレ. (2005年5月29日). http://www.hani.co.kr/arti/PRINT/37753.html 2016年4月26日閲覧。 
  9. ^ 全斗煥大統領 閔庚培2軍団長進級及び担当申告受ける 1
  10. ^ “陸軍首脳部48人の挨拶”. 中央日報. (1989年3月29日). http://news.joins.com/article/2319557 2015年11月18日閲覧。 
  11. ^ 申末業” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年4月26日閲覧。
  12. ^ “千容宅が1980年度に報国勲章三一章を受けた理由は?(천용택이 1980년도에 보국훈장 삼일장을 받으 이유는?)”. オーマイニュース. (2003年4月24日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/Event/10th_lst02.aspx?cntn_cd=A0000119712&page_no=8&add_cd=RA001236916 2016年4月26日閲覧。 
  13. ^ 非常企画委員会
  14. ^ “【新次官級のプロファイル】金吉夫<兵務庁長> ...軍事戦略家(【신임 차관급 프로필】 김길부 <병무청장> .. 군사전략가)”. 韓国経済新聞. (1996年12月24日). http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=1996122402441 2016年4月28日閲覧。 
  15. ^ “准将65人を含む将星90人挨拶(준장 65명 포함 장성 90명 인사)”. 中央日報. (1993年10月11日). http://news.joins.com/article/3142997 2015年11月18日閲覧。 
  16. ^ “<プロフィール>劉在烈新大将(<프로필>유재열 신임 대장)”. 中央日報. (1996年10月18日). http://chinese.joins.com/portal/article.do?method=detail&total_id=3339660 2016年4月28日閲覧。 
  17. ^ “現政府初代国防長官曹永吉氏「戦時作戦権」寄稿(현정부 초대 국방장관 조영길씨 ‘전시작전권’ 기고)”. 東亜日報. (2006年9月4日). http://news.donga.com/3/all/20060904/8346875/1 2016年4月28日閲覧。 
  18. ^ “国防部、将星64人人事断行…「ハナフェ」一人もおらず(국방부,장성 64명 진급 단행…'하나회' 한명도 없어)”. 中央日報. (1997年10月20日). http://news.joins.com/article/3537029 2015年11月25日閲覧。 
  19. ^ “合同参謀議長黄圭軾・陸参総長吉亨寶氏内定(합참의장 조영길·육참총장 길형보씨 내정)”. 中央日報. (1999年10月25日). http://news.joins.com/article/3831614 2015年11月25日閲覧。 
  20. ^ “黄圭軾前双竜部隊長(鉄原)転役式(황규식 前쌍용부대장(철원) 전역식)”. 江原道民日報. (2003年11月25日). http://www.kado.net/news/articleView.html?idxno=116530 2015年11月18日閲覧。 
  21. ^ “初の女性将軍ヤンスンスク氏... 3将軍人事(첫 여성장군 양승숙씨…3군장성 인사)”. 韓国女性団体連合. (2001年11月9日). http://previous.women21.or.kr/data/?pid=data&sid=06_01&mod=&bbsid=womanjournalist&gcode=&ccode=&type=&cix=&gbn=view&ctg=&syear=&smonth=&ps=8&sp=&sw=&page=189&ix=1435 2015年11月25日閲覧。 
  22. ^ “陸・海・空将星102人の昇進人事(육·해·공 장성 102명 승진인사)”. 京鄕新聞. (2002年10月17日). http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=200210171825291&code=910302 2015年10月16日閲覧。 
  23. ^ “軍団長・師団長人事来月8日断行(군단장.사단장 인사 내달8일 단행)”. 韓国経済新聞. (2001年10月26日). http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2001102653268 2015年10月16日閲覧。 
  24. ^ “軍将星定期人事... 20人進級 - 補職変更(軍장성 정기인사…20명 진급-보직 변경)”. 東亜日報. (2006年4月22日). http://news.donga.com/View?gid=8298762&date=20060422 2015年11月18日閲覧。 
  25. ^ “鄭東漢2軍団長及び梁元模8軍団長の昇進 将官級17人の人事断行(정동한 2군단장ㆍ양원모 8군단장 승진 장성급 17명 인사 단행)”. 江原道民日報. (2004年5月28日). http://www.kado.net/news/articleView.html?idxno=145287 2015年11月18日閲覧。 
  26. ^ “軍将星114人人事...大佐83人准将進級(軍장성 114명 人事… 대령 83명 준장진급)”. 東亜日報. (2000年10月29日). http://news.donga.com/View?gid=8242542&date=20051029 2015年11月25日閲覧。 
  27. ^ “金顕錫合同参謀作戦部長 2軍団長就任(김현석 합참 작전부장 2군단장 취임)”. 江原道民日報. (2005年11月10日). http://www.kado.net/news/articleView.html?idxno=227209 2015年11月25日閲覧。 
  28. ^ “鄭承兆2軍団長今日の就任式(정승조 2군단장 오늘 취임식)”. 江原道民日報. (2007年12月5日). http://www.kado.net/news/articleView.html?idxno=341845 2015年11月25日閲覧。 
  29. ^ “金浦霞城出身 呉正錫中将 陸軍第2軍団長に就任(김포 하성출신 오정석 중장 육군 제2군단장 취임)”. 中部日報. (2009年5月4日). http://www.joongboo.com/news/articleView.html?idxno=312923 2016年4月28日閲覧。 
  30. ^ “作戦・野戦通「ラインナップ」...軍隊らしい軍隊へ(작전·야전통 ‘라인업’… 군대다운 군대로)”. ソウル新聞. (2010年12月17日). http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20101217003007 2016年4月28日閲覧。 
  31. ^ “梁淙琇中将 陸軍第2軍団長に就任(양종수 중장 육군 제2군단장 취임)”. 聯合ニュース. (2012年11月5日). http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2012/11/05/0521000000AKR20121105198500062.HTML 2016年4月28日閲覧。